美肌女医に学ぶ!自宅でできる「簡単顔たるみケア」教えます

美肌女医に学ぶ!自宅でできる「簡単顔たるみケア」教えます

年齢と共に気になってくる顔や体のたるみ。ご自身も美肌の持ち主である美容皮膚科医の真弓愛先生に、日頃行っていらっしゃるたるみケアや自宅でできる簡単美容法について教えていただきました。
老けて見えるたるみを撃退するコツ 真弓愛先生

顔たるみケアにおすすめのサプリメントとは?

たるみケア用の商品は美容液や美顔器などさまざまなものが販売されていますが、いったいどのようなものを選べばよいのか迷ってしまいます。

真弓先生がオススメする肌のたるみをケアしてくれる美容法について教えていただけますか?

「ビタミンA、ビタミンC…たるみを改善する皮膚老化予防(光老化予防)には『ビタミン』の摂取が非常に大切です。
たるみができるのは日常で浴びる紫外線がとても大きな原因となっているからです。
たるみ予防には、ビタミンを配合したサプリメントなどビタミンを摂ることが有効だと言えますね」(真弓先生)

なるほど!紫外線対策は日焼け止めクリームやサングラスなど外からだけではなく、体の内側からもケアすることができるのですね。
そして内側と外側の両面から、しっかりとたるみにアプローチしていくことが、とても大切だということがわかりました。

顔たるみケアにおすすめのマッサージ法やマッサージ器具は?

顔のたるみケアというと、マッサージというイメージをもつ方も多いと思うのですが、先生が実践されているマッサージはありますか?

「化粧水や美顔器などを使用してのマッサージは皮膚表面を摩擦・刺激してしまい、肝斑やくすみのリスクになることがあります。
そのため、皮膚科学的にはあまりお勧めしていません。
私がおすすめする事としては、顔面筋体操として大きく口を開けて「あーおーあーおー」と声を出す体操です。1日1分程度軽く行うだけでも、たるみを防ぐことにつながります」 (真弓先生)

良かれと思って一生懸命に取り組んでいたマッサージも、効果どころかシミやくすみのリスクにつながっていたとは、ショックです。

「あーおーあーおー」の顔面筋体操による『たるみケア』でたるみ知らずのスッキリフェイスラインを目指したいですね。
■監修
真弓 愛 先生
真弓愛メディカル美容皮膚科・皮膚科 院長

関連記事