イライラだけじゃない!「カルシウム不足」で太るって本当?

イライラだけじゃない!「カルシウム不足」で太るって本当?

一見、全く関係のないように思われる「カルシウム」とダイエットの関係ですが、実は深い関係があります。どうして「カルシウム不足」で太るのか、また、カルシウムの摂取方法についてご紹介します。ぜひダイエットに役立ててください!

「カルシウム不足」で太る?! ダイエットとの意外な関係

「カルシウム」と言うと、骨や歯の主成分・イライラ防止効果を持つ、というイメージが強く、ダイエットと関係があるとご存知の方は、あまり多くないのではないでしょうか。
しかし、「カルシウム」と「太る痩せる」ということには、深い関係があるんです。

大人の場合で言うと、人の体内には約1Kgのカルシウムが存在します。
その99%は、骨や歯に含まれるのですが、約1%は血液や筋肉の中に存在すると言われています。
このわずか1%のカルシウムが、ダイエットに関係があるというわけなんです。

実際、カルシウム不足が、身体にどのような影響を与えるのでしょうか。

■脂肪を蓄えやすくなる
血液中のカルシウム濃度は、なるべく一定に保たれるように力が働いています。
しかし、カルシウム不足になると、血液中のカルシウム濃度も下がる為、骨や脂肪のカルシウムを溶かし、血液中に取り込まれるようになってしまうのだとか。
この、脂肪の中に存在したカルシウムには、「脂肪を合成させる酵素」を増やしまうので、脂肪を貯めやすい身体になってしまいます。

■基礎代謝の低下
カルシウム不足は、体温を下げる原因に。体温が一度下がるだけで、基礎代謝は12%近くも下がります。
基礎代謝が下がると、痩せにくく太りやすい身体になってしまいます。

■脂肪を吸収しやすくなる
腸の中にある「胆汁酸」という脂肪の吸収を促す成分は、カルシウムとくっつくと働くことが出来なくなります。
しかし、カルシウムが不足すると、胆汁酸の働きを防ぐことが出来ないので、脂肪を吸収しやすくなります。

これらのことから、カルシウム不足が、太りやすくなる原因と言われています。

「カルシウム不足」を解消!カルシウムの補い方

カルシウムは、たくさん摂れば良いというわけではありません!
理想的な摂取量は、成人女性の場合、600~700mg程とされています。多くても2000mgまでにしておきましょう。

しかし、実際のところ、女性では1日平均489mg程しか摂取出来ていません。
目安として、牛乳コップ一(200ml)で230mg、ヨーグルト100gで120mg、ししゃも2匹で149mg程のカルシウムが含まれています。
1日650mgとなると、意識的に摂取する必要がありそうです。

カルシウムが多く含まれている食材として、以下のようなものが挙げられます。

【乳製品】牛乳・チーズ・ヨーグルト
【魚介類】桜えび・しらす・ししゃも・めざし・煮干し
【豆類】えんどう豆・油揚げ・がんもどき・きな粉・厚揚げ
【海藻類】ひじき・わかめ・昆布・青のり・とろろ昆布

乳製品は、カルシウムの吸収率約50%と高いので、嫌いでなければ、効率良くカルシウムを摂取出来る食材です。
ちなみに、魚介類の吸収率は30%程だとか。

魚の場合は、骨の部分にカルシウムが多く含まれている為、骨ごと食べられるものが良いでしょう。
乳製品に抵抗があるという方は、魚介類や豆類を積極的に摂取してみてはいかがでしょうか?

脂肪を溜め込みやすく、太りやすい体質を作ってしまう「カルシウム不足」。
カルシウム不足で太る、という事態を避ける為にも、意識的に摂取したいですね!
関連キーワード

関連記事