ハリのある胸元を目指す!豆乳は優秀なバストアップのサポーター

ハリのある胸元を目指す!豆乳は優秀なバストアップのサポーター

ハリのあるふっくらとしたバストはやはり魅力的です。バスト周りは主に女性ホルモンの影響を受けて変化します。そんな女性ホルモンと似た作用の働きを豆乳が持っていることは知っていますか?今回は豆乳のバストアップ効果についてご紹介します!

豆乳にはなぜバストアップ効果があるのか

そもそもバストアップのメカニズムとは、乳房の中にある乳腺と呼ばれる母乳など作る組織が関係しています。この乳腺を守るためにバスト周りには脂肪がつくため、乳腺が増えることで乳房が大きくなると言われています。

この乳腺の発達を直接的に促す役割を担っているのが、女性ホルモンのエストロゲンです。エストロゲンが分泌されることにより、乳腺が発達し、乳腺を守るための脂肪が増えていきます。

ではなぜ、そこで豆乳なのかというと、豆乳に含まれる大豆イソフラボンには、エストロゲンと似た作用があると言われています。大豆イソフラボンの作用がバスト周りに行き渡ることで、バストアップへの効果が期待できるということです。

最近は飲みやすく調整されている、調整豆乳や豆乳飲料と言われる、ココアや紅茶などジュース感覚で楽しめるものも販売されているため、手軽に始めることができるのも魅力の一つです。

豆乳を摂取する際の注意点

大豆イソフラボンは、特に女性の場合ホルモンに影響を与える成分が含まれるため分量を守って摂取することが大切です。

大豆イソフラボンの安全な1日の摂取量は70〜75mgと言われています。メーカーや調整・無調整豆乳、豆乳飲料などの種類にもよりますが大体豆乳1杯分に相当する量です。

それ以上の摂取を行ってしまうとホルモンのバランスが崩れてしまう恐れもありますので、飲み過ぎに注意しながら続けてください。

また豆乳にはアレルゲンも含まれているため大豆アレルギーと診断されている方や、身体への不調を感じた場合はすぐに摂取を中止してください。
関連キーワード

関連記事