女性ホルモンの活性化も!ストレスを解消するピンク呼吸の効果って?

女性ホルモンの活性化も!ストレスを解消するピンク呼吸の効果って?

まだあまり知られていない『ピンク呼吸』は忙しい毎日でも、手軽に簡単にできるストレス解消法です。自律神経を整え、生理不順・肩こり・冷えなどの症状にも効果があると言われています。今回はそんな『ピンク呼吸』の効果と方法を紹介します。

ピンク呼吸の効果とは

ピンク呼吸法とは元々は「美しくなりカラーブリージング」の著者、イボンヌ・マーティンが実践して見た目年齢が20歳も若返ったということで話題になった美容法です。

そもそもピンク色は内分泌を盛んにし、見た目年齢を若返らせたりきれいになる効果があると言われています。
また、ピンク呼吸には女性ホルモンの活性化や、ストレスの解消に効果があると言われており、毎日の仕事や家事などでストレスと戦う女性には、きれいを目指せてストレスの解消にもつながる嬉しいストレス解消法です。

併せて、ピンク呼吸を行うと、エンドルフィンの分泌を促すことが医学的にも認知されており、バストアップなどの効果も期待できます。

そのほかにもピンク呼吸には新陳代謝の促進や更年期障害、疲労回復、痴呆症の防止、うつ病、恋愛運UPなどの健康効果やジンクスの声が続々と寄せられており、とにかく女性に嬉しいことづくめの呼吸法です。

ピンク呼吸のやり方

ピンク呼吸は寝起きや寝る前などのリラックスした状態で行うと、より効果が高いと言われています。

1.まず、体内の毒素を吐き出すイメージをしながら息を吐き出します。
2.吐き出し終わった後で、ピンク色の空気をイメージして、その空気を吸い込みます。この時必ず、体内にピンク色の空気が入ってくるイメージを行うようにしてください。
3.息を吸い込んだら、息を軽く止めて、ピンクの空気体や心の改善したい部分に行き渡ることをイメージしてください。
4.3のイメージができたら、息を吐いて1〜3の手順を3回繰り返し行なってください。
5.最後に、自分が3で改善するようイメージした部位が改善された喜びを味わって、感謝してください。

ピンク呼吸法はとにかくイメージが大切です。しっかりと手順の中のイメージする部分を意識して実践しましょう。
この方法ならいつでもどこでも行うことができるため、少し時間の空いた時や寝る前に行なってみてください。

関連記事