寝ている間に肌荒れ知らずの弾力肌に!ナイトクリームの効果って?

寝ている間に肌荒れ知らずの弾力肌に!ナイトクリームの効果って?

みなさんはナイトクリームを使っていますか?同じクリームだからといって日中用クリームをナイトクリーム代わりに使っている方も多いはず。ですがナイトクリームを使うことで内側からハリツヤが生まれ、より美肌に近づくことができるのです。

肌荒れしたときの強い味方!ナイトクリームの特徴・魅力とは?

そもそもナイトクリームとは、その名の通り夜専用の美容クリームのこと。こっくりとした濃密なテクスチャーでお肌にしっかり密着し、油分が多く美容成分がたっぷり贅沢に配合されているのが特徴です。寝る前にナイトクリームを塗っておくだけで、お肌に保護膜をつくりながらじっくりと美容成分が浸透していくことで朝起きた時に見違えるほど弾力のあるもっちり肌になれるのです。

ナイトクリームと日中用クリームの違い

日中のお肌は、紫外線やほこり、乾燥や空気の汚れなどでダメージが蓄積されがち。これらが肌荒れの原因になってしまう場合もあるので、日中の肌ダメージを修復するのがナイトクリームの役目です。一方で日中用クリームは、朝のスキンケアやベースメイク前に使うものなので、ナイトクリームよりも油分が少なめになっています。

また、日中用クリームには紫外線防御成分を配合しているものが多いため、夜に使うとお肌に負担がかかってしまう場合も…。肌荒れ知らずの美肌になるには、まず日中用クリームとナイトクリームを使い分けることが大切です。

ナイトクリームを塗る手順・効果的な塗り方

ナイトクリームを使うタイミングは、化粧水や美容液などのスキンケアが終わったあとの仕上げとして使うといいでしょう。ナイトクリームはお肌に浸透させた美容成分を逃さないように蓋をする役割もあるため、スキンケア後や就寝前に薄く肌に伸ばすだけで大丈夫。ナイトクリームには油分がたっぷり含まれているため、ニキビができやすいオイリー肌の方は様子を見ながら使ってくださいね。

ナイトクリームの効果的な塗り方は、まず酵素洗顔などで毛穴やメイク汚れを浮かせるように取り除き、クリーンなお肌にしていくことが肝心です。スキンケアが終わったら、ナイトクリームを手のひらにさくらんぼ大ほど取り、両手で温めるようにしてからお肌に優しく馴染ませていきます。そして睡眠をたっぷり取ることも重要。お肌の修復を助ける成長ホルモンは、22〜0時に分泌されると言われています。なかなか寝付けない時にはあたたかいカモミールティーや、アロママッサージ、間接照明などを利用して質の良い睡眠を取りましょう。

関連記事