あなたの足の爪は大丈夫?春までにしっかり美ケアしておこう

あなたの足の爪は大丈夫?春までにしっかり美ケアしておこう

普段靴下を履いていてあまり目につかない足の爪。でもこれから暖かくなり肌色のタイツやサンダルを履いて足の爪が目立つ季節。ペディキュアをしても汚れていては魅力が半減してしまいます。今から足の爪をケアして綺麗な足元をキープしておきませんか?

春までにしておきたい!足の爪のケア

足の爪は毎日入浴していても、実はよく洗えていない部分。爪の両サイドは靴下の糸くずや余分な角質が溜まりやすく、それらが蓄積されているとなかなか汚れを落とすことができないのです。汚れが溜まると、嫌な臭いや炎症を引き起こしてしまう可能性も…。
そこで可愛いペディキュアをする前に、足の爪をしっかりケアしておきましょう。

超簡単!歯ブラシを使った足の爪のケア方法

入浴や足湯をして足の爪をたっぷり濡らして爪と角質を柔らかくしておきます。
柔らかめの歯ブラシに泡立てた石鹸やボディソープをつけて、足の爪の両サイドを軽く開きながら優しく洗っていきましょう。
ゴシゴシ擦るのではなく、優しくシュッと汚れをかき落とすのがコツ。
仕上げに洗い流して、しっかり水分を拭き取ったらネイルオイルで足の爪を保湿します。
足の爪のケアは、毎日やる必要はなく週1〜2回ほどでOK。
今から足の爪のケアを始めれば、春になって美しい足の爪に可愛いペディキュアを施すことができますよ。

足の爪をケアして足元から美しく

足の爪は非常に汚れが溜まりやすいので、お風呂で柔らかくしてから泡立てた石鹸と歯ブラシを使ってこまめに汚れをかき落としてあげましょう。
足の爪を清潔にしておけば、足の臭いも次第に気にならなくなってきます。
足の爪をケアしてペディキュアやサンダルなどのおしゃれを思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事