風邪をひいたときに役立つ!フリーズドライ食品がすごいんです

風邪をひいたときに役立つ!フリーズドライ食品がすごいんです

節分が過ぎ、暦の上では春を迎えましたが、寒さはまだまだ本番真っ只中。私は先日、扁桃炎に罹り高熱が出ました。一人暮らしのため、病院に行くにも食事をするにも一苦労!そんな時に役に立ったのがフリーズドライ食品でした!とても優秀なのでご紹介します。

フリーズドライ食品って?

フリーズドライ食品は、急速凍結させた後、真空の状態で気圧を下げることによって水分を蒸発させ、乾燥させる方法で製造された食品です。
炭水化物、たんぱく質、脂質、食物繊維やミネラルといった栄養素は全くといっても過言ではないくらい変化がありません。また、酸素や熱、日光などによって変化しやすいとされるビタミン類も、真空状態で乾燥させる点や凍結させることから変化が少ないと考えられています。
味や色彩、食感、栄養素の損失がほとんどないため、おいしく食べられます。
さらに、フリーズドライ食品は復元性が高いため、お湯を注ぐだけで簡単に食べられます。小型で軽量なので、アウトドアや非常食としても重宝します。一部の商品は宇宙食としても用いられているそうです。

フリーズドライ食品の弱点も知っておこう

とても便利なフリーズドライ食品ですが、弱点があるそうです。
表面積が広く、空気と触れる面積が増えるため、酸化を受けやすい状態になるという点です。そのため研究者たちは現在、包材も含めた保存技術の向上を目指しているそうです。
保存状態に気を付けながら、日常生活にうまく取り入れていきたい便利品ですね。

関連記事