カンタン・いろいろ!エッセンシャルオイル(精油)の使い方

カンタン・いろいろ!エッセンシャルオイル(精油)の使い方

みなさんは、生活の中にアロマを取り入れていますか?私はアロマランプやディフューザーを使って楽しんでいます。こういったアイテムを揃えないとできないと思っている人も多いと思いますが、実はエッセンシャルオイルは手軽に楽しめるんですよ!

エッセンシャルオイル(精油)とは?アロマオイルとはどう違うの

「エッセンシャルオイル(精油)」とは、植物の香り成分を抽出したエッセンスの事です。

花や果皮、葉や根などを蒸したり、皮を搾ることで抽出します。これは、天然の素材によって、有効成分を高濃度に含有した芳香物質。大量の原料植物から、希少しか採れない貴重なエッセンスだそうです。

よく似たものに「アロマオイル」がありますが、「エッセンシャルオイル(精油)」とは別物です。

100%天然のものは「エッセンシャルオイル(精油)」、合成の香りが混ざっているもの・100%天然でないものは「アロマオイル」と分類されています。どちらがいいというわけではなく、用途によって使いわけるのが賢い使い方です。

注意したいのは、「アロマオイル」は身体に直接つける用途では作られていないこと。肌荒れなどの原因になるため、肌に塗るのは避けましょう。

実は「エッセンシャルオイル(精油)」の方も、法律的には雑貨の扱いになっており、本来的にはマッサージなどに使うことを推奨されている成分ではないという話も…。ただ、3%以下の濃度に薄めたものであれば全身に使っても問題ないと言われています。

植物油で希釈してアロママッサージをしたり、お風呂に入れてアロマバスを楽しむなら、「エッセンシャルオイル(精油)」を使いましょう。

購入の際も、「エッセンシャルオイル(精油)」なのか「アロマオイル」なのかをきちんと把握し、用途によって選ぶのがベストです。

こんな使い方があったの⁉エッセンシャルオイル(精油)の使い方3選

アロマランプやディフューザー、オイルウォーマーなどのアイテムを使った楽しみ方が定番ですが、そういったアイテムがなくても、手軽にエッセンシャルオイル(精油)は使えるんですよ!

【洗濯の時に】
「すすぎ」のタイミングでエッセンシャルオイル(精油)を1~3滴くらい垂らしてみましょう。衣類にほんのりとした香りが漂います。また、洗濯槽の中にも香りが残るため、洗うたびに香りを楽しめますよ!

【バスタイムに】
湯船に5滴ほど垂らしてかき混ぜましょう。香りによってより一層癒されますよ!ゆず等のやわらかい香りがとくにおすすめです。

【トイレの消臭・芳香剤に】
重曹10g程度を小皿にのせ、エッセンシャルオイル(精油)を1~3滴ほど垂らして隅に置くと、消臭・芳香剤に!重曹には消臭効果があると言われており、そこにアロマの香りがプラスされ、良い香りが広がりますよ!


アロマは興味があるけれど難しそうだと考えていた人も、意外と簡単に使えるものだと思っていただけたのではないでしょうか?
ぜひ生活に取り入れて、アロマライフを楽しんでみてください!

関連記事