肌も敏感になりやすい?花粉症の時期にオススメのスキンケアとは

肌も敏感になりやすい?花粉症の時期にオススメのスキンケアとは

春になると特に悩みがちなのが花粉症。鼻がムズムズしたり、目がかゆくなったりして外に出るのも一苦労。花粉症の時期はお肌が敏感なので、いつものスキンケアよりも優しく行なうのがポイント。今から花粉症を乗り越えるスキンケアを身につけておきましょう。

花粉症の時期はお肌が敏感になっている

春になると感じる、カサカサして化粧ノリが悪い、肌がピリピリする…などといった肌の不調は花粉症が原因の一つになっている可能性が高いです。かゆみや腫れ、赤みなどが出て普段のスキンケアが合わない場合も。花粉症により肌のバリア機能が低下しているので、スキンケアには気を使ったほうがいいでしょう。

花粉症のスキンケアは優しく・徹底保湿

クレンジングやスキンケアも普段より優しく丁寧の行うことがポイントです。

1. クレンジング
まず外から帰ってきてすぐに、肌に付着した花粉を落とす意味でクレンジングと洗顔をおこないましょう。
肌が敏感になっているので洗いすぎは禁物です。肌に負担のかけにくいミルクタイプのクレンジングを使ってもこもこの泡で洗顔をしていきます。

2. スキンケア
洗顔後、すぐに化粧水や美容液で保湿を。
敏感になりがちなお肌には、低刺激タイプの基礎化粧品を使うのがおすすめです。
鼻をかんで皮膚が乾燥しているときには、鼻にアイクリームを塗りこんでしっかり保湿をすると乾燥や肌荒れに効果的です。仕上げにクリームや乳液を手のひらに取り、お肌に密着させるように擦らず浸透させていけば完了です。

これで花粉症の敏感な肌トラブルも怖くない! 

花粉症の時期は肌トラブルが付き物ですが、保湿を重視した優しいお手入れをすることが大切。
また、スキンケアだけではなく、メイク前に大気汚染物質から肌を守る日焼け止めクリームを塗ったり、花粉を除去するスプレーを使用するほか、サングラスやメガネでしっかり花粉対策を行うと肌トラブルの予防になります。
きちんとした予防とスキンケアで花粉の季節もキレイなお肌でいたいですね!

関連記事