【ヘルシー食の落とし穴】春雨の糖質量は中華麺以上!?麺類の置き換えにベストな食材とは

【ヘルシー食の落とし穴】春雨の糖質量は中華麺以上!?麺類の置き換えにベストな食材とは

日に日に暖かさが増し、そろそろファッションも肌見せが増える季節♪ ダイエットのために、炭水化物やスイーツなどの糖質を控えているという方も多いのではない...

日に日に暖かさが増し、そろそろファッションも肌見せが増える季節♪ ダイエットのために、炭水化物やスイーツなどの糖質を控えているという方も多いのではないでしょうか? そこで登場するのが、ヘルシー食として人気の「春雨」。麺のような見た目とツルツルとした歯触りは食べ応えもあり、中華麺の代わりに春雨を食べるという方も多いですよね。

しかし、実はこれが大きな落とし穴! なんと春雨は中華麺よりも糖質量が多い食材なのです。

春雨1食分の糖質量は、1食分の中華麺とほぼ同じ!

細く透明で、一見ヘルシーそうな「春雨」。一体何から作られているかご存知でしょうか? 春雨の主な原料は、緑豆や芋類のデンプン。緑豆とは芋に似た穀物の一種で、いわば炭水化物のことです。つまり春雨は、穀類や芋類のデンプンから作られる紛れもない糖類! さらにその糖質量は100g中83gと他の麺類に比べても多く、中華麺と比べると約3倍もの糖質量なのです。

もちろん、ほとんどが糖質でできている中華麺と比べ、春雨には食物繊維やカルシウムなども含まれているため栄養バランスは整っています。しかし、春雨1食分(約30g)が中華麺1食分(約100g)と同じ糖質量だと思うと、驚きませんか? ダイエットのために...と置き換えていても、糖質は中華麺と同じ量を摂取しているなんて、とてももったいないですよね。

麺類の置き換えは春雨よりも白滝!

それでも、ダイエット中に麺類が食べたいと思うことってありますよね。そんな方にオススメなのが「白滝」! 春雨とよく似た見た目と食感ですが、白滝は原料が「コンニャク」なので、糖質量はゼロ。さらに、お腹の調子を整えてくれる食物繊維が豊富なので便秘解消効果も期待できますし、鉄分も多く含まれているため貧血気味の方にもオススメの食材です。

白滝の簡単調理法♪

白滝を春雨や中華麺の代わりに取り入れる際には、しっかりと下茹でしてアク抜きすることがポイント。下茹でするのが面倒に感じる方は、小さじ1杯の塩でよく揉み、流水で洗い流すだけでもOKです。

また、耐熱容器に水と一緒に入れ、500Wのレンジで5分間チンするという方法もあります。これならとっても手軽ですよね♪ しっかりとアク抜きしてから調理すると、コンニャク特有の臭みが消え、他の食材と一緒に調理してもとっても美味しく仕上がります。美味しく食べて糖質も気にしなくていいなんて、とても嬉しいですね。

栄養バランスが整っていて一見ヘルシーそうな春雨も、実は糖質量が多かったなんて知らなかった方も多いはず。このような「ヘルシー食の落とし穴」にハマらないためには、その食材が何からできているのかに着目することがとても大切です。これまで中華麺の代わりに春雨を食べていたという方、ぜひ今日から白滝に変えて、賢く美味しくダイエットしてみませんか?

お話を伺ったのは...
ダイエットアドバイザー/フードアナリスト/料理研究家の平林玲美さん

photo:Shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事