絶対焼きたくない!正しい日焼け止めの塗り方をおさらいしよう

絶対焼きたくない!正しい日焼け止めの塗り方をおさらいしよう

美白命の方は1年中日焼け止めクリームを欠かさず塗っているはず。紫外線を浴びすぎると、シミやシワなどの肌老化につながってしまうため、日焼け止めクリームを正しく使って紫外線を完全にシャットダウンしちゃいましょう!

日焼け止めクリームの適量・塗り方って?

日焼け止めクリームはベタベタするから嫌という方が多いはず。かといって少量しかつけないと日焼け止めクリームの効果が半減してしまいます。
基本的に乳液タイプの日焼け止めは500円玉くらいの量で、クリームタイプの日焼け止めはパール粒2個分くらいの量がおすすめです。日焼け止めクリームを塗る際には、肌に隙間ができないようにムラなく均等に塗っていくことがポイント。

ボディには日焼け止めクリームを1本線乗せたあとに全体に伸ばしていくといいでしょう。顔には、5箇所くらいに日焼け止めクリームを置き、内側から外側に向かって優しく伸ばしたあと、顔全体を包み込むように馴染ませます。

シミにしたくないなら、日焼け止めクリームの上にパウダーファンデーションを

日焼け止めクリームだけでは紫外線をしっかりカットできているか不安な場合や、絶対にシミは作りたくないという美白命の方は、日焼け止めクリームの上にパウダーファンデーションを重ねるといいでしょう。
その理由は、パウダーファンデーションの粉が紫外線散乱剤と似ているから。日焼け止めクリームの上からパウダーファンデーションを重ねることで、サラサラのお肌になれて綺麗に見えるので一石二鳥です。マスクをしている時は頬骨のあたりに集中的に紫外線を浴びやすいので、日焼け止めクリームとパウダーファンデーションを重ね塗りしておきましょう。

日焼け止めクリームの量や使い方を守って美白肌へ

日焼け止めクリームのあとにパウダーファンデーションを重ねた場合、メイクが崩れてきたときは日焼け止めクリームの効果が薄れてきてしまう可能性があるので、軽くティッシュオフしたあとにメイクの上からスプレータイプの日焼け止めを使うとサラサラの肌をキープすることができますよ。日焼け止めを上手に使って、透き通るような美白肌を手に入れましょう!

関連記事