温活しよう!白湯+フルーツのホットデトックスウォーターの作り方

温活しよう!白湯+フルーツのホットデトックスウォーターの作り方

起きた時に白湯を飲む「白湯健康法」を取り入れている方も増えてきましたね。今回はその白湯にフルーツを入れたデトックスウォーターの作り方をご紹介いたします。白湯だけだと飽きてきた方はフルーツを入れてアレンジしてみてくださいね。

基本の白湯とデトックスウォーターの違い

朝一番や寝る前に白湯を飲むとデトックス効果があるということで、白湯健康法を実践している人も多いのでは?
白湯を飲むことによって「冷え性の改善」「利尿効果」「便秘の改善」に繋がるため、結果的に代謝が上がりダイエット効果が期待できるというのが白湯健康法でしたね。

ここにフルーツをプラスすることによってビタミンとミネラルも一緒に摂取できるのが「ホットデトックスウォーター」です。
夏には冷えたスムージーがあいますが、寒い時期には体が冷えるので不向きです。その点、このホットデトックスウォーターはスムージーと同じくフルーツのビタミンやミネラルも摂り入れられます。寒い季節はホットデトックスウォーターで温活しましょう。

ホットデトックスウォーターのオススメ3選

【基本の白湯】
ミネラルウォーターをマグカップに入れて、500Wの電子レンジで1分30秒から3分温める。ぬるくなったら(50度くらい)10分ほどかけて飲む。

この常温のミネラルウォーターの段階でお好きなドライフルーツを入れるだけでホットデトックスウォーターになります。ドライフルーツでなくても生のフルーツでも良いのですが、ドライフルーツの方が栄養素が凝縮されているのでオススメです。飲み終わった後のドライフルーツは食べてもOKです。

【プルーン×クコの実】
プルーン2粒とクコの実を10粒入れます。プルーンはお通じによくクコの実には美肌効果があります。
【クランベリー×レモン】
クランベリー10粒とレモンスライス1枚を浮かべます
腎機能の働きを促進するクランベリーと美肌づくりに欠かせないビタミンCの入ったレモンの組み合わせです。
【オレンジ×生姜×シナモン】
オレンジスライス1枚と生姜スライス2枚を浮かべ粉のシナモンを一振りします。とにかく体を温めたい方はこちら。生姜で体が温まり、オレンジのビタミンも摂れます。

今回ご紹介したドライフルーツを使ったホットデトックスウォーターは組み合わせ自由なので、色々と試してみてくださいね。

関連記事