内側からピンと張るような弾力肌を手に入れる、簡単スキンケア

内側からピンと張るような弾力肌を手に入れる、簡単スキンケア

テレビやCM、美容雑誌などで「ハリのある弾力肌」という言葉をよく耳にしませんか?そもそもハリのある弾力肌とはどのようなものなのか、どんなスキンケアをすればいいのか…?
そんなハリのある弾力肌の疑問にお答えします。

ハリのある弾力肌ってどんな肌?

化粧品のCMや美容雑誌でよく目にする「ハリのある弾力肌」とは、ピンと弾力があり、潤いに満たされたみずみずしいお肌のことを指します。しかし、年齢を重ねるごとにハリが低下して皮膚がたるんでしまうため、実年齢よりも老けて見られるという場合も…。弾力やハリが低下していく原因は、紫外線・乾燥・加齢・喫煙・女性ホルモンの減少・生活習慣の乱れなどが挙げられます。
キメが整った潤いのある弾力肌になるには、まず正しいスキンケアをしていきましょう。

ハリのある弾力肌を手に入れるためのスキンケア方法は?

弾力肌を目指すなら、お肌の大敵でもある紫外線(UV-A)をカットする必要があります。紫外線防止剤の入った日焼け止めをこまめに塗り直したり、帽子や紫外線を利用して紫外線を防ぎましょう。また、弾力肌には保湿が肝心。お肌を洗顔でクリーンにしたら、ブースターでお肌をなめらかに整えて化粧水→美容液→乳液をゆっくり馴染ませます。さらに弾力肌をサポートするクリームや、リフトアップ効果のあるクリームで上に向かってマッサージを。血行やリンパの流れを良くすることでより弾力のあるお肌に近づけます。

ハリのある弾力肌は日常のケアで手に入る!

ハリ不足の原因は、紫外線や生活習慣の乱れ、乾燥などの身近なところに潜んでいます。
ぷるぷるの弾力肌を手に入れるには、日常の生活習慣を見直しつつ、化粧水や美容液でしっかり保湿をしながらクリームを塗りこむようにマッサージを行いましょう。

関連記事