早めの対策が必須!UVケアのポイント押さえて美肌を作る

早めの対策が必須!UVケアのポイント押さえて美肌を作る

エイジングケアで重要なのが紫外線の予防。日常の紫外線に始まり、屋外で受ける紫外線は、思わぬ光老化の原因に!髪や手などのUVケアを心くばりすることも大切です。1年を通してUVケアに気をつけたい時期や見逃しがちなポイントをご紹介します。

2種類の紫外線に注意!髪も一緒にUVケアする方法

日焼けの原因になる紫外線には2種類あることを知っていますか?ひとつは、UV-Aと呼ばれる生活紫外線。この生活紫外線は、普段の暮らしの中で、洗濯物を干したり、買い物に出かけたりしたときに、知らないうちに浴びてしまう長波の長い紫外線です。UV-Aは、意識できないぐらいの軽い日焼けで済むことが多いので、すぐ元に戻ることが多いのですが、積み重なるとシワやたるみなど老化の原因になることがあるので油断は禁物。

もうひとつは、UV-Bと呼ばれるレジャー紫外線。春の始まりから夏の時期に増加するこの紫外線は強力で、表皮に作用すると肌が黒くなったり、乾燥や肌荒れの原因となるもの。ひどい時はシミや皮膚がんになる場合もあるので、注意したい紫外線です。
UV-AとUV-B、2種類の紫外線があることがわかりましたが、じつは日本人の肌は、紫外線吸収剤の役割を果たすメラニン色素の量が少ないという特徴があるのです。

メラニン色素は、生きていく上で人間の皮膚には欠かせないもの。もしも人間の身体にメラニン色素がなければ、少し日光を浴びただけで紫外線が皮膚の奥深くまで入り込み、水ぶくれや炎症を起こすことになるのです。ひどい時には、DNAを破壊し皮膚がんになってしまうこともあるのだそう!メラニン色素を含んだ表皮細胞は、肌のバリアとなって守ってくれる重要な役目があるのですね。

メラニン色素は皮膚を守ってくれる役目を持っているはずなのに、シミの原因になるのは不思議ですよね。通常の紫外線の量なら適正な働きをしてくれるのですが、紫外線を浴びすぎた時に注意が必要なのです。多くの紫外線を浴びれば浴びるほど、メラニン色素は肌を守ろうとして活発な活動をします。するとメラニン色素を作り出すメラノサイト(メラニン形成細胞)が暴走してメラニン色素の生成が止まらなくことがあるのです!過剰になったメラニン色素はそのままシミになり、私達の肌に残っていくのです。

新陳代謝が活発な若い年齢のうちは、シミなんてできてこともなかったのに…。若いうちはターンオーバーが活発なので、少しの日焼けをしても自分の肌の力で余分なメラニン色素を一掃できていましたよね。でも年齢を重ねると、肌の細胞が入れ替わるターンオーバーのサイクルが乱れがちになります。そのため、肌から去ってほしいメラニン色素がなかなか去ってくれず、そのままシミとして残る結果に。アラサー・アラフォーになると、紫外線を浴びない工夫とUVケアが必要になるのは、こんな理由からなのです。

日焼けはもちろん、シミやシワなど肌の老化を知らないうちに促進してしまうことがないように、きちんと基本のUVケアをすることは、若々しい肌を保つためのエイジングケアの視点からも大事なことを意識していてください。

意外と忘れがちですが、肌のUVケアと共に気にかけたいのが髪のUVケア!髪のUVケアをしないでいると、紫外線はそのまま毛髪に吸収されます。髪がぱさついたり、ヘカラーが褪色したり、抜け毛や切れ毛の原因になったりと、髪も肌同様紫外線にさらされると大きなダメージを受けます。

髪のUVケアってどうすればいいのでしょう?使いやすいのは、髪のUVケア専用に開発されたスプレー。髪が長い方や海やプールなど長時間紫外線にさらされるときにおすすめです。ほかには、使っているだけで自然にUVケアができるオイルタイプのトリートメントなら、紫外線をカットしながらトリートメント効果も期待できます。スプレーもオイルも苦手!という方は洗い流さない日焼け止めトリートメントミルクもあります。

紫外線は3月から急増!UVケア必須・ハンドクリームも忘れないで

あなたは、1年のうちどれくらいの期間UVケアを気にかけていますか?暖かくなって日差しが少し強いかなと感じ始める4~5月頃という方が多いんじゃないかと思います。じつは4~5月頃から始めるのでは遅いといわれています。3月に入ると紫外線自体のパワーは強烈ではないものの、冬の間の紫外線に比べるとぐんと量が増えます。肌のターンオーバー周期(28日)を元に考えると、比較的紫外線が少ない2月頃に生まれた肌が、3月になって紫外線を受ける計算になります。

寒い冬から暖かい春へ向かう3月頃。気候が暖かくなったのがうれしくて、長時間外で過ごす機会が増えます。この時期は日差しもそれほど強くないイメージがありますが、長い時間屋外にいることにより、結果的に多くの紫外線を浴びることになるのです。紫外線が少ない冬を過ごした肌は、無防備で耐性も弱くなっています。UVケアを始めるのは3月がベストなのは、こんな理由からです。まだ肌寒い日もある3月、UVケアが必要なの?と思う方もいるかもしれませんが、この時期はアフターケアよりも紫外線を浴びないようにすればOKなので、基本の対策をすればOKです。

3月のUV対策として重点を置きたい日焼け予防には、どんな方法が効果的なのでしょうか?日焼け止めの使用が基本ですが、通勤・通学程度で外に出る機会がある方はSPF30を、長時間屋外にいるという方はSPF50を目安に選んでください。 この時に注意いたいのが、日焼け止めの量。ポイントは「500円玉大の量の日焼け止めを顔にムラなく広げる」こと。「えっ?500円玉大?意外とたっぷり塗るのね?」と思われた方もいるのでは?きちんとした効果を得るためには、この量がポイント!塗っているだけで安心してじつは予防になっていなかったということを防ぐためにも、この量の目安は守ってくださいね。

長時間屋外で過ごす日は、朝だけではなく3~4時間ごとに塗り直したほうがベターです。ずっとオフィスの中にいるという方でも、窓際など光が当たる場所で仕事をしている方は、塗り直しを心がけましょう。メイクをしている方は、パウダータイプやスプレータイプの日焼け止めを持ち歩き、メイク直しの時にプラスするのがおすすめ!3月頃は、冬の間の乾燥でダメージを受けていて、肌のコンディションがあまり良くないこともあるので、面倒がらずにUVケアをすることが大事です。

そして、手のUVケアも忘れずに。手も肌と共に紫外線にさらされていますが、なにもしていないという方が多いのでは?手のUVケアには、顔に使用した日焼け止めをつける方法もありますが、少し塗りにくい場合も。そんな時は、UVケア専用のハンドクリームがおすすめです。夏など暑い時期にハンドクリームは使わないという方もいると思いますが、老化を防ぐためには手のUVケアを忘れないようにしましょう。

UVケア大丈夫?一番日焼けしやすいのは6月!

6月頃になると目に見えて日差しが強くなるので、「UVケアをきちんとやらなければ!」と気持ちが引き締まりますね。6月は5月に比べると実際に紫外線の量は増加し、1年のうちで一番紫外線量が多くなる時期。夏といえば8月が本番というイメージがあるので、8月頃の紫外線が一番強いという思い込みを持っている人が多いかもしれません。でも6月~7月が、1年のうちで最も紫外線量がトップレベルを記録する時期ともいわれているのです!暑さが厳しい8月よりも強い時があるなんて意外ですよね。

この時期UVケアをしないで外に出るということは、アラサー・アラフォーの女性にとっては、かなりの勇気がいること。あっという間に日焼けしてしまうので、UVケアは必須といえますね。

6月のUVケアで気をつけたいのが、梅雨。この時期のUV対策は、曇りや雨の日が多くなることから気を抜きがち。曇りがちの天気だからなんとなく日焼け止めはいらないかなと怠ってしまうのですね。薄曇りの日でも紫外線は晴れ日の60~80%、雨の日では30%程度降り注いでいます。この数値、意外と高いと思いませんか?

確かに雨の日だと、太陽が出ていないから紫外線はゼロなんじゃないの?と思ってしまうのは無理もありません。曇りの日でも、12月あたりの快晴の日に比べると紫外線量は2~3倍にもなるのです。これを考えると、しっかりしたUVケアが必要なことがわかります。
曇りの日に外出して、うっすらと日焼けしてしまったという体験はありませんか?小さな水や氷の粒子が集まってできている雲は、水分でできているため紫外線を通してしまいます。そのため空にたくさんの雲があっても、紫外線は私達の肌に到達してしまうのです。特に表皮の裏側にあり、肌組織の大部分を占めている真皮にまでダメージを与えるUVーAは、曇りや雨の日に多くなります。曇りの日に、雲の間から差し込む日差しには特に注意が必要!雲の間を通過する紫外線が、雲の組織に乱反射して光が増幅するため、快晴の日の紫外線量を超えることもあるのだとか。

曇りの日と同じく注意したいのが日陰。ぎらぎらした直射日光を避けて日陰にいるときにも、晴天下の50%の紫外線が届いています。都会の街中では、紫外線を反射させる建造物が多いため、日陰にいてもたっぷりの紫外線を浴びることになってしまうのですね。

1日のうちで最も紫外線が降り注ぐのは、10時から14時の間ですが、この時間に1日の紫外線量の約60%が降り注ぐといわれています。気温が高くなる時間でもあるので、この時間は外出しないというのもひとつの方法です。

外出する時は、日焼け止めをしっかりと塗り、肩など露出している部分、鼻の頭やおでこなどは、途中でこまめに塗り直すといいでしょう。うっかり忘れてしまうのが、あごの下!地面からの照り返しで日焼けしてしまうので、日焼け止めを忘れずに塗ってくださいね。

見逃しポイントチェック!UVケア対策グッズで効果をあげる方法

UVケアって1年中必要なのでしょうか?東京を例にしてみると、紫外線の量が少なくなるのは、11~1月の3ヶ月間のみ!この3ヶ月を除く春から秋はしっかりと対策をする必要がありそうです。11~1月の期間でも、沖縄など冬でも気温が高く日差しが強い地域では、通年でのUVケアが必須となりますし、普段の暮らしで外出する機会が多い方や、スポーツなどをする場合もケアが必要です。

若いころは、夏だけがんばればいいと思っていたUVケア。エイジングケアが気になる立場から見ると、夏以外の時期ものんきにしていられないということですよね。日焼けやシミ、シワなどを引き起こす光老化は、できることなら予防したいです。

そこで、UVケアで見落としがちなポイントとその対策をご紹介します。うっかり日焼けを避けるためにも注意したいこと。それは、汗。6月から夏本番の時期は、少し外に出るだけでもすぐに汗をかいてしまうもの。せっかく塗った日焼け止めが汗で流れると効果は半減してしまいます。せっかく塗ったのに汗で流れてしまっては、意味がないことに。

今日は長時間外にいて汗をかきそうという日や、海やプールに行く日などは、スポーツ用に開発された日焼け止めの利用も検討してみてください。激しい運動をすればするほど(=汗をかけばかくほど)、肌に日焼け止めがフィットし効果が落ちない製品。汗が加わることで、日焼け止めの成分が均一に広がり、日焼け止めの効果が2割り増しになるという日焼け止めが発売されています。ただ、このような高性能の日焼け止めを使う場合でも、効果を保つためにはまめに塗りなおす必要があります。通常のものと同じように、3~4時間おきに塗り直すのが理想的です。

ほかに見逃しがちなポイントは、日焼け止めの使用量。日焼け止めは、メーカーが推奨する量をしっかりと使わないと効果が出ません。うっかり日焼けで多いのが、適正量を使用していないことから来ていることが多いとか!たくさん塗ると肌に悪いかなとか、節約して少な目にしてしまうのは効果が半減するというより、効果がほとんど出ていない場合も。せっかく塗ったのに効果なしなんてがっかりですよね。そんなことがないように、たっぷりの量を出して塗るようにしてください。日焼け止めを塗っているのに、少しずつ日焼けしているような感じがする方は、使用量を見直してみましょう。

日焼け止めを既定の量を塗ればもう安心といいたいところですが、残念ながらそれで完璧とはいえないのです。より効果を出すためには、UV対策グッズとの合わせ技がおすすめ。代表的なUV対策グッズといえば日傘が思い浮かびます。おすすめしたいのは晴雨兼用の傘を使うこと。どんな天気の日でも紫外線を防御してくれるので、紫外線が強い時期の雨傘としても強い味方になってくれます。

ほかに、仕事で外回りが多いという方は、履くだけでUVケアができる UVケアストッキングなどもおすすめ。オフィスワークで1日室内にいるという方は、夏の紫外線が強い時期は、室内に降り注ぐ紫外線を防ぐUVカーディガンがあれば、紫外線が強い時期でも安心。白い色は紫外線を透過させてしまいやすいので、濃いめの色を選びましょう。
関連キーワード

関連記事