春は花粉の季節!春の花粉性皮膚炎はこうやって防ぎましょう

春は花粉の季節!春の花粉性皮膚炎はこうやって防ぎましょう

この時期、花粉が飛んで鼻水や涙が止まらない!とお悩みの方は多いですよね。それ以外にも花粉で肌が荒れる!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は花粉で肌が荒れてしまった方に肌ケアをご紹介したいと思います。

花粉で肌荒れ?春特有の皮膚炎

春になると気温が上がって春服でおしゃれをしたり、春カラーでメイクを楽しんだりしますよね。しかし、春になると春の植物から花粉が飛び、目や鼻が痒くなります。そして、最近では現代病とも言われる花粉皮膚炎を起こしてしまいます。

みなさんは、花粉皮膚炎になったらどうしていますか?肌がヒリヒリしたり、赤みが出てテンションが下がってしまうので、早めに改善をして春を楽しめるようにしましょう。

花粉皮膚炎の治し方

【スキンケア・ベースメイクを最低限にする】
花粉で荒れてしまった肌は弱っています。化粧水と乳液、日焼け止めに下地、ファンデーションも何度も重ねると肌は傷ついてしまいます。スキンケアはオールインワンのゲルやマルチバームなど、一回でベースを作り、ミネラルCCクリームにミネラルパウダーをつけるといった、最低限に抑えましょう。

【ぬるま湯洗顔】
花粉で弱った肌は過敏になので、刺激の強い洗顔フォームは余計に肌に負担がかかってしまいます。ベースメイクをミネラルベースにしているので、クレンジング剤を使わなくても大丈夫です。熱いお湯では乾燥の原因になり、冷たい水では汚れが落ちにくいので、ぬるま湯で顔洗い、メイクと汚れを落としましょう。


【肌のターンオーバーを促す睡眠と食事】
荒れた肌を再生させるためにターンオーバーを促しましょう。夜22時までに寝て、新陳代謝をビタミンB、弱った肌を助けるビタミンC、E、そして肌の生まれ変わりをサポートするビタミンHを摂取しましょう。

あまりにも肌荒れがひどい時は、皮膚科に行くこともオススメです。肌荒れをすると、テンションがさがってしまいますが、食べ物やメイクの方法を改善して肌がよくなっていくことを楽しみながら美肌を目指しませんか?

関連記事