お花見弁当でズボラ女子がモテ美女に!?料理研究家直伝の簡単レシピ

お花見弁当でズボラ女子がモテ美女に!?料理研究家直伝の簡単レシピ

お花見シーズンは肌トラブルも多い季節。どうせなら綺麗になりつつモテたいですが、凝った料理は難しい! そこで、料理研究家に手っ取り早くモテそうで美人になる秘密レシピを聞いてみました。取材中に明らかになった「素人の料理好きがシェフに勝てる方法」とは?

3月といえばお花見!でも気になることが?

お肌は気になる、周りからの視線も気になる、あの女優さんみたいに美しくなりたい、でも面倒なことはできるだけしたくない…。
そんな悩める女性の皆様、こんにちは。
やっと春がやってきましたね。

乾燥によるニキビや湿疹、敏感肌で大変だった冬も終わり、日差しがまた強くなる夏まではスキンケアも一段落。
「新入社員や部署異動などで環境が変わる中、今年こそ気になるあの人に近づくため、思い切ってお花見に誘ってみよう!」
そう決意している方もいらっしゃるかもしれません。

でも、知っていましたか?
実は3月も、いえ3月こそ、本当に肌に気をつけなければならない季節なのです。

大事なお花見で肌トラブルに悩む前に、まずは一度、3月の肌トラブルについてチェックしてみましょう。

3月は肌トラブルのトリプルアタック!?

3月は2月に比べ一気に紫外線の量が増え始め、9月と同程度の紫外線が早くも降り注ぎます。
また、湿度はまだ低いのに気温はどんどん上昇してくるので、お肌のガードも乱れがち。さらには多くの人を悩ませる、あの花粉アレルギー(花粉症)のシーズンでもあるのです。

・紫外線
・乾燥
・花粉アレルギー

3つの肌トラブルが一気にやってくるのが3月。
紫外線や乾燥は冬ほどひどくはありませんが、冬よりは大丈夫…そう油断していると、あっという間にお肌が荒れてしまいます。

内側からも対策はできる…?

3月の肌トラブルについてご紹介しましたが、なんだか憂鬱になってしまうニュースですよね。

「せっかく気持ちが高まる春なのに、これじゃあお花見どころか外に行くのも大変…」
「気になるあの人にボロボロの肌は見せたくない…」
そんな声が聞こえてきそうです。

これまで通りスキンケアは続けるとして、他にも何か、たとえば食べ物で内側から対策する、ということはできないのでしょうか?
もしそれができるなら、お花見弁当に取り入れて、一石二鳥なんてこともできるかも…!?

ズボラ女子として個人的にも気になったので、思い切って料理研究家の方に実際に聞いてみることにしました!

簡単レシピとオススメ食材を、料理研究家に聞いてみた!

今回お話を伺ったのは、スペイン料理研究家の加瀬まなみさん。
カラフルでオシャレなのに簡単にできるレシピをメディアで多数発表している、ズボラ女子の希望の星のような存在です。
スペイン料理研究家:加瀬まなみさん
オフィシャルサイト: http://www.muybien.info/
そんな加瀬さんに、気になることを色々質問してみました。

「肌トラブルに効く食べ物」について

――3月は何かと肌トラブルが多いと思うのですが、お肌に効く食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。

加瀬まなみ(以下、加瀬):3月に限らず、肌トラブルって一年中あると思うんですが、実は肌トラブルを防ぐために一番いいのって、旬の食べ物なんですよ。
最近は通年あるものも多くてあんまり意識しないかもしれないんですけど、例えば人参なんかも、旬の時期(10~12月)が最も栄養価が高いんです。
なので、夏は夏の旬の食べ物、冬は冬の旬の食べ物、今はお花見の時期なので、春が旬の食べ物を食べるのが効果的ですね。

また、3月は、運動不足やお正月の食べすぎが肌に表れてくる時期なので、タンパク質やコラーゲンを摂取することが必要です。鳥や魚の皮なんかに含まれていますね。

――なるほど!ちなみに、3月といえば花粉症の時期でもありますが、アレルギーに効く食べ物はありますか?

加瀬:抗ヒスタミン作用のある食べ物が有効ですね。ヨーグルト。私も2年前に花粉症デビューしたので、いっぱいヨーグルト食べてます(笑)。

お花見弁当についても聞いてみました

――お花見弁当についても伺っていきたいのですが、まず、人気のおかずにはどんなものがあるでしょうか。

加瀬:大事なのはやっぱり食べやすさですね。あと、持ち運びしやすいこと。
時間が経っても美味しい、液ダレしない、そして食べやすい。その3つを全部満たしているのが揚げ物。特に唐揚げなんかがいいですね。

――唐揚げ!みんな大好きな王道のおかずですね!
他にも何か、お花見弁当で大事なことや、これをすると喜ばれる!みたいなことはありますか?

加瀬:食べやすくする工夫としては、ピックや旗を刺したりはしますね。
あとは個人的に、ロゼワインを持ち込みます。同じ桜色なので、気分が上がります(笑)。
桜色だからロゼワイン!これだけでもうオシャレです。

ズボラ女子に捧ぐ!加瀬流・簡単お花見レシピ

【フライパンで作る!竜田揚げ風焼きチキン】

――この辺りでズバリ聞きたいのですが、ズボラ女子にもできる簡単お花見レシピはありますか?

加瀬:さっきの唐揚げでいえば、正直、揚げ物って作るの面倒ですよね。油の処理もあったりしますし。
なので私は、少量の油でフライパンで作ります。唐揚げというより竜田揚げに近いですね。
★竜田風焼きチキン★

材料(2人分)
鶏肉(もも)…1枚(250g)
A しょうゆ…小さじ2
A 酒…小さじ2
A おろしにんにく…1片
A おろし生姜…1片
片栗粉…大さじ3
油…大さじ2
マヨネーズ…少々
水菜…お好みで

作り方
1. 鶏肉は余分な皮と脂をのぞき、一口大にカット。
2. Aを加えて軽くもんで10分おき、片栗粉をまぶす。
3. フライパンに油を熱し、途中返しながら弱中火で5~6分、仕上げに強中火で1~2分焼いてこんがり仕上げる。
4. お好みで器に水菜を敷き、その上に盛り付け、マヨネーズをかける。

焼く時にしっかりフタをすると、中の水分が循環し、油で揚げたようなジューシーな仕上がりになるそうです!

面倒な揚げ物がこんなに楽になるなんて…!

加瀬:唐揚げは、お肌に良い鳥の皮というだけでなく、アレルギーに効く抗ヒスタミン成分を含む生姜、にんにくも入っていますね。

――唐揚げには全部入ってるんですね!
簡単に作れる上にお肌にも効くなんて、最高じゃないですか!

加瀬:最高ですね(笑)。定番には、定番になるだけの理由があるんですよ。
――なるほど…!
【簡単!パエリアおにぎり】

加瀬:あとは、パエリアおにぎりなんてどうでしょうか。パエリアの材料をそのまま炊飯器に入れて、炊き上がったら握るだけ。
パエリアは作るのが面倒っていうイメージもあるし、おにぎりにするっていう発想があまりないから、持っていくと驚かれますよ。
★パエリアおにぎり★

材料
お米…1カップ
冷凍シーフード…100g
オリーブオイル…大さじ1
白ワイン…大さじ1
水…1カップ
コンソメ(顆粒)…小さじ1
ケチャップ…大さじ2
サフランパウダー…少々
パプリカ・ピーマン…適宜

作り方
1. オリーブオイル大さじ1で冷凍シーフード100gを炒め、白ワイン大さじ1を加えて煮詰める。
2. 米・水1カップ、コンソメ顆粒小さじ1、ケチャップ大さじ2、サフランパウダー少々と1を炊飯釜に入れ、いつも通り炊飯。
3. 炊き上がったら、お好みでパプリカとピーマンを混ぜ、食べやすい大きさににぎる。

すごい…!女子力は、簡単に作れるんですね!
このおにぎりをサッと出せれば、ズボラな我々にも春がやってきそうな気がします。

気になるあの人の胃袋を掴むためにできること

【男性の部屋でもパパッと作れる!簡単丼ものレシピ】

――加瀬さんといえば、最近では「調味料や調理道具が揃ってない男性の部屋でもパパッと作れる」というコンセプトの簡単だけど美味しい丼ものレシピも紹介していましたね。すごく美味しそうでした!

加瀬:けっこう評判良かったですね。かつお節と温泉卵にオリーブオイルをかけるだけの、オリーブ丼とか。SNSで話題の料理からヒントを得て作ったんですよ。

★オリーブ丼★

材料 (1人分)
ごはん …1膳分
かつお削り節 …1.5g
温泉卵 …1個
A オリーブオイル …小さじ1
A 塩 …少々
A 粗挽き黒コショウ …少々

作り方
1. ごはんを器に盛り、Aをかける
2. カツオ節を散らし、温泉卵をのせて塩コショウ。
3. オリーブオイルを上から好きなだけかけて出来上がり!

男性の胃袋を掴むために大事なこと

――男性にも喜ばれそうなレシピをたくさん考案されている加瀬さんに、もうひとつこれだけは聞きたい!という質問です。
ズバリ、男性の胃袋を掴むために大事なことってなんでしょうか。

加瀬:うーん、そうですね。
素人の料理好きが、シェフに唯一勝てることってなんだかわかりますか?
――えーっと。なんでしょう…?

加瀬:答えは、オーダーメイドで作れるところ。
シェフはプロだから、同じ味を多くの人に振る舞わないといけないんですけど、味の好みって本当は人それぞれ違うじゃないですか。
その日の相手の体調や、天気を考えてその日その人の為に作ること。それはプロが仕事ではできないことなんです。

――や、優しい…!

加瀬:あと、本当に相手の為に美味しく作りたいなら、可能であれば相手の親に聞いてみるといいですよ。
大人になっても子供の頃に食べた味が好きっていうことは多いから、せっかく本格的にダシを取ったのに、小さい頃に食べていた市販のダシに負けることもあったりするんです(笑)。

SNSにも映えるようなオシャレなお弁当を作るには

――SNSなんかでよくオシャレなお弁当の写真を見かけたりするのですが、ああいうお弁当を作るコツはありますか?

加瀬:色合いは大事ですね。からあげは茶色だから白を添えるとか。
お弁当そのものではないですが、やっぱり見た目が大事なので、例えばお弁当箱でも、100均のものでもいいから、オシャレにする。
中身がそこまで凝ったものじゃなくても、盛り付けが上手であれば十分キレイに見えますよ。

――なるほど、入れ物も大事なんですね。

加瀬:お菓子を作る人が使ったりする、ワックスペーパーをお弁当箱の代わりにするのもいいですね。
加瀬:これを、
加瀬:こうやって包めば、液だれしないんです。
加瀬:オシャレなので、SNS映えするお弁当になりますよ。
あと、私の場合は黒板を持って行って、この写真のように、その日のメニューを書いたりしますね。
――おおー!オシャレ!やっぱり見た目も大事なんですね…!

加瀬:そうですね。実は料理は目で食べるとも言われていて、人は美味しいと感じるとき、味覚よりも視覚で美味しいと認識しているんですよ。だから見た目もとっても大事なんです。

中身も大事で、見た目も大事

中身も大事だけど、見た目も大事。
どこか恋愛や美容にも通じるところがありますね。
肌もお弁当もしっかり準備して、今年のお花見では気になるあの人を狙い撃ちしちゃいましょう!
関連キーワード

関連記事