忙しくても大丈夫!毎日6分の読書がストレスフリーな日々を作る

忙しくても大丈夫!毎日6分の読書がストレスフリーな日々を作る

海外旅行や温泉、ケーキなどを毎日食べるよりも簡単なストレス解消法があるのはご存知ですか?忙しい中でストレスを発散するための時間を作るのも大変なことだと思います。今回は毎日6分の読書が持つストレス発散の力を紹介します。

1日6分の読書でストレス発散

イギリスのサセックス大学の研究チームがストレス解消について実験を行なったところ、読書に関しては6分間で68%のストレスが解消されるという研究結果が出たそうです。

これは読書によって大脳が活性化することで脳全体がほぐれ、心を落ち着かせることができるためです。読書中の人の脳をのぞいてみると大脳の活性化に加え、新たな神経回路が生まれていることがわかっています。

これはつまり、私たちが本の中の出来事を疑似体験している状態になっているということです。ちなみにドラマやゲームでは同様の反応は出ないという結果が出ています。同チームの実験ではその他にも散歩や音楽視聴などのストレス解消効果も調べ上げておりますが、読書が一番コスパも良く有効的だとされています。

読書がもたらす健康効果

6分でストレス軽減という驚異的な効果以外にも読書には様々な効果が期待できます。

(1)アルツハイマー予防
アメリカの大学では小さい頃から読書の習慣があると、アルツハイマーになる可能性が低いという研究結果が報告されています。これはアルツハイマーの原因であるベータアミロイドという物質を読書の際大脳が刺激されることによって抑えることができるためです。今から読書の習慣を身につけても同様の効果が期待できます。

(2)コミュニケーション能力が身につく
語彙が身につくのはもちろん、客観的に主人公の考えや頭の中を覗けるわけなので相手の気持ちを理解する力が身につけば円滑にコミュニケーションを取れるようになるはずです。また語彙の幅を広げることで表現が豊かになります。

読書は本選びが大切

本を読むことでストレスの解消になるという話をしましたが、メンタルケア目的で読書を行うなら本選びは重要です。読書の習慣が身についていないとなかなか本を手に取ることもないのではないかと思います。
ここでは本選びの際に気をつけてほしい項目をご紹介します。

(1)いきなり難しい本は選ばない
本当にどうしても読みたいという意思がない限りは難しい本を読むことはお勧めしません。なぜなら言葉の意味がわからないことがストレスになる可能性があるからです。また意味もわからないまま読み飛ばせば前項で紹介した疑似体験もできないはずです。まずは定番なものから始めるのがベターです。

(2)好きな作家さんの本を読む
読書を始めると好きな作家さんやジャンルなどが絞られてくると思うので、徹底的に読んでみてください。偏りがあることは特に問題ではなく、どれだけ読書に夢中になれるかが大切です。

毎日6分、お気に入りの1冊を見つけてストレスフリーな心身を目指しましょう。
関連キーワード

関連記事