コツがある!「ほうれい線」を目立たせないメイクテクニックとは?

コツがある!「ほうれい線」を目立たせないメイクテクニックとは?

一気に老けた印象を与えてしまう「ほうれい線」。一度刻まれてしまったほうれい線を、すぐに薄くすることは難しいですが、メイクで目立たなくすることは可能です。ほうれい線を目立ちにくくするメイクテクニックのコツをご紹介します!

「ほうれい線」を目立たせないメイクのポイントとは?

頬のたるみが原因で出来てしまう「ほうれい線」。加齢と共に、気になってくる部分ですよね。

綺麗にメイク出来たつもりでも、気が付いたら、ほうれい線にファンデーションが溜まっていた...!という経験はありませんか?

口の周りは、筋肉を動かすことが多い為、メイクがヨレやすいパーツです。
しかし、メイクでほうれい線が目立ってしまう、なんてことは回避したいですよね!

ほうれい線を目立たせない為のポイントをチェックしてみてください。

◎メイク前にしっかり保湿
ほうれい線にファンデーションが溜まりやすい方の特徴として、「肌の乾燥」が挙げられます。
肌が乾燥していると、ファンデーションが密着しにくくなります。また、乾燥が原因で余計な皮脂が分泌され、ファンデーションがヨレやすくなり、ほうれい線に溜まりやすくなります。

◎メイク下地を丁寧につける
肌とファンデーションの密着度を上げる為に、ムラなくメイク下地をつけましょう。
多すぎても少なすぎても、ヨレやすくなってしまうので、適量を守り、丁寧かつ均一に伸ばしてください。

◎ファンデーションは薄く塗る
ファンデーションを厚く塗れば塗る程、ヨレやすく、崩れやすくなります。
また、ほうれい線の溝にファンデーション溜まりやすくなる為、余計にほうれい線が目立つように。
出来るだけ薄く塗るように心掛けましょう。リキッドタイプのものがオススメです!

◎パウダーの量にも注意
仕上げにパウダーを使う場合も、重ねすぎに注意が必要です。
パウダーが多すぎると、浅いシワでも、目立ってしまうことに繋がります。
なるべく薄く、を心掛けましょう。

「ほうれい線」を目立たせない!おすすめのメイクアイテム

刻まれてしまった「ほうれい線」を薄くするには、日々のケアが必要ですが、上手にメイクでカバーすることも可能です。
そんな時に、オススメのアイテムをご紹介します!

■シリコン化粧下地
シリコン製の下地は、肌の凹凸を滑らかにし、シワを目立ちにくくする効果が期待出来ます。
ほうれい線の溝にファンデーションが溜まる、という事態も防いでくれそうです。

■ツヤ感のあるリキッドファンデーション
光を反射してくれる効果のあるファンデーションは、ほうれい線を目立ちにくくします。

■リキッドコンシーラー
光の反射で、ほうれい線を目立ちにくくさせる為、自分の肌よりも明るめの色を選びましょう。
ほうれい線に沿って縦に塗るのではなく、ほうれい線の内側と外側を、縫い合わせるように乗せ、指で馴染ませてください。

■ハイライト
これも、光の拡散で、ほうれい線を目立たなくする為のアイテム。
パール入りで、粒子が細かいものがオススメです。口角の上に、サッと入れましょう。

「ほうれい線」をメイクで目立ちにくくする為には、「保湿」と「ファンデーションを薄く塗る」ということがポイントとなります。
どれも簡単に出来ることですので、毎日のメイク時に意識してみてくださいね!
関連キーワード

関連記事