美ボディを目指してダイエット!食べ過ぎを防ぐためには…?

美ボディを目指してダイエット!食べ過ぎを防ぐためには…?

ダイエットに興味がある女性からのお悩みで多いのは「ついつい食べ過ぎてしまう…」「口寂しくて間食がやめられない…」など。これを回避するための対処法について今回はご紹介いたします。ダイエットを成功させたい女性には必見です!

食べ過ぎないためのダイエット法とは?

どうして食事は「一日3食バランス良く」食べる必要があるのかご存知ですか?お金に例えて考えてみましょう。もし、毎月のお給料がバラバラに入ってきたら、あなたはどうしますか?例えば毎月20万円だったお給料が突然5万円になったり、40万円になったり。収入がいくらであろうと、家賃や生活費などの固定費は毎月必ずかかってきます。そのため、多く入ってきたら少ないときに備えて、できるだけお金を貯めようとしますよね。
実は人間の体も同じなのです。収入を食事の摂取カロリー、支出を消費カロリーとして考えた場合、食事の時間や量が決まっていないと、体はいざというときに備えて、貯蓄、つまり「脂肪」を貯めようとします。そして体は節約かとなり、できるだけカロリーを使わない体質になります。すると、「痩せにくい体」が出来上がってしまうのです。
給料は毎月決まった日に決まった金額が入ってくるから安心して使うことができますよね。
体も決まった時間にバランスよく栄養が入ってくると、安心してエネルギーを消費できるのです。
朝昼夜の食べる時間を6時間の間隔にして、3食の食事の時間はある程度決めておくのがベストです。
普段は少食なのに太っている人は、たまにある飲み会やビュッフェで食べ過ぎたり、ときどきストレス食いをするなど、「定期的に食べていないこと」に原因があることが多いのです。

ダイエットの毒?お菓子がないと口寂しい、という方はシュガーホリックの可能性も

お菓子がないとイライラする、口寂しいという方は、シュガーホリックの可能性があります。シュガーホリックとは、その名の通り砂糖中毒のことです。糖分は脳内の神経伝達物質で快感を促すドーパミンや、落ち着いた気持ちにするセロトニンの分泌を促します。だから甘いものを食べるとホッとするのです。

糖類は大きく分けると単糖類と多糖類があります。食べてすぐ甘いと感じる、砂糖、チョコレート、ブドウ糖でできているのが単糖類。お米やうどんなどの主食、穀物などが多糖類となります。単糖はすぐに吸収され、すぐに血液へ血糖(グルコース)という形で流れ込みます。体内で急速に吸収されるため、血糖値も急激に上がります。疲れたときにチョコレートを食べるとすぐ元気になるのもこのため。でも急激に上がれば、その分下がるのも早く、血糖値が下がると、脳はまた「空腹」と勘違いして糖分を求めます。これがイライラの原因となり、砂糖中毒となっていくのです。

シュガーホリックの疑いがある方は、単糖類のお菓子ではなく、吸収が比較的ゆっくりな多糖類の食品、ひいては食事をとる習慣をつけてください。玄米やライ麦パン、干し芋など、しっかり噛めるものがオススメです。しっかり噛むことで食事のスピードが遅くなれば、糖類の吸収も遅くなり、血糖値の上がり方もゆるやかになります。血糖値がゆるやかに上がれば、当然腹持ちもよくなるので、間食の習慣や口寂しくなることがなくなってきます。

ダイエット成功の鍵は「これくらい大丈夫」をなくすこと

私は元65キロのおデブ。今でも食事や運動に全く気をつけなくなると、簡単に1週間で2キロくらい太りますし、ニキビなどの肌荒れを起こします。太るのも肌荒れするのも簡単なのに、戻すのには1週間以上の時間が必要。だからこそ、「これくらい大丈夫」と思わないようにしています。「これくらい大丈夫」の積み重ねはデブのもと。なんとなく食べたバナナ1本を消費するのに必要な運動は散歩で60分。あなたにはその時間がありますか?仕事に、家事に、勉強にと忙しくしながらダイエットも美肌も叶えたいなら、「これくらい大丈夫」の「なんとなく食べ」を止めることが肝心です。なんとなく食べることがやめられない方は、食事記録をつけるのがオススメ。ある日突然、痩せることはありません。毎日「少しずつ」の積み重ねで体は変わっていくのです。

関連記事