みかんの美容効果UP!邪魔な○○も捨てずに一緒に食べるのがオススメ

みかんの美容効果UP!邪魔な○○も捨てずに一緒に食べるのがオススメ

冬の団欒のお供…といえば、みかんですよね。カロリー控えめ、そしてビタミンCも豊富に含まれていて女性にとっては美容の味方でもあります。でも、みかんを食べる時に○○を捨ててしまっていませんか?実は、美容効果をUPさせる貴重な部位なんです!

みかんの白い筋で美容効果UP

みかんを食べる時、捨てずに食べて欲しい部分とは…そう、実を包むようについている白い筋のことです。実は、この柑橘類に特有の白い筋には“アルベド”という名前があるのだとか。
このアルベド、キレイに剥いてしまうという人も多いようですが、実は意外な美容効果や健康効果が期待できるんです。

アルベドの効果
◎ビタミンP(へスぺリジン)
・毛細血管の強化:美肌、アンチエイジング効果
・コレステロール値の改善
・花粉症、アトピー等の緩和
・壊れやすいビタミンCを保護

主に、アルべドに含まれるへスぺリジンというビタミンPがこれらの美容・健康効果をもたらしてくれます。まずは、みかんを食べる際にアルべドも一緒に食べるようにしたいところです。

さらにみかんの美容効果を取り入れるには?

みかんの果実に付着しているアルビドを食べるようにするのも効果的ですが、もっと摂取量を増やしたい!という人には、以下のような形で食べるのもおすすめです。
■マーマレード:パンやヨーグルトと共に
■陳皮:みかんの皮からできたスパイス

オレンジから作ったマーマレードを購入してもいいですし、みかんの皮から手作りしてもいいですね。今しか食べられない冬の味覚、栄養を丸ごと取り入れてキレイになっちゃいましょう!
関連キーワード

関連記事