日本のマスクはすごい!!風邪や花粉対策に!マスクの種類特集

日本のマスクはすごい!!風邪や花粉対策に!マスクの種類特集

風邪やインフルエンザが流行っている中、だんだんと暖かくなってきて花粉症に悩まされる人も増えてきましたね。それらを予防するのに欠かせないのがマスク。近年では機能的なものからおしゃれなものまで様々出回っているので、症状や気分で使い分けてみては。

様々な種類があるマスク。日常使いの定番は、サージカルマスク

インフルエンザや風邪のピークはこれからようやく終わりを迎えますが、ここから始まるのが花粉の季節。そんな中でまだまだマスクは手放せません。
日常使いの定番となっているのは、サージカルマスク。「サージ」は、手術等の医療行為を指す用語です。医療用マスクの事を本来はサージカルマスクと呼ぶのですが、 一般的に用いられているマスクもサージカルマスクと呼びます。
サージカルマスクには、以下のような種類があります。

【プリーツマスク】
ヒダがつくようにプリーツ加工されたサージカルマスク。プリーツ加工によって、マスクと顔をフィットさせることができ、ズレにくい構造になっています。
小さめに作った女性用もあります。

【立体マスク】
顔の形に合わせ、立体的につくられています。そのため隙間ができにくく、ぴったりとフィットします。 比較的化粧も落ちにくいため、女性におすすめです。

近年の日本のマスクはすごい!

近年のマスクは、用途や悩みによって様々な機能や構造を持ち合わせたものが増えてきています。
その一部をご紹介します。

【耳が痛くなりにくいタイプ】
マスクで最も多く聞かれる不満が、耳が痛くなる事です。
柔らかい耳ゴムを使用することで長時間使用しても耳が痛くなりにくくなっています。

【加湿タイプ】
マスクの内側のウエットフィルターがマスクを加湿状態にし、乾燥した喉を潤します。就寝時や乾燥した場所など、様々な用途で使えます。ハーブやフルーツの香りがついているものもあります。

【洗って繰り返し使えるタイプ】
ポリウレタン素材のため、洗って繰り返し使えるマスク。
ソフトで伸び縮みする素材を使っているので、洗っても顔に密着し、花粉やウイルスをブロックする効果はそのまま保たれます。

【プリント入りのタイプ】
マスクにかわいいプリントが入っています。かわいくてファッション性に優れているため、デートなどのお出かけの時にも気兼ねなく使えます。


いかがでしたか。用途や悩みに合わせて使い分けて、つらい季節を少しでも快適に乗り切りましょう!

関連記事