口臭・体臭の匂いによって身体の弱っている箇所が分かるって本当?

口臭・体臭の匂いによって身体の弱っている箇所が分かるって本当?

疲れている人からは独特の『疲労臭』がすると言われていますよね。
いくら外見を綺麗にしても、匂いで台無し…と、いう事にならない為にも口臭・体臭の予防方法と、内臓からくる疲労臭についてご紹介します。
健康が綺麗の一番の近道かもしれませんね。

匂いが気になったら、まずは口臭・体臭対策から始めましょう

まずは口臭の種類と対策からご紹介します!
口臭といってもその種類は大きく分けると、以下の3つに分けられます。

【虫歯や歯周病】虫歯や歯周病の膿が匂うもの
【病的口臭】全身的疾患が原因で匂うもの
【生理的口臭】起床時やストレス、匂いがきつい食べ物を食べたときに一時的に起こるもの

その他にも実際は、ほとんど臭っていなくても、精神的理由により口臭がしていると思い込んでいる『自臭症』や、他人の口臭が分かってしまう『他臭症』があります。
口臭予防の場合は自分がどれに当てはまるのかを知って、それにあった対策をする事が大切ですね。
簡単な対策としては、当たり前の事ですが、マウスウォッシュや歯ブラシをこまめにする事。
歯磨きの際、舌や頬の内側なども磨く事。こまめに歯科でクリーニングをうける事がポイントですね。

次に、体臭についてですが、こちらも大きく分けると4つに分けられます。

【汗の匂い】こちらは文字通り汗をかいた後匂うもの
【腋臭】汗の匂いとは違い、ツンとした刺激臭です
【足の匂い】汗と雑菌、そしてそれが靴下や靴によって蒸され通常の汗の匂いより強いもの
【加齢臭、脂臭】年齢を重ねる毎に、代謝が落ち、皮脂がたまる為、匂うもの
※古い油の匂い、数日たった天ぷらの匂い、ほこりと油が混ざった匂い…などと言われています。

自分で予防できる体臭対策としては、とにかく清潔にたもつ事!
外出先で汗をかいたら、汗拭きシートですぐに拭く習慣をつけ、汗をかきやすい方は肌着やストッキング、靴下などを余分に持ち歩き、気になったら着替える事も大切ですね。
その他に、デオドランドスプレーやパウダーなどを上手に活用してみるのも良いかもしれません。

加齢臭に関しては、食生活などを見直す事も重要なようです。

この匂い何?疲労臭?

自分で対策できる体臭・口臭以外に、こんな匂いがしたら注意していただきたい匂いは以下です。
自分の匂いは分かりづらいかもしれませんが、もしご家族やパートナー、お友達から匂ったら内臓疾患に注意したいですね。

【腐敗臭】何か腐っているような臭い(卵や硫黄のような匂いとも言われている)…腎臓

【生臭い】生魚のような臭い…肺

【油臭い】動物のような臭い…肝臓

【焦げ臭い】焦げたような臭い…心臓

【甘ったるい臭い】何となく甘い臭い…胃、脾臓(ひぞう)、膵臓(すいぞう)

特に、最後の甘ったるい匂いというのは、良い匂いを連想される方もいらっしゃるかとおもいますが、病院でかぐようなツンと甘いような香りだそうですよ。
美容の為にも、健康第一に元気に過ごしてくださいね。
関連キーワード

関連記事