コンビニ野菜は食べない方がいい?コンビニ野菜のウソ、ホント

コンビニ野菜は食べない方がいい?コンビニ野菜のウソ、ホント

コンビニ野菜は栄養がないから食べない方がいい、なんてことを聞いたことはありませんか?薬剤で洗っているから危険ということも聞いたことがあるのではないでしょうか?そんなコンビニ野菜の噂の嘘、本当に迫ります!

コンビニ野菜に栄養はあるの?

コンビニで売られているカット野菜は水洗いされ、その後殺菌をするために薬剤でも洗っているので、食物繊維しか栄養素が残っていないなんていう話を聞いたことはありませんか?これらは本当なのでしょうか?

まず、カット野菜はカットしてからも何度も水洗いし、その後薬品でも洗っているというところは事実のようです。
ビタミンCなどは水に溶けやすい水溶性ビタミンなので、この水洗いで少量のビタミンCは流れ出てしまっています。しかし、家庭でも野菜を調理する場合にはまず水洗いをしてから野菜を使うので、この行程ですべてのビタミンCが流れ出てしまっている、ということは考えにくいと言えます。また、水よりお湯に溶けやすいので、家庭でブロッコリーやほうれん草を茹でると半分ほどビタミンCが溶け出てしまっているそうです。お湯で半分ほど溶け出て、水で全てが溶け出るということは考えにくいのでこの点から見てもビタミンCはカット野菜にも残っていると言えるでしょう。水に溶けにくいビタミンAやEなども残っています。

コンビニ野菜に使ってる薬剤ってどんなもの?

次によく言われるのがコンビニ野菜は薬品に漬け込んであるので危険という話です。
コンビニ野菜は次亜塩素酸ナトリウムという薬品で洗われることが多いです。この薬品は洗剤に使われるものの一種です。洗剤と聞くと不安になる方も多いのではないでしょうか?しかし、この薬品は国が認めた食品添加物の一種でもあるのです。たくさん摂りすぎるともちろん危険性は増えてきますが、他の食品にも使われているものであり、カット野菜に使われた量が危険とはなりません。

この点でもコンビニ野菜が危険とは言えないようです。

コンビニ野菜とうまく向き合おう!

いかがでしたか?これまで見てきたようにコンビニ野菜にはきちんと栄養もあり、危険性もほとんどないということが分かりました。

一番危ないのは、コンビニ野菜は危険と決めつけて野菜を食べずに野菜不足に陥ってしまうことです。それを避けるためにも、うまくコンビニ野菜を取り入れ、向き合って行きましょう!
関連キーワード

関連記事