むくみは美と健康の敵!原因と対策を知って上手につきあう

むくみは美と健康の敵!原因と対策を知って上手につきあう

むくみは、女性を美しく見せる上で邪魔になるだけでなく、体の不調を引き起こす原因になるとも言われています。そんな美と健康を阻害するむくみが生じる原因や、効果があるとされる顔・首・マッサージや食事などの対策方法についてご紹介します。

お顔のむくみの症状を起こす原因とは?

お顔のむくみの症状を起こす原因とは?
たとえ一時的なものであるとはいえ、太って見えてしまったり、なんだか腫れぼったい感じになってしまうなど、見栄えを悪くするだけでなく、体が重く感じられるほか、体の不調の原因になるとも言われているほど、むくみは女性にとってとてもやっかいな存在です。

お顔のむくみとは、何らかの理由で静脈が正常に働かなかったり、リンパ液の流れが滞ったりすることで、本来回収されるはずの水分が顔の皮膚の下の組織に残ってしまうことで生じます。
つまり本来そこにあるべきはずではない水分や老廃物が滞留しているわけですから、部分的に膨らみが生じ、結果的に血流が悪化します。
血流が滞ってしまうため、むくみが生じた際に倦怠感を覚えることもあります。

それではむくみが生じる原因にはどのようなものがあるでしょうか。まずはアルコールの摂取が挙げられます。
アルコールを含むお酒を飲むと、血中アルコール濃度が高くなり、その結果、血管が拡がります。
すると静脈やリンパによる水分の処理が追いつかなくなり、回収されずに余分な水分が滞ってしまい、むくみが生じてしまいます。

また塩分の摂りすぎもむくみの原因となります。人間の体内における塩分濃度は一定に保たれるようになっています。
そのため、塩分を過度に摂取し、限界を超えると、塩分濃度を薄めるために体内に通常よりも多くの水分を蓄積しようとします。
その結果、むくみが生じてしまいます。

また、女性の生理周期によってむくみが起こる場合もあります。
生理前になると「プロゲステロン」というホルモンが分泌されますが、これは老廃物や水分の排出を抑制する働きがあります。
お腹まわりにむくみが生じることが多いのですが、症状がひどい場合、むくみが顔にまで到達することもあるようです。

冷えが原因で起きるむくみもあります。体が冷えると血管が収縮します。
結果的に血行が悪化し、静脈やリンパによる水分回収機能が鈍化し、老廃物や水分を処理しきれなくなるわけです。

多くの場合、むくみとはライフスタイルや食生活次第で起きる一時的な症状でしかありませんが、もし、むくみがなかなか引かない場合は、重大な疾患が原因となっていることがあります。
その場合は、速やかに医療機関で診察を受けることをおすすめします。

肩甲骨のストレッチでむくみ顔が改善

多くの人が抱えている、リンパの滞りによる首まわりや肩のこりは、顔のむくみの原因の一つと言われています。
とりわけ体が縮こみがちな寒い季節は、筋肉がこわばりやすく、血行の悪化を招いてしまいがちになり、リンパが滞り、顔がむくみやすいと言われています。
そんな顔のむくみを解消する肩甲骨マッサージについてご紹介します。

肩甲骨とは、背中の上の方にある三角形の形をした骨のこと。
本来は可動域がとても広いのが特徴ですが、「姿勢が良くない」「首が歪んでいる」「冷え」「筋肉が疲労している」などの理由でかたくなってしまいます。

同じ姿勢を長く持続させたり、猫背の状態で過ごしていたりすると、首に頭の重みがのしかかり、大きな負担がかかります。
その結果、首に歪みが生じ、首や肩はもちろん、肩甲骨を含む背中の筋肉がかたくなってしまいます。
また筋肉は冷たくなるとかたくなる特徴があります。さらに血行も悪化してしまいますから、疲れた筋肉が疲労を回復させる力も衰えてしまうのです。

ところが、肩甲骨を柔らかく維持することで首・肩周辺のこりだけでなく、それが原因となって引き起こされる顔のむくみも改善することができます。
肩や首の痛みや顔のむくみを解消してくれる肩甲骨ストレッチの方法についてご紹介します。

肩甲骨ストレッチにはさまざまな方法がありますが、今回ご提案するのは、とっても簡単でしかも即効性が期待できるものです。
必要なものは、フェイスタオル1枚だけ。まず、胸の前あたりでタオルを両手で持ちますが、手の位置は肩幅より少し広めになるようにしてください。
次に、肘を完全に伸ばした状態で、両手を頭上へと動かしていきます。
続けて、ゆっくり息を吐きながら両手の肘を曲げ、タオルが首の後ろあたりに来るまで下ろします。
再び手を前に戻し、肘をまっすぐ伸ばしたまま両手を頭上へと移動しますが、今度は肘を伸ばした状態で、可能な限り後ろ方向に回すようにしてください。

以上の流れを続けて行いますが、初めのうちは少ない数で構いません。
慣れてきたら徐々に回数を増やしていくとよいでしょう。大切なのは呼吸です。吸う時は鼻から、吐く時は口から行うとより効果的です。
また痛いのに無理をする必要はありません。筋を痛めないよう、痛いけれど気持ちいい程度を心がけるのがポイントです。

姿勢が悪い方や肩こりがひどいと、どうしても呼吸が浅くなってしまいます。
すると眠りが浅くなる傾向があり、夜よく眠れず、疲労回復ができません。顔のむくみだけでなく健康・美容全般に効果的な肩甲骨ストレッチを実践して、柔軟性のある体を手に入れてください。

お顔のむくみに効果のあるリンパ&静脈マッサージ

顔のむくみのせいで、実際よりも太って見えたり、顔が大きく見えてしまうものです。
せっかくのメイクやヘアスタイル、おしゃれだって台無しにならないよう、顔がむくんでいると感じたら、ツボ押しとマッサージを融合させた「美点マッサージ」ですみやかに解消し、すっきりした小顔をGETしてください。

顔にむくみが生じてしまう原因の一つは、老廃物や余分な水分がが顔や首の周辺に停滞してしまっていることにあります。
それらをすっきり流してしまえばいいわけですが、リンパの流れを良くするのが最も良い方法であるという考え方が一般には普及しています。ところが実際のところは、老廃物や余分な水分の9割程度はリンパ管ではなく、静脈で回収されているのです。
静脈で回収できなかった老廃物や水分がリンパ管を経由して排出されていくため、リンパだけでなく、静脈の流れを円滑にすることに重点を置くことが、顔むくみを解消するのにより効果的と言えるのです。

静脈の流れを改善するには、人差し指と中指、そして薬指の3本の指を使って特定の首ツボを押さえる「美点マッサージ」と呼ばれる方法がたいへん効果的です。
首のこりがほぐれると同時にむくみもすっきり解消され、無理なく小顔が実現します。

「美点マッサージ」の方法は次の通りです。
人差し指と中指、そして薬指の3本の指をきれいに並べて、耳下からデコルテにかけてのラインを、ひとしい間隔に分けた4つの点をとくに意識して、垂直に、ゆっくりと指をずらしながら指圧を施していきます。4つの点をそれぞれ4秒ずつ押してください。
これを首の左右で2回ずつ繰り返します。

この首の「美点マッサージ」は、朝のメイク前だけでなく、日中や帰宅してリラックスしている時など、あいた時間があればいつ行ってもOKです。
パソコンやデスクワークばかりで、体を動かすことが少ない現代人の凝り固まった首や肩がゆるんで柔らかくなることで、循環のいい本来の健康な体に戻っていくはずです。

頭皮揉みマッサージもむくみ解消に効果あり

頭皮がかたくなってしまうと、血行不良を引き起こし、リンパの流れが滞りやすくなります。
顔と頭皮は皮膚でつながっていますから、老廃物や余分な水分が流れずに停滞してむくみが生じると、くすみ肌など顔色にも影響してしまいます。
デスクワークをしている方、毎日パソコンでの作業をしている方などが生活習慣を劇的に変えるのは難しいものです。
それなら、頭皮揉みマッサージで頭のこりをほぐすことで、上から下への血液やリンパの流れを良くすることで、首や肩のこりを改善してみませんか?

毎日忙しくされている方でも簡単に実践できる頭皮揉みマッサージを、手軽に行える順に3つご紹介します。
まずはヘアブラシを使った頭皮マッサージです。頭には血行を改善するツボや、不要な毒素の排出を促してしてくれるデトックスに効果的なツボが集まっていると言われています。
ブラシを使えば、頭皮をまんべんなくしかも同じ力で刺激できるため、血行やリンパの流れを促す効果が期待できます。
使用するブラシとしては、クッション性が高くて、できるだけ面の広いものがおすすめです。
また、素材がプラスチックのもの、また先が細いクシのようなものは、頭皮に過度な負担がかかってしまいますから、避けるようにしてください。
このブラシを使ったマッサージ方法は、例えば爪を長く伸ばしている方や繊細なネイルアートをしている方など、頭皮を自分の指で揉みほぐすのが難しい方にもおすすめです。

次にご紹介するのは、頭のツボ押しマッサージです。むくみが生じやすい朝や入浴後におすすめです。
マッサージを行う手順は、次の通りです。まず、手ぐしで頭部の前から後ろにかけて、頭皮をマッサージするような気持ちで髪をとかします。続けて、指先だけで頭皮をわしづかみにするようなイメージで前後および左右に動かしてください。
この時、指は動かさずに、指の腹の部分を使って揉むようにすると良いでしょう。指を滑らせてしまうと頭皮が傷んでしまうことがあるからです。
次に、やはり指は固定したまま、円を描くように動かします。
続けて、左右の耳の先端どうしを結んだ線の真ん中、頭頂部にあるツボ「百会(ひゃくえ)」を指圧してください。
この「百会」は肩こりや血行不良の改善のほか、抜け毛・肌荒れ解消にも効果があると言われています。
さらに、人差し指と中指、薬指の3本の指を使って、額の中央、生え際部分から左右の耳に向かってそれぞれ軽く押していきます。

3つ目としてオススメするのが、ヘッドスパでの頭皮マッサージです。
普段はなかなか仕事から手が離せないという方には、思い切ってヘッドスパに出かけて、プロの施術を受けるのも良いでしょう。
ヘッドスパなら、頭皮マッサージだけでなく、シャンプーではなかなか落ちない、頭皮の毛穴の汚れまで洗浄してくれるので、育毛・美髪などの効果も期待できます。

お顔のむくみに効果のある食べ物はコレ!

顔のむくみの原因は実に様々です。アルコールや冷え、ストレス以外にも、毎日の食事が原因で生じることもあると言われています。
とくに注意したいのが塩分や脂質の摂りすぎです。塩分を過剰に摂取すると、体内のナトリウム濃度が高まり、濃度を下げようとして水分を溜め込み、体がむくんでしまいます。
また脂質はコレステロールの値を上げることで血液の流れが鈍くなり、やはりむくみを起こしてしまいます。
塩分と脂質の過剰摂取に注意し、なおかつミネラルやビタミン、またタンパク質や酵素、さらにはポリフェノールなどの栄養素をバランス良く摂ることを心がけることで、体内の老廃物や余分な水分は正常に排出され、むくみを改善することが可能です。

それでは、むくみを解消してくれる具体的な食べ物をご紹介します。
まず取り上げるのは、ビタミンEとカリウムを豊富に含むアボカドです。
これらの栄養素にはナトリウムを体の外へと排出する作用があるため、むくみ解消に効果的です。
アボカドにはいずれの成分もたっぷり含まれているため、むくみ解消にうってつけの食べ物と言えるでしょう。

またクエン酸を豊富に含むグレープフルーツもおすすめです。クエン酸には、新陳代謝を促す作用があることが知られています。
新陳代謝が活発になると、血行が改善されるため、むくみが解消されるというわけです。

またビタミンB1を多く含む、豆腐や豚肉などもむくみには効果的です。
ビタミンB1は、血液をサラサラにしてくれる作用があるため、停滞した老廃物や余分な水分が排出され、むくみが改善されます。

以上の他にも、赤ワインや緑茶といったポリフェノールを配合するものも滞った血行の改善につながると言われており、むくみの解消が期待できます。
また、お鍋を食べるようにするのも良いでしょう。野菜のほか豆腐や豚肉などむくみに効果のある食材をたくさん摂取することができます。
野菜は全般的にむくみ解消に良いとされますので、食事全体に占める割合として7割程度を目安とすれば、おのずと少しずつむくみが解消されていくことでしょう。

関連記事