チークで涙袋!?立体小顔になれる「ブロンズチーク」3WAYテク

チークで涙袋!?立体小顔になれる「ブロンズチーク」3WAYテク

仕事や大人デートの際に大活躍の、ブロンズ色のチーク。キリッとレディに見せてくれるダークカラーは、一気にONモードにシフトしてくれる頼れるアイテムですよ...

仕事や大人デートの際に大活躍の、ブロンズ色のチーク。キリッとレディに見せてくれるダークカラーは、一気にONモードにシフトしてくれる頼れるアイテムですよね。そんな大人コスメですが、実はチーク以外にもさまざまな使い方ができるんです! 今回は「ブロンズチーク」を使ったメイク術をご紹介します!

1.シェーディング

まずは、知っていると便利なシェーディングからマスター! 自然に陰影をつけられるブロンズカラーだから、シェーディング専用のアイテムでなくても顔を立体的に見せることができます。

<眉頭:鼻の付け根を高く見せる>

小さめのブラシにブロンズチークを取り、目頭の下に塗る。

鼻の根元が高く見えるように、鼻根の左右に影をつけて際立たせましょう。

<頬下:エラを引き締めて小顔に見せる>

大きめのフェイスブラシにブロンズチークを取り、耳たぶの前あたりからあご先にかけて塗る。

肌につける前にティッシュや手の甲で余計な粉をはらっておくこと。こうすることで色むらを防ぎナチュラルな引き締め感が得られますよ!

2.アイシャドウ

ブロンズチークは、ブラウンシャドウとしても大活躍♪ 単色で目もとを立体的に見せたり、ベースとして使って上から透け感のあるラメシャドウを重ねたりしてもオシャレです。

アイシャドウブラシにブロンズチークを取り、アイホール全体に塗る。

指ではなくブラシで塗るのがポイント。きちんと塗ることでブロンズカラーの上品さが際立ちます。

3.涙袋

最後におすすめしたいのが、涙袋メイク。ぷっくり感を強調させたいときに使えば、やりすぎ感が出ることなく女っぽさをアピールできますよ。

アイシャドウブラシ、またはアイシャドウチップにブロンズチークを取り、涙袋のへこみ部分をなぞるように塗る。

お好みで涙袋の中心部分を重ね塗りすれば、より可愛らしさがアップ♪

ブロンズチークひとつで立体小顔に!

Before/After

写真はブロンズチークのみを使い、シェーディング・アイシャドウ・涙袋強調メイクをしています。Afterのほうが顔が引き締まり、立体感が出たのがわかりますよね。とくにおすすめなのが、鼻根のシェーディングです。顔の中心である鼻筋を通すだけで顔にメリハリが出るんです! 細かい技ですが、効果は絶大♡ ぜひ取り入れてほしいメイクテクです。

チークにチークだけの役割をさせておくなんてもったいない! コスメは自由な発想で使いこなしてこそ、大人メイクのたしなみと心得て♪

【使用化粧品】
NARS ブラッシュ 4029N

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事