春になったらまずこの美容法!日焼け対策で美肌作りをしよう!

春になったらまずこの美容法!日焼け対策で美肌作りをしよう!

春らしいカラーのお洋服がウィンドウに並ぶ季節になりましたね。しかし、まだ気温が低いのでなかなか春気分になれないかもしれませんが、紫外線は容赦なく降り注いでいます。今回は春の紫外線対策をご紹介致します。

春から始めよう!日焼け対策

立春も過ぎ、春らしいお洋服やスイーツがたくさん出てきましたね。しかし、気温はまだ寒く冬気分がなかなか抜けず、春仕立てが出来ていないのではないでしょうか?春に向けて一番冬と変えないといけないケアは、「日焼け対策」です。

【春こそ紫外線に気をつけないといけない】
紫外線とは、太陽光そのものを指すのではなく、太陽光が地面に反射した角度と量から決まるので、春は晴天の日が多い分紫外線は強くなります。3月でさえ、残暑厳しい9月とほぼ同じ強さと言われています。紫外線は、肌に負担がかかり、シミ・シワが出来てしまいます。なので、少し肌寒くても3月からしっかり紫外線対策を始めましょう。すると、冬にしていた保湿対策とダブルで美肌作りが出来るということになります。さて、どのような対策が大切なのでしょうか?

今日から出来る!日焼け対策とは?

【日焼け止めを塗る】
基本ではありますが、日焼け止めを塗ることが一番の日焼け止め対策です。普段使いなら「PA+」「PA++」や「SPF15~25」の日焼け止めをこまめに塗り直しましょう。顔はもちろんのこと、春の紫外線は地面からの反射も強いので、あごや首筋までしっかり塗りましょう。

【日焼け対策の洋服を着る】
最近では、日焼け対策のパーカーやカーディガンが開発されました。少し肌寒い時に羽織るだけで、体温調節も日焼け対策も出来るので、少しの外出でも紫外線は降り注いでいるから軽く羽織って日焼けを防ぎましょう。

【日焼け止めサプリを飲む】
最近では体の中から日焼け止めが出来るサプリは何種類も出ています。シミの原因であるメラニン色素の生成や活性酸素を抑制し、肌の酸化を防いでくれます。日焼け止め以外にもお肌の美容効果も得られます。ビタミン剤のような感覚で食事の後に飲めば手軽に摂取出来るので毎日続けられますね。

【うっかり日焼けをしてしまった後の保湿】
どんなに防いでも日焼けをしてしまったら、その日のうちに対策をしましょう。日焼けは軽い火傷なので、その日のお風呂は37℃くらいのぬる目のお湯に入り、身体もゴシゴシ洗うのは避けましょう。お風呂上がりはしっかり保湿をして早めの睡眠で肌の再生を促しましょう。

少しの手間で日焼けは最小限に防げます。また、日焼け対策をしていることは、毎日肌を労わり続けることにも繋がるので肌がゆっくりと綺麗に変わっていきます。春の紫外線に向けて今日から対策を始めてみませんか?

関連記事