湿気対策! 雨の日でも広がらない髪の毛を作ろう!

湿気対策! 雨の日でも広がらない髪の毛を作ろう!

雨が降ると髪の毛が広がってしまってどうしようもない…
原因はいったいなんでしょう?対策方法と一緒に解説します!
Sao

いつでもサラサラのまとまりヘアを保とう!

雨が降っている日、髪が広がったりうねったりでどうしようもない!という方も多いかと思います。
外出先で髪が広がってしまうと、気分まで滅入ってしまいますよね。

でも、何故湿気があると髪は、広がったりうねったりするのでしょうか?
雨の日でも、髪が広がらない良い方法はないのでしょうか?

今回は湿気で髪が広がる原因とその対策方法を解説!
これで雨の日も怖くない!

髪の毛が広がる原因は水分量にあった?!

雨の日に外出すると、気づいたら髪の毛が広がってどうしようもない…
そんな広がる髪になっている原因は、髪の水分量にあります。
健康な髪は、約11~13%の水分が髪全体に均等に含まれているのですが、広がってしまう髪の水分は、髪全体に均等になっていないのです。

また、髪が傷んでいる場合には、髪表面のキューティクルが剥がれている部分があります。
キューティクルが剥がれ落ちている部分が、湿気などで外部の水分を吸い込んでしまい、広がっていくのです。
そして、外部から吸い込んで、溜めこまれる場所がそれぞれ違う為膨張してしまい、1本1本うねり方が違ってしまい広がりの原因になるのだそうです。

では、いつもケアしているつもりなのに、なぜ髪が傷んでしまうのでしょうか?

髪は、日常的に紫外線やほこりなどにさらされています。
それに加えて、毎日のドライヤーやヘアアイロンなどの熱により、キューティクルが剥がれてしまい、補給した水分が出てしまうのです。

しかし、しっかり正しいケアをしておけば広がらない綺麗な髪にする事は可能です。
正しいヘアケア方法をご紹介します!
雨の日の髪対策

広がらない髪をつくる乾かし方

髪は、タオルドライをしっかり行い半乾きになってからドライヤーをかけましょう。
キューティクルは、上から下に向かっています。ドライヤーをかける時には、キューティクルに沿って根元から毛先へが基本です。
また、冷風に切り替える事により、髪が落ち着きやすくなりますよ!

寝る前の対策

寝る前に、ヘアオイルを髪全体に馴染ませて、手で梳かします。
髪全体にオイルが馴染むまで、何度も馴染ませて下さい。
全体にオイルが馴染んだら、もう一度髪全体にオイルを付けてから寝ましょう。

外出先での対策

外出先では、ドライヤーも何もありません。広がった髪には、サッパリタイプのオイルを軽く馴染ませましょう。
また、髪の内部に少量のワックスを付けるだけで、髪のうねりを抑える事ができるのでおすすめです。


これで雨の日のおでかけもばっちりです!
是非、参考にしてみてください。

関連記事