シャワーヘッドの中がカビだらけ?美髪のためにクリーニングしよう

シャワーヘッドの中がカビだらけ?美髪のためにクリーニングしよう

シャワーヘッドの中を掃除したことありますか?長年使っていると目詰まりを起こしたり、穴の部分をよく見ると黒くなっていることも…。その正体はカビです。髪の毛を綺麗にしたいのにカビのシャワーを浴びていたら意味がないですよね。

シャワーヘッドの汚れはカビ?

シャワーヘッドの汚れには大きく分けて2種類あります。

・カビ
・水のミネラル成分の結晶

です。ミネラル成分の結晶というのは、お湯を沸かすポットの中や加湿器の中を見ると白くなっていることがありますよね?それと同じ原理で、水の中のカルシウムやマグネシウムがこびりついたものです。

この2つの汚れの掃除の仕方をご紹介いたします。

シャワーヘッドの掃除の仕方

シャワーヘッドは分解出来るものと出来ないものがあります。

ヘッド部分のネジを回したらすぐに取れるものは分解し、取れないものはそのまま掃除してください。

<カビの掃除>
シャワーヘッドが取れるものはジップロックにシャワーヘッドとヘッドが浸かるくらいの水を入れ、カビキラーを5回ほど噴射します。そのまま1日つけおきし、使わない歯ブラシなどでヘッド部分の中をこすります。水ですすいで取り付けて完了です。
ヘッド部分が取れない場合は、洗面器にヘッド部分をつけ、同じくカビキラーを5回噴射し、1日つけおきし、水ですすいで完了です。

<ミネラル成分の結晶の掃除>
洗面器にぬるま湯を入れ、お酢100ccと重曹スプーン2杯程度を入れます。そこにヘッド部分を入れ1時間待ちます。その後スポンジや使わなくなった歯ブラシなどで擦ります。シャワーから水を出して、穴に詰まった汚れや重曹などを洗い流し完了です。

<注意>
カビキラーと酢は決して同じ時に使わないでください。有毒ガスが発生します。掃除の際は必ず換気扇を回しましょう。

ヘッド部分が取り外せるタイプは思い切って違うヘッドをつけるのもいいですよ。ビタミンCが入っているものや塩素除去してくれるもの、それに節水機能が付いているものもあります。

シャワーヘッドを綺麗にして美髪をキープしてくださいね。
関連キーワード