日焼け止めの使用期限を知ってる?美肌の為の効果的な使い方とは

日焼け止めの使用期限を知ってる?美肌の為の効果的な使い方とは

ぽかぽか陽気の春は気持ちも晴れやかになり、ついオシャレをして薄着で外出したくなりますよね。ですが、美肌を目指す女性にとって油断は禁物。紫外線は絶え間なく降り注いでいるからです。
皆さんは日焼け止めの使用期限や正しい使い方を知っていますか?

日焼け止めに使用期限はある?美肌を目指す為に知っておきたい事

季節に限らず、紫外線は一年中降り注いでいます。最近はファンデーションでもUVカットが施された物が主流になりつつありますが、今春も日射し対策はしっかり行いたいところ。
「ちょっとそこまで…」と、ついノーメイク&日焼け止めもつけずに外出していること、ありませんか?また、新しい日焼け止めを買い忘れていて、つい古い日焼け止めを使用していることはありませんか?
美肌の為には肌トラブルはなるべく避けたいところ。
古くなった日焼け止めはトラブルの原因になるのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

【日焼け止めに使用期限はあるの?】
日焼け止めは、元々ワンシーズンでの使い切りを想定して販売されています。
ただ一度開封しても使い切りではない為、雑菌の繁殖を防ぐ防腐剤などを入れてある物がほとんど。
保管状態さえ良ければ、1年前の物を使用しても特に問題はないそうです。
また、SPFやPAなどの効能自体も変わらないと言われています。
キレイに使い切ることが難しく、年を持ち越して使うことも多い日焼け止めは、次の状態での保管を行いましょう。

・直射日光の当たる場所を避ける
・室内(常温)で保管する
・容器の口もとを拭き取っておく(液ダレした状態で放置しない)

とはいえ開封後の日焼け止めは、時が経てば経つほど防腐剤の効果も薄れてきます。雑菌の繁殖により肌トラブルを引き起こす可能性もある為、できるかぎり早めに使い切るのが理想なのだそう。何となくニオイがおかしかったり、中身が分離していたりする時は変質している可能性がある為、使用を控えましょう。

目安としては開封後の物は1年以内に、未開封の物でも3年以内に使い切るようにするのがベター。
なお、無添加化粧品の日焼け止めはさらに使用期限が短く想定されています。未開封の物では1年以内、開封後に関しては6ヶ月以内には使い切るようにしましょう。

美肌美人に近づく為に!効果的な日焼け止めの使い方とは

それでは、使用期限に気をつけながら日焼け止めを効果的に使うにはどのような方法が有効なのでしょうか。

【日焼け止めの効果的な使い方とは】
○「塗る前」の肌状態を整える!
日焼け止めをつける前に、土台となる肌の状態を整えていくことが最初のポイントです。
日焼け止めが落ちないよう化粧水や乳液などで、しっかり肌のお手入れをしておきましょう。
また、塗り方のコツとしては少量ずつ均等に伸ばしていくことが大切。
ただし薄く伸ばしているだけでは十分な効果は得られません。少しずつ、量は惜しまずしっかりとつけていきましょう。
なお、すりこむようにつけるのは摩擦による肌ダメージを増大する為NG。
ムラのないよう丁寧になじませていきましょう。

○「塗り直し」はこまめに!
一度しっかりなじませたとしても、時間の経過とともに日焼け止めの効果は薄れていきます。
特に汗をかく季節には2~3時間ごとに塗り直しをするのがベター。
また、乾燥した肌に乗せてしまうと余計に乾燥肌を進めてしまうと言われています。
外出中につけ直す際には、スプレータイプの化粧水で肌をしっとりさせるなど、ひと手間を惜しまないのも大切なポイントなのだとか。

○「塗り忘れ」を防ぐ!
ついやりがちなのが、次の場所の塗り忘れです。
日焼け止めをつける際には注意してみましょう。

・まぶたの上下
・目尻
・小鼻のわきや口元
・耳の後ろ
・ふくらはぎや太ももの裏側など

いかがでしたか?
日焼け止めをしっかり活用し、美肌への近道を目指しましょう!

関連記事