ナッツの食べ過ぎで精神的に不安定?適量でダイエット効果をゲット

ナッツの食べ過ぎで精神的に不安定?適量でダイエット効果をゲット

ダイエットや美容効果が期待できると言われるナッツ類。健康的なお菓子として注目されています。しかしナッツ類を食べ過ぎると太ったり、腹痛や下痢などの不調になったり、様々な副作用があるようです。ナッツの食べ過ぎにならない適量を心がけましょう。

ナッツが食べたくなるときは精神的に不安定な合図?!

望診法の観点では、ナッツが食べたくなるときは、精神的にやや不安定になっていたり、肝臓が弱っている場合が多いとされています。
ビタミンB2が不足すると、脂質の代謝がスムーズにいかないため、口内炎、口角炎、目の充血、角膜炎などを起こします。
体はそれを改善しようとしているため、ビタミンB2を豊富に含むアーモンドやピーナッツを欲していると考えられるでしょう。
ビタミンB2には細部の再生を促進する働きがあり、健康な皮膚、髪、爪を作ります。

ナッツの食べ過ぎはアゴや二の腕の吹き出物のモト

上記で記載した通り、アーモンドやピーナッツはビタミンB2を豊富に含みますが、エネルギーが高いものなので、食べ過ぎは注意しなければなりません。
ナッツ類を食べ過ぎると、「アゴ」や「二の腕」に吹き出物が出てきます。
望診法では、「アゴ」や「二の腕」に出る吹き出物は、乳房や子宮、卵巣などの生殖器にトラブルが出やすくなるというサインであると考えられています。

数を決めて、適量を摂取しましょう

体の声を聞いて、ナッツ類を食べるときは数を決め、適量を食べるようにしましょう。
食べ過ぎさえしなければ、体に必要な栄養素だけをうまく取り入れることが出来るでしょう。

関連記事