カンタン・いろいろ!エッセンシャルオイル(精油)の使い方

カンタン・いろいろ!エッセンシャルオイル(精油)の使い方

みなさんは、生活の中にアロマを取り入れていますか?私はアロマランプやディフーザーを使って楽しんでいます。こういったアイテムを揃えないとできないと思っている人も多いと思いますが、実はエッセンシャルオイルは手軽に楽しめるんですよ!

エッセンシャルオイル(精油)とは?アロマオイルとはどう違うの

エッセンシャルオイル(精油)とは、植物の香り成分を抽出したエッセンスの事です。
花や果皮、葉や根などを蒸したり、皮を搾ることで抽出します。天然の素材によって、有効成分を高濃度に含有した芳香物質とされています。大量の原料植物から、希少しか採れない貴重なエッセンスだそうです。
エッセンシャルオイル(精油)の他に、アロマオイルという言葉もよく耳にしますが、実はこの2つは似ているようで別ものなのです。
先ほど述べたように、100%天然のものをエッセンシャルオイル(精油)と呼ぶのに対して、合成の香りが混ざっているもの・100%天然でないもの等がアロマオイルという表記になっているそうです。
しかしこれは、エッセンシャルオイル(精油)が良くて、アロマオイルが良くないという事ではありません。これらは使用用途が変わってくるために注意が必要なのです。
エッセンシャルオイル(精油)もアロマオイルも、香りを楽しむという点は共通しています。しかしアロマオイルに関しては、それ以外の使い方はおすすめできません。
エッセンシャルオイル(精油)は、植物油に混ぜてアロママッサージに使ったり、お風呂に入れてアロマバスを楽しんだりできますが、アロマオイルは、身体に直接つけても大丈夫という表記がなく、そういった用途で作られていないため、肌荒れ等の原因になりかねません。
購入の際は、エッセンシャルオイル(精油)なのかアロマオイルなのかきちんと把握し、用途によってどちらを選んだらよいかを考えて選ぶようにしましょう。

こんな使い方があったの⁉エッセンシャルオイル(精油)の使い方3選

アロマランプやディフーザー、オイルウォーマーなどのアイテムを使った楽しみ方が定番ですが、そういったアイテムがなくても、手軽にエッセンシャルオイル(精油)は使えるんですよ!

【洗濯の時に】
「すすぎ」のタイミングでエッセンシャルオイル(精油)を1~3滴くらい垂らしてみましょう。衣類にほんのりとした香りが漂います。また、洗濯槽の中にも香りが残るため、洗うたびに香りを楽しめますよ!

【バスタイムに】
湯船に5滴ほど垂らしてかき混ぜましょう。香りによってより一層癒されますよ!ゆず等のやわらかい香りがとくにおすすめです。

【トイレの消臭・芳香剤に】
重曹10g程度を小皿にのせ、エッセンシャルオイル(精油)を1~3滴ほど垂らして隅に置くと、消臭・芳香剤に!重曹には消臭効果があると言われており、そこにアロマの香りがプラスされ、良い香りが広がりますよ!


アロマは興味があるけれど難しそうだと考えていた人も、意外と簡単に使えるものだと思っていただけたのではないでしょうか?
ぜひ生活に取り入れて、アロマライフを楽しんでみてください!

関連記事