心のデトックスできている?! ストレスフリーで痩せる3つの心得

心のデトックスできている?! ストレスフリーで痩せる3つの心得

心や体に本当に必要なもの、実は無駄なもの、自分では気づいていないだけで、意外にたくさんあるものです…。不必要なものはデトックスして、体が痩せやすい環境づくりをする心得を3つご紹介します。さっそく見ていきましょう。

心のデトックスをしよう

ダイエットというと、体の脂肪を落とすことばかりに目が行きがちですが、実は心のデトックスをすることもとても大切です。
「心のデトックス?」と不思議に思うかもしれません。これはとてもシンプルなことで、要は「無駄なことは考えない」という考え方です。

女性は男性に比べ、感情的だとか不安定になりやすいとか言われていますが、感受性が強い分、それがいい方へも悪い方へも出てしまいます。
「あの人、私のこと、どう思っているかしら?」「これをやったら失敗しないかな」などと、心配は尽きません。考えても仕方がないことは、「考えない」のがベストです。まだ起こってもいない未来に不安を抱き、余計なことにエネルギーを使うのはやめましょう。

「準備」と「無駄」は違います。プレゼンが心配なら準備する、生理痛がヒドイのであれば体質改善をする…といった具合に、今できることを全力でやればいいのです。それが準備です。

しかし、天気や人の気持ちといった、自分にはどうにもできないことを不安に思うのは「無駄」です。不安に思ってモヤモヤしている無駄な時間を、本を読んだりストレッチしたりと有益なことに使いましょう。

無駄な付き合いを減らし、人間関係もデトックスする

一方、人間関係はどうでしょうか?これもデトックスの対象となります。
例えば、仕事の付き合いやプライベートで、外せない飲み会や会食もあるかと思います。しかし、全部いく必要は本当にあるのでしょうか?
「〇〇さんも行くなら…」という「なんとなく」で行く飲み会なら、むしろ行かない方がベターです。

夜に予定が空くのが不安、という方もいるかもしれませんが、空いた日は自分磨きをすればいいのです。逆にいつも予定がある女性はモテません。

また、「誰と付き合うか」、付き合う人を選ぶのも非常に大切です。
例えば、女子会や飲み会に行って、愚痴や悪口ばかり言う仲間とお酒を交わしながら、揚げ物や高カロリーな料理ばかりを食べていたら、自分もそこに引っ張られます。逆に、いつも美意識が高く、食事に気をつけていたり、自分磨きをしている友人が周りに増えれば、きっと自分ももっと美を磨かなきゃ!と意識が変わるはずです。

人と比べる必要はありませんが、これまでの自分と差をつけたいのであれば、これまでの自分と違うことをするしかありません。

無駄な外出はせず、自宅で自分の時間も楽しむ。
無駄な飲み会に行って、無駄なカロリーを摂ることはしない。
誰と付き合うかを選び、必要な人とだけ大切な時間を過ごす。
そうして無駄な付き合いを断れば、新たな良縁が自然とやってきます。

いらないものを減らし、部屋もデトックスして整理整頓する

皆さんの机の中、クローゼット、食器棚、冷蔵庫をちょっと開けてみてください。
何がどこにあるのか、一目でわかりますか?冷蔵庫に賞味期限切れの調味料が入っていませんか?クローゼットの中がギッシリで、服にシワがついていませんか?物が全て手の届く範囲に置かれていませんか?

生活環境がきちんと整っていない人は、痩せづらい環境を自らつくっているようなものです。無駄なものを捨てると、自然と体の中の無駄なものもなくなってきます。容姿がいくらキレイな女性でも、部屋やクローゼットに物が多い人、または片付けが苦手な人は、自分自身の体の自己管理もできていないので、必ずといっていいほど体の中も汚れていることが多いです。

体も部屋も持ち物も、無駄をなくしてスッキリすると、自然にライフスタイルもシンプルになり、心もスッキリとしてきますよ。

関連記事