「酸化より怖い」と話題!今一番知っておきたい「身体の糖化」とは?

「酸化より怖い」と話題!今一番知っておきたい「身体の糖化」とは?

以前から「身体の酸化」は肌をサビさせ、美肌の大敵だと言われてきました。
ところが、最近それよりもよりオソロシイとされているのが「身体の糖化」なのだとか。
身体をコゲつかせると言われ酸化より老化の進行が早い「糖化」、あなたは大丈夫ですか?

酸化より怖いのはなぜ?糖化の原因と美容に大敵の理由とは

最近、健康をテーマにしたバラエティ番組やさまざまなコラムでも取り上げられている「身体の糖化」。
「酸化は身体に良くないことだと聞いてはいるけれど、それよりも糖化が怖いって本当?」と、首をかしげている方もいるかもしれません。

分かりやすく比べるなら、酸化は「身体をサビつかせる」ことですが、糖化は「身体をコゲつかせる」ことなのだとか。
身体が糖化してしまうことで、私たちにとってどのような影響が及ぶのでしょうか。

【糖化の原因って?】
食べ物に含まれる糖質は、一度、小腸などで吸収され血液の中に溶け込み、エネルギーとして消化されます。
ですが糖質を摂り過ぎている場合はそこで消化されず、余った糖が体内のタンパク質と結びつきます。

元々、私たちの身体は多くの部分がタンパク質により構成されています。余分な糖質がタンパク質と結びつくことで、AGE(終末糖化産物)と呼ばれる老化物質に変化するそうです。

実はこのAGEは老化を促進する物質で、体内にどんどん蓄積されていくことで肌の衰えや劣化を引き起こすのだとか。
タンパク質が糖化すると、体内の透明なコラーゲンやケラチンなどが、黄色や茶褐色に変化していきます。
その色が肌のくすみ、シワ、たるみとして表れるのだそうです。
身体の糖化が深刻な場合は、実際の年齢以上に肌が老けて見えてしまいます。
まさに美肌だけでなくアンチエイジングにとって天敵とも呼べる現象なのです。

身体の糖化を防ぐ為に心がけたい3つのことって?

身体の糖化を防ぐ為には、日々の生活習慣や食生活が大切なポイントになってきます。
次に挙げたものの中で自分にできることを、無理のない範囲で実践してみてくださいね。

【身体の糖化を防ぐ為に心がけたい3つのこと】

(1)食品の調理法によって糖化の進行が変わることを知っておく
身体の糖化は、食べ物によっても引き起こされると言われています。
食品に関して言うと、加熱する温度が高ければ高いほどAGEが増えてしまうのだとか。
糖化の少ない順番としては「生」「ゆでる」「蒸す」「煮る」「焼く」「揚げる」の段階で、揚げることが一番糖化のリスクが高まるのだそうです。
ちなみに、電子レンジやオーブンによる加熱は大量のAGEが発生する原因の一つ。
使用頻度には注意しましょう。

(2)食事の順番に気をつける
食事の摂り方で血糖値の上がり方は変わります。
血糖値の上昇を緩やかにすることが、ダイエットだけでなく身体の糖化を防ぐことにも効果的なのだとか。
食事の順番は「野菜」「汁もの」「メイン料理」「ご飯」の流れで摂るようにするのがポイント。
最初に野菜を口にすることで食物繊維の働きにより糖質の吸収が遅くなり、お腹も少し膨れる為、暴食を防いでくれる効果もあります。
その後にメインの魚や肉料理を食べ、最後に糖質を多く含むご飯を食べることで、血糖値の上昇を大きく抑えてくれるのだそう。

(3)砂糖の多く含まれる食べ物は控える
なんといっても、体内に取り込む糖質が多ければ多いほど、糖化のリスクは高まります。
たとえば缶コーヒー(加糖)や炭酸ジュースなどには大量の白砂糖が使われていることは有名ですよね。
白砂糖には中毒性や依存性もあると言われています。
毎日の生活習慣の中で頻繁に口にしている物がある場合は、控えめにした方が良いでしょう。
また、炭水化物の摂り過ぎにも気を配ることが大切です。
白米、そうめん、うどん、小麦粉などは血糖値の急激な上昇を促すと言われています。
摂る量を少なめにする、玄米や雑穀米、そば、ライ麦パンなどを選ぶようにするなど工夫してみるのもオススメです。

これからは身体の酸化だけでなく糖化にも注意し、まずは日々の習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

関連記事