寝起きから疲れているそこのあなた! その疲れ顔「むくみ」が原因かも

寝起きから疲れているそこのあなた! その疲れ顔「むくみ」が原因かも

たくさん寝たはずなのに寝起きで鏡を見たらどんより疲れた顔をしていたという経験、一度はありませんか?女性は生理周期などによってどうしてもむくみやすい時期があるんです。

顔の「むくみ」はどんな時に、どうして起きるの?

顔のむくみの原因は、夜寝ている時に余計な水分が顔の皮膚の下の組織に水分が溜まってしまうことによって起こります。
それで顔のむくみは寝起きの時に起こりやすいんですね。

次に、顔のむくみを起こす原因について見ていきたいと思います。
①アルコールの摂取
アルコールを摂ると、血液中のアルコール濃度が高くなり、血管が拡張して静脈やリンパによる水分の処理が間に合わなくなるので、むくみやすくなります。

②塩分の摂りすぎ
人間の体内の塩分濃度は決まっているため、その量を超えてしまうと塩分濃度を薄めようとして体内に水分が多くなり、その結果むくんでしまうのです。

③生理周期によるもの
生理前になると分泌されるホルモンの影響でむくみが出やすくなります。特にお腹まわりがむくむことが多いのですが、ひどくなると顔までむくむ場合も。

にっくき「むくみ」の予防策とは?

①適度に体を動かす
むくみは体内の水分がきちんと隅々まで流れないことによって起きるもの。
同じ姿勢で長時間いることがむくみに繋がってきます。
ジョギングなどわざわざしなくても、適度に家事をしたりストレッチをして体を動かすだけでむくみ予防になりますよ。

②むくみにくい食品を摂る
むくみの予防におすすめのカリウム、抗酸化作用のある大豆サポニンや女性ホルモン様作用をもつ大豆イソフラボン、ダイエットを助ける大豆たんぱくなどの栄養成分が含まれている、「大豆」がオススメ。
他にも、海藻類やカボチャ、ナス、水菜、にらなどもカリウムが多く含まれていてむくみ予防に効果が期待できます。

③十分な休息を取る
睡眠はもちろんですが、むくみと深い関係のある「腎臓」や「肝臓」をいたわってあげることが大切です。
腎臓は老廃物をろ過する働きがありますが、横になることで循環血液量が増大しますので腎臓への血液量も増え、身体の余分な水分が尿として膀胱に溜められるようになります。体内の余分な水分はむくみの原因になるので、腎臓を休めるために横になることはとても大切です。
そして肝臓はアルコール分を分解する機能がありますが、前述の通りアルコールはむくみの原因の一つになるので、しっかり休肝日を作って肝臓を休ませてあげましょう。

「むくみ」が出てしまった時の解消法は?

マッサージ
マッサージ
生活習慣に気を付けていても、デリケートな女性の体は体調の変化でどうしてもむくんでしまうことがあります。
そんな時にオススメなのがリンパマッサージ。
リンパが流れやすいようにお気に入りの香りのオイルを使って、グイグイ押してあげましょう。
顔のむくみが気になるときは、顔の内側から耳に向かってリンパを流すように強めにマッサージしたあと、耳の付け根から真っすぐ下に向かって首の付け根の方に流すと、老廃物が外に出やすくなります。

むくみ予防には規則正しい生活がとても重要!

むくみには食事や休息、軽い運動など規則正しい生活がとても大切なことがわかりました。
むくんだ顔はいくらメイクしてもキレイになりませんよね。
むくみが気になっている方は、むくみやすい生活習慣を見直してスッキリ小顔を目指しましょう!

関連記事