型くずれを防いで綺麗な胸元をつくる!正しいブラのつけ方と選び方

型くずれを防いで綺麗な胸元をつくる!正しいブラのつけ方と選び方

ブラの選び方とつけ方を誤ることで、バストサイズやバストの型崩れに影響が出てきてしまうことはご存知でしょうか。バスト周りはホルモンの関係上、デリケートで変化もしやすい部分です。今回は、バストケアにもなるブラの正しい選び方とつけ方を紹介します。

ブラのつけ方ひとつでバストが美しくなる

みなさんは毎日ブラを正しくつけていますか?
ブラのつけ方やサイズが正しいものでないとバストはすぐに型崩れしてしまったり、バストを圧迫しホルモンバランスが崩れてしまったり、肩こり、バストの下垂などの原因になってしまうのです。

ブラを正しくフィッティングすることでアウターからの見栄えも良くなり姿勢も美しく見えます。また、正しく装着をすることでバストアップにもつながり、結果的にバストのケアにもなるのです。

ここで早速、正しいブラの装着方法についてご紹介します。

<ブラのつけ方>
1.ストラップを肩にかけ、少し前かがみになりましょう。
2.バストをカップの中に入れ、後ろのホックを止めましょう。
3.前かがみの状態のまま、まずは左手で右のバストを下から上へ寄せあげるようにカップに収めてください。
4.反対側も同様に右手で左のバストをカップに収めましょう。
5.体を起こし、ストラップを指1本分が入るぐらいに調整しましょう。

ブラの正しい選び方

<必ず試着してから購入する>
まず大前提として、ブラジャーは必ず店舗へ実際に足を運んで購入することをお勧めします。その理由として、ブランドによってサイズや作りが異なるため通販での購入はサイズ違いであることがほとんどです。また、胸の形は個々に違っており、試着してみないことにはその人のバストにしっかりとフィットしているかどうか判断ができないためです。ナイトブラや補正下着など、サイズがM,L表記以外のものに関しては基本的に店舗へ見に行きましょう。

<3ヶ月に1回は採寸する>
バスト周りはホルモンの影響を受けやすく、サイズや形も時期で変化します。例えば月経前になると胸が張ったりしてアンダーバストがきつくなるという経験はないでしょうか?月経前は特にブラのサイズが変わる方が多く、月経用と普段用でサイズを分けて購入している人もいるくらいです。

<スタッフへフィッティングをしてもらい、サイズを見てもらう>
ブラジャーは素人目ではわからないほど、サイズ選びが難しいです。というのも、ジャストサイズと呼べるブラジャーに出会うにはいくつもの条件をクリアしなくてはならないからです。それを見極められるのは働いているショップスタッフです。

例えばワイヤーの位置、胸の潰れ、ワイヤーの食い込み具合など、ブラの作りや種類によっては自分に合わないブラを購入してしまったということにもなりかねません。
自信のない人は必ずスタッフに見てもらい、自分の胸にフィットしているかどうか判断してもらいましょう。

ブラの正しい付け方と選び方を知ることで、バストにとっては大きなケアになります。自分のブラのサイズや付け方が本当に正しいかどうか見直して、美乳への一歩を踏み出してください。
関連キーワード

関連記事