今からだって遅くない!正しくケアして“シワ”のないピチピチ柔肌へ

今からだって遅くない!正しくケアして“シワ”のないピチピチ柔肌へ

老化の象徴とも言えるシワ。シワは、加齢とともにカラダのいろいろな部分にできてしまいます。できることなら、赤ちゃんのようにシワひとつないお肌のままで過ごしたいものです。少しでも、ピチピチのお肌を維持するためにはどうしたら良いのでしょうか?

目元のシワをなくすには?

数あるシワの中でも、目元のシワは老けて見られるので気になってしまうものです。
メイクしているときでも、なんとなく気分が落ち込んでしまいます。目元は、第一印象を決定づける部位でもありますから、日頃からしっかりとケアしておきたいものです。

それでは、目元のシワはどうしてできてしまうのでしょうか。アイメイクをしているとよく分かると思いますが、目元のまわりの皮膚はとても薄いのです。
まぶたをはじめ、目尻、下まぶた、そして目頭も、とても繊細な部位なのです。すると、皮膚が薄いぶん、笑ったときなどにできるシワが刻まれやすいとうことになります。

とくに近年は、スマホやパソコンを使用することに起因する眼精疲労の症状を訴えるケースが増えてきています。
目が疲れることと、目元にシワができることとは密接な関係にあります。眼精疲労を起こすと、目の周辺の血流が悪くなりこれによってシワができやすくなってしまいます。
また、焦点を合わそうとして目を細めたり、乾燥を防ごうとして自ずとまばたきを繰り返すようになったりすると、そのぶんシワが増えていってしまうのです。

目元のシワは、普段の生活習慣を見直すことで軽減することができます。
よく目尻のシワは「笑いジワ」だから笑顔が多い証…などと言われますが、それでも、やっぱりシワは少しでも減らしたいですよね。
だからといって笑わないという選択もできません。「笑顔をやめる」以外で、気をつけられる対策を三つ挙げてみます。

一つ目は、目をこするクセをやめること。気がつかないうちに目元をゴシゴシこすってしまうクセのある方はご注意ください。
特に花粉症や結膜炎、アレルギー症状をもっている場合は、普段から自然に目をこすってしまっているかもしれません。
目元の皮膚はほかの部位と比べてもとても繊細なので、目をこすることで摩擦を与え続けていると、シワになりやすくなってしまうのです。

二つ目には、パソコンやスマホなどのブルーライトを見続けないこと。
ゲームでなどで、ブルーライトを長時間見ていると目が疲れてきて視界がボヤけてくることがあります。すると、目を細めるなどして対応しようとします。これによってシワが誘発されてしまうのです。

三つ目として気をつけたいのが、メイクをするときや落とすときに目元にかける負担を軽減することです。
アイラインやつけまつ毛によって目元は常にストレスにさらされています。
目元のシワが気になるという方は、アイメイクを控えめにしたり、クレンジングの際に皮膚に摩擦が生じにくいように優しくお手入れしたいものです。

このほか、アイクリームを使って目元をマッサージすることを習慣づけたり、目元にハリを与えるツボ押しを実施してみたりと、生活の中に自然に目元のケアを取り入れてみましょう。

シワのない若さはキレイな口元から

お顔のシワで一番気にしている方が多いのは、やはり「ほうれい線」ではないでしょうか。
でも実は、口元のシワは「ほうれい線」だけではないのです。

■マリオネットライン
加齢とともに、口元の皮膚がたるんでくると、縦にラインが生じてきます。
これを、「マリオネットライン」と呼んでいます。このラインができる場所は、口角周辺からアゴにかけての位置で、お顔全体が下に下がったような印象を受けます。
また、口角もつられて下がり気味になるので、不満顔・不幸せ顔になってしまいます。

■笑いジワ
次に、あまり知られていない「笑いジワ」は、年齢に関係なく20代の若い女性にもみられるものです。
笑ったときにできるこのシワは、チャームポイントにもなりますし、好印象を与えるものでもありますが、加齢とともに深く刻まれていく可能性を秘めています。皮膚の薄い方は、特に要注意なのです。

■ほうれい線
そして、シワの代表格とも言える「ほうれい線」。老けた印象を与えますし、ファンデーションがめりこんでしまうので、厄介なものです。ほうれい線ができる理由の一つは、たるみです。
肌のハリがなくなってくると、重力に逆らえなくなったお肌がたるみ、その結果シワができてしまいます。

■口元にシワができる理由とは?
それでは、上述したような口元のシワはどうしてできてしまうのでしょうか。
口元のシワは、たるみが主な原因となり発生します。たるみが生じるのは、まず、皮膚の弾力がなくなってしまうことが挙げられます。
次に、顔の筋肉である表情筋が衰えることも原因になります。
表情筋は笑ったり会話したりすることで鍛えられますが、この筋力が退化すると同時に皮膚がたるんでしまうのです。
もう一つ、皮下脂肪の増加もたるみの原因の一つです。顔の皮膚が増加した脂肪を支えられなくなり、頬が下に落ちたようになってしまうのです。

■口元のシワ対策は?
口元のシワを予防するには、普段の生活習慣を見直すことが大切です。まず、シワを作りやすい環境を見直してみましょう。
乾燥するとシワができやすくなるので、特に秋冬には室内が乾燥し過ぎないように注意を。
加湿器を使ったり、お湯をわかして蒸気を部屋のなかに充満させたりして、工夫しましょう。

また、シワが気になる方におすすめなのは、保湿力の高いスキンケア用品を使うことです。
保湿成分として知られている「セラミド」や「ヒアルロン酸」が入ったものを使いましょう。その上で、クリームもしっかりと併用し、美容成分がお肌の内部に浸透するように蓋をしてあげましょう。

額のシワは、老け顔の象徴!?

老け顔の原因となる「額」のシワ。気になりますよね。そして、この位置にできるシワは、一度できたら消えにくいという印象がありますので厄介です。
「額」のシワを気にしている方の中には、前髪を短くできなかったりセンターパートにできなかったりというケースも多いのではないでしょうか。

■額にシワができるメカニズムとは?
シワというのは本来、皮下脂肪が多い部分にできるイメージが強いのですが、なぜ額のような部位に横ジワが入ってしまうのでしょうか。
額は、シワの原因の一つである紫外線を受けやすい位置にあります。例えば、陽射しがまぶし過ぎると感じたら、思わず視線を下に向けますよね。
そのとき、額は紫外線を浴びることになります。
また、強風にあおられたときにもやはり顔を下に向けるでしょう。このときにも、額が風を一身に受けることになるわけです。
このように額は、知らず知らずのうちに、ストレスを受けやすい部位なのです。

■額のシワ、どんな印象?
例えば、人間を描いたイラストがあったとします。
額にシワを書き入れるだけで、一気に老人顔に近づけられます。額のシワが印象深くなる理由としては、お顔全体の中で額の占める面積が大きいということが挙げられます。そのため、印象を決定づけてしまうのですね。

■額のシワを予防するには?
できるかぎりシワができないようにするには、紫外線を浴び過ぎないように日中は帽子をかぶって外出すること。
また、乾燥気味の環境をできるかぎり避けることが大切です。そして、美容液で保湿をしっかりと行うことも肝要です。

■できてしまった額のシワを軽減する方法
対策を練っていても、加齢とともにシワは増えていくものです。
また、すでにシワができてしまっている方は、マッサージクリームを使ってマッサージを続けることでシワを少なくすることができます。

やり方は、まずクリームを適量をなじませた両手の指の腹を使って、生え際を指圧していきます。
次に親指の腹をこめかみにあてます。親指以外の指で額の皮膚を上に引き上げます。この状態で20秒キープ。これを5回セット行います。

それから、額のシワ軽減に効果的な食べ物も、食生活に取り入れてみましょう。
シワを減らすために必要となるのは、「ビタミンC」です。この栄養素は、抗酸化作用や美白、そしてコラーゲン生成を助けてくれるので、皮膚を若々しく美しく保ってくれます。
ビタミンCが多く含まれている食材は、赤・黄ピーマン、ゆず、パセリ、ゴーヤなどといった野菜類や、アセロラジュース、レモン、キウイフルーツなどのフルーツ類が挙げられます。
こうした食材を積極的に摂取することで、シワが深く刻まれてしまうのを防止することが可能です。

お顔の印象を左右する首のシワ!

目元や口元のシワとは違って、首にできるシワは年齢に関係なく目立つ体質の人がいます。
というのも、骨格と密接な関係にある首のシワは、生まれつきで決まってしまうのです。
そして、首のシワは深く刻まれてしまうので、残念なことに1度できてしまうと完全に解消することはほとんど不可能なのです。

しかし、今あるシワを減らすことや、これからできてくるシワを予防することは可能です。
首元からデコルテにかけての部位は、女性らしさを演出する大切な部分でもありますから、ぜひ、これを機会にお手入れしていきましょう。

■首のシワができる理由とその対策
首にシワができてしまう理由はいくつかありますが、首以外のほかの部位にできるシワと同じような原因がほとんどです。
例えば、乾燥や紫外線による皮膚のダメージが原因となるもの。
この対策としては、紫外線に当たり過ぎないように夏でもストールを巻いたり、日焼け止めクリームを塗布したりという基本的な対策も効果的です。
また、乾燥によるダメージを補うには、保湿力のあるクリームでケアしてあげるということも大切です。
このように、首のシワは一般的なシワ対策によって軽減することも可能ですが、いっぽうで独特の対策も必要になってきます。

■おすすめの首シワ対策
まず、首のシワ特有の対策として、姿勢に気をつけてみてください。
いつもうつむき加減にしていたり、首を横に傾けていたりすると、首の横ジワが生じやすくなります。
立っているときはもちろんですが、座っているときこそ背筋から首のラインが真っすぐに伸びているように心がけるようにしましょう。
頭頂部に糸がついていて上から吊るされているような気持ちで過ごしてみると良いですね。

また、毎晩の睡眠タイムに首のシワをせっせと作ってしまうことのないように、枕を見直してみるのもおすすめです。
背筋から頸椎、首にかけてのラインには個人差があります。そのため、それぞれ身体に合った枕は違ってくるはずなのです。
もし、家族で同じ枕を使っているなら、首のシワの原因がそこにあるかもしれませんよ。

もっとも首にシワができやすいのは、高過ぎる枕です。常にあごを引いたスタイルで寝ていることになるので、シワがどんどん深く刻まれていってしまいます。
さらに、高過ぎる枕は肩・首がこる原因にもなりやすいので、結果的に首の皮膚が劣化するような流れになってしまいます。

理想的な枕とは、直立時の姿勢をそのまま仰向けにした状態でいられるようなかたちです。
枕を新調するときには、寝てみて試すとかえって分かりにくくなってしまうので、立ったままで自分に合うかどうかをチェックしてみましょう。

こうした事柄に気をつけた上で、首のマッサージも効果的です。
市販の首マッサージ専用のクリームを使って、あくまでも優しくマッサージしてください。

意外とみられている手のシワにご注意!

手のシワって意外と年齢が出てしまうものです。
フェイスケアには余念がないという方でも、忙しくて手までは気がまわせないということ、ありますよね。
手は、日常生活で顔よりむしろ酷使する部分でもあります。そして、関節が多かったり、物を掴んだりするので、どうしてもシワがたくさんできてしまいます。

■手にシワができる原因は?
手の皮膚が老化してシワになってしまうのは、紫外線や乾燥、そして加齢の3つに原因があります。
手は、身体のほかの部分に比べても、日常的に紫外線にさらされています。
紫外線から守るためにグローブを付けっぱなしにしているわけにもいきません。また、日焼け止めのクリームを塗ったとしても、ちょっとした作業をしているうちに汗などで落ちてしまいます。

また、外気にさらされる機会が多いことや、水に触れる回数が多い場所でもあります。
水に触れて、手に水分がつくと、それが蒸発する際に乾燥した状態になってしまいます。手の皮膚にある角質層に蓄えている水分が蒸発し、皮膚がシワシワになってしまうのです。
さらに、加齢によってコラーゲンが減少し、ハリがなくなってくることもシワの原因となります。

このように、手にシワができる要因は顔よりもむしろ多いにもかかわらず、とても目立ちます。
せっかくキレイなネイルをしたとしても、手がシワシワだったら可愛くないですよね。今すぐハンドケアをスタートして、いつまでも若々しい手元を手に入れましょう。

■手のシワを改善しよう
手を酷使することをストップするのは無理。それならば、保湿して守ってあげましょう。
一般的なハンドクリームは、誰もが使ったことがあるのではないでしょうか。そのハンドクリームの使い方をちょっと見直してみましょう。

フェイスケアをするときは、化粧水でお肌の水分量をアップさせてから、油分で蓋をしますよね。
これと同じ方法でハンドケアしてあげることが大切なのです。
ハンドクリームは油分ですから、これを塗る前にたっぷりと手にも化粧水を使ってあげましょう。
このときに使用するのは、サラサラしたものよりも高保湿成分配合の化粧水がおすすめです。
化粧水を含ませるときは、まず手についた水分を十分に拭き取ってから行います。その後、ハンドクリームをつけたら、油分が落ち着くまでシルクのグローブを付けておくとより浸透力が高まり、手のシワが軽減されます。

最後に、水仕事をするときにお湯を使うことがあると思いますが、お湯は手の油分を取り去ってしまうので、皮膚がカサカサになってしまいます。できるだけゴム手ぶくろを着用して手荒れを防げるように気を配りましょう。

関連記事