塗り足しはNG! メイク直しは拭き取ってONが正解です。

塗り足しはNG! メイク直しは拭き取ってONが正解です。

朝完璧にメイクをしても、時間が経つと、皮脂などの影響でよれたり崩れてしまうのが悲しいところ。そんなメイクを直す時、上から重ねていませんか?

お化粧ポーチには必ず乳液とコットンを!

時間が経ってよれてしまったり、中途半端に落ちたメイクの上から隠そうとしても、逆にアラが目立ってしまって、ただの厚塗りぼってりメイク顔になってしまったら悲劇です。

夕方、夜のお約束に向けてメイクを直したりする時は「一旦オフしてオンし直す」というひと手間をかけるかかけないかで夜の顔の持ちが全く違ってくるんです。

そんな時に使えるのが、乳液とコットン。
コットンに乳液を染み込ませ、崩れの気になる部分を中心に、ささっと今肌についているメイクを落とします。
この時、徹底的に落とす必要はありません。あくまでも、メイクをリセットするのが目的なので、メイクのよれなどを拭き取るイメージでOK。

オイルやメイク落としシートではなく乳液を使うことで、お肌に栄養を与え、ぷるんと潤わせて、メイクのノリを改善します。
さらに、乳液のとろみがお直しメイクのノリを良くしてくれるんです。

崩れをさっとオフできて、肌に負担の少ないミネラルファンデを。

私がみなさんにオススメしたいのが、ミネラルファンデーション。
数年前から様々なタイプのものが発売されていますよね。

ミネラルファンデーションの良いところは、なんと言っても肌への負担が少なく、加えて、通常の洗顔でも落とせるという手軽さ。
お粉、リキッド、クリームタイプなど様々出ていますので、自分の肌に合わせて選んでみて。

そもそも崩れないメイクをする。

美容皮膚科の先生に聞いた崩れにくいメイクの極意は、
「とにかく薄く!薄く付ける!」
「お粉ではなくリキッドかクリームタイプで。」
「仕上げに必ずティッシュオフ!」
というもの。
ついつい顔のアラを隠すためにファンデーションを厚塗りにしてしまうのは、顔の崩れの一番の原因になります。とにかくメイクは薄く! そして、気になる部分はコンシーラーなどを使ってうまく隠しましょう。
お粉はマットでサラサラなお肌を作り出してくれますが、実は粒子が細かい分、毛穴に詰まる確率が高く、ベースのお肌に負担をかけてしまうんです。
さらに、仕上げに顔にティッシュを乗せてやさしくおさえるティッシュオフをすることで、余分な油分やよれの元となるムラをなくしてくれるんです。

何時になっても崩れない女を目指したいですね!

関連記事