諦めていたシミに効果絶大! ハイドロキノンクリームの実力

諦めていたシミに効果絶大! ハイドロキノンクリームの実力

レーザー治療をするか、コンシーラーで隠すか、諦めてしまったか、出来てしまったシミに悩んでいる人も少なくは無いはず。そんなシミを撃退する救世主、ハイドロキノンクリームを紹介します。

ハイドロキノンって何!?

多くの女性が悩んでいる、シミやそばかす、そして肝斑。
ハイドロキノンはお肌の漂白剤と言われているほど、これらの悩みに対して効果的な働きを見せます。
ハイドロキノンは、シミなどの原因であるメラニン色素を生成する酵素の働きを抑制し、メラニン色素を作る細胞の数を減少させる働きを持っています。
また、既に生じているシミやソバカスなどの色素も薄くする働きもあるんです。

貴女のシミはハイドロキノンクリームで消える!?

ハイドロキノンクリームはシミなどの撃退に対して高い効力が期待できますが、効果的なシミと効果が出にくいシミがあります。
効果的なシミは皮膚の基底層で作られた、表皮性のもの。
これには、炎症後色素沈着(にきび痕ややけどの痕など)、そばかす、老人性色素斑(加齢により出てくるシミ)、肝斑(30歳以降の女性に多く、頬や鼻の下などに左右対象に広がるようにできるシミ)などが挙げられます。
逆に効果が出にくいものは真皮性の皮膚の深い所で出来てしまったシミです。
これは、ほくろ、大田母斑(頬に出来やすい母斑です。これはアザの一種で幼い頃からある場合もあるし、後天的にできるものもあります。肝斑などとの区別がつきにくいことも少なくはありません)などが挙げられます。

ハイドロキノンクリームの注意点

効果に期待が出来るハイドロキノンクリーム。
しかし、使用する際は、注意しなくてはいけないことが数点あります。
ここで見ていきましょう。
①必ず日焼け止めを塗る
ハイドロキノンクリームを塗った箇所は、メラニンの形成を止めている状態になるため、肌は紫外線の影響を直接受けてしまうので、紫外線が当たらないように必ず日焼け止めを塗りましょう。

②白斑に注意
濃度が高すぎるハイドロキノンクリームを使用すると白斑が出来てしまう可能性があります。一般的には1~4%のハイドロキノン配合製品の場合は白斑が出来ることが無いと言われています。

③早めに使い切る
ハイドロキノンクリームは安定性が弱いため、冷蔵庫に保管し、三ヶ月以上は同じものを使わないようにしましょう。

④長期間使わない
ハイドロキノンクリームは刺激が出やすいため、連続使用は3ヶ月までです。
継続使用をしたい場合は1ヶ月以上は期間をあけましょう。

⑤気になる部分にのみ使う
ハイドロキノンクリームは気になる部分のみスポットで使うしょうにしましょう。

などが挙げられます。
その他、ハイドロキノンクリームによって注意点が様々なので、自分できちんと調べて使用して下さい。また美容皮膚科などでも処方してくれるので、自分に合う製品を使うのもお勧め。

ハイドロキノンクリームは高い効果が期待できます。
このクリームを使って、今よりもっと綺麗な素肌を目指したいですね。
関連キーワード

関連記事