顔色のくすみには簡単な「マッサージケア」が効果的って本当?

顔色のくすみには簡単な「マッサージケア」が効果的って本当?

朝起きて鏡を見たら、なんだか顔色が冴えずにくすみが気になる…そんな日はメイクをしても気分が乗らずに朝から良いスタートを切ることができませんよね。でも大丈夫!顔色のくすみはマッサージでケアすることができるのです。

顔色がくすみやすい原因って?

そもそもなぜ顔色がくすみやすいのかというと、血行やリンパの流れが滞ると、お肌に必要な栄養がうまく運ばれずに、老廃物の排出もスムーズに行われなくなってしまうから。顔の皮膚は非常に薄いため、特にくすみが目立ってしまうのです。

顔色のくすみには簡単マッサージケアが効果的!

顔色のくすみ対策としてスキンケアにマッサージを取り入れることで、血行・リンパの流れを促進しましょう。ポイントはくすんだ顔だけをマッサージするのではなく、首を含めたデコルテまでマッサージをすること。マッサージクリームやジェル、オイルなどを塗って滑りを良くしてから行いましょう。
やり方は、手の平を横にして、眉毛の上から生え際のほうへ額をマッサージ。そのあと顎からこめかみに沿ってフェイスラインも同様にマッサージをしていきます。さらに耳の後ろにあるリンパに向かって親指を動かしていきます。そのままデコルテに下ろしていき、脇の下のリンパも刺激。後ろのリンパ節に向かってマッサージすれば完了です。

顔色のくすみは簡単マッサージで改善できる!

朝起きて顔色がくすんでいたときには、お手入れの最後にマッサージクリームなどを使って念入りなマッサージを行いましょう。これだけでくすんだ顔色が良くなり、明るく元気な印象に見えるはず。ぜひトライしてみてくださいね。

関連記事