オリーブオイルは食べて良し、塗ってなお良しの万能美容食材だった!

オリーブオイルは食べて良し、塗ってなお良しの万能美容食材だった!

オリーブオイルは、ヘルシーな食用油として注目されています。それだけではなく、さまざまな美容効果があることでも知られているのです。ここでは、オリーブオイルの基礎知識やいろいろな使い方をご紹介していきます!

スーパーフード・オリーブオイルについて知ろう

オリーブオイルとは、オリーブの実から抽出される油のこと。オリーブオイルには、様々な美容・健康効果があるといわれています。

まず、他の油と比べてオレイン酸が多く含まれているため、悪玉コレステロールを軽減する働きがあるとされています。オレイン酸は腸の働きを促進するため、便秘の解消にも効果が期待できます。

さらに、ビタミンEやβカロテン、ポリフェノールなどの抗酸化物質も豊富に含み、生活習慣病を予防する効果があるのではないかともいわれています。

抗酸化物質を摂取することで肌の老化や乾燥を予防する効果も期待することができます。また、ビタミンEには血行促進作用もあるため、肌や髪に必要な栄養を行き渡らせるのを助けてくれますし、冷え性の改善などにも効果があるとされます。

酸化しやすい植物油の中で、オリーブオイルは酸化しにくいという特徴もあります。そのため、加熱調理に使用しやすい点もオリーブオイルの優秀なポイントです。

●オリーブオイルの種類
オリーブオイルには大きく4つの種類があり、成分や風味、適した用途に違いがあります。

・エクストラバージン・オリーブオイル
一番搾りのオリーブオイルで、未精製のものをいいます。低温圧搾法という熱を加えない製法で抽出され、化学物質などの添加はされていません。
オリーブオイルの中でも最も品質が高く、ビタミンEやポリフェノールも最も多く含みます。
生食に適していて、そのままスプーンで飲むこともできます。加熱調理にも使えますが、低温で使用するのがベスト。

・バージン・オリーブオイル
一番搾りのエキストラバージンに対して、二番搾りのものをバージン・オリーブオイルと呼びます。
エキストラバージン・オリーブオイルに比べて、ポリフェノールの含有量は少なくなります。
加熱調理に適していますが、揚げ物など高温調理には向きません。

・ピュアオイル
バージン・オリーブオイルと精製オリーブオイルをブレンドしたもの。精製オイルが配合されている分、未精製のものよりも品質は劣ります。

・精製オリーブオイル
バージン・オリーブオイルに脱臭、脱色、脱酸などの加工を施したオリーブオイル。無味無臭です。本来のオリーブオイルの美容成分はほとんど失われているともいわれます。

●オリーブオイルの正しい保存法
オリーブオイルは酸化しにくいといわれていますが、全く酸化しないわけではありません。酸化してしまったオリーブオイルは美容・健康効果が十分に期待できないどころか、体の害になってしまうことも。正しい保存方法で酸化を極力防ぐようにしましょう。

(1)ガラス瓶で保存する
オリーブオイルは空気に触れることで酸化がすすみます。ガラス製の密閉容器で保存するようにし、開封後はできるだけ早く使いきるようにしましょう。

(2)濃色の容器で保存する
オリーブオイルの成分は、光に当たることで分解されてしまいます。濃緑や茶色など、光が透過しにくい色の容器に入れましょう。

(3)冷暗所で保存する
品質が劣化するのを防ぐため、日光が当たらず涼しい場所に保管するようにしましょう。ただし、冷蔵庫など温度が低すぎる場所は、オイルが冷えて固まったり分離することがあるため適しません。

ダイエット効果も!オリーブオイルで便秘解消

オリーブオイルに含まれるオレイン酸には、便通を改善する働きがあるといわれています。適量のオリーブオイルを摂取することで潤滑油のような働きをし、するっと排便を促してくれるのです。

また、オリーブオイルをはじめとする良質な油には、一緒に摂取した食物が吸収されるのを遅らせ、満腹感を持続させる効果があるともいわれています。そのため、オリーブオイルは、便秘解消やダイエットの強い味方として注目されているのです。

●オリーブオイル習慣で便秘解消
オリーブオイルを食習慣の中に取り入れることで、便秘を解消し、排便がスムーズにできる体作りができるのだとか。さっそく1日のサイクルを見ていきましょう。

▽夕食に野菜+オリーブオイルを
初日の夕食には、たっぷりの野菜にたっぷりのオリーブオイルをかけたものを摂りましょう。少量の塩やこしょうなどで風味をつけてもOKです。
野菜に含まれている食物繊維と水分には、腸をきれいにし、硬くなった便を弛める効果が。さらにオリーブオイルの効果で便のすべりも良くなります。

▽お風呂で腸を温める
次に腸の働きを促すために、湯船にゆっくりと浸かり腸を温めます。

▽就寝前に腸を動かす運動を
寝る前には、腸を刺激し働きを促すストレッチを行いましょう。
仰向けで膝を立て、手は体の横に伸ばします。お腹に力をいれてゆっくりとお尻を上げたり下ろしたりします。10回程度繰り返しましょう。

▽朝食は摂らない
起床から昼にかけては、体が排出を行う時間帯。便秘の解消を目指す場合は、この時間帯には何も食べないのがベストとされています。
エキストラバージン・オリーブオイルを1さじ飲むのも効果的。

▽昼食は野菜中心に
昼食は野菜を中心に水分を多く摂ることを心がけましょう。たっぷりとオリーブオイルを摂ってもOK

▽バランスのとれた夕食を
栄養を補うために、バランスのとれた食事をしっかりと摂りましょう。

このようなサイクルを繰り返すことで、溜め込まず便秘しにくい体が作られていくのだそう。適度な運動を取り入れることができればベターです。

●お手軽に便秘解消できる?「オリーブオイルヨーグルト」
上のようなサイクルを繰り返すのが難しい方におすすめなのが“オリーブオイルヨーグルト”です。
作り方、摂り方は簡単。ヨーグルト500gにオリーブオイルをかけたものを毎日食べるだけです。ヨーグルトに含まれる乳酸菌には整腸作用があります。そのため、オリーブオイルとの組み合わせは、便秘解消のための最強タッグといえるかもしれません。

上でも述べたように、オリーブオイルは満腹感を持続させるため、他の食べ物を食べる量も減らすことができます。また、腸の調子がよくなると、老廃物を溜め込まないことにくわえて、腸の運動量が増えた分だけ基礎代謝量が増加します。そのため、オリーブオイルヨーグルトを継続して摂ることで、痩せやすい体質に変わる効果も期待できるといわれています。

髪に唇に…オリーブオイルは塗ってもOK

オリーブオイルは、食べるだけでなく髪や肌に塗って使用することでも、高い美容効果が期待できます。

●オリーブオイルを使用したヘアケア法
オリーブオイルを髪に塗ることで、トリートメント効果や熱や紫外線から髪を守る効果があるとされています。具体的な方法をご紹介しますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

・オリーブオイルトリートメント
スプーン2杯程度のオリーブオイルを手に取って、髪全体に馴染ませます。蒸しタオルを作って髪を包み込み、蒸します。しっかり蒸したら、いつも通りシャンプーで洗いましょう。

・熱や紫外線から守る
ドライヤーをかける前に、スプーン1杯程度のオリーブオイルを毛先を中心に塗りましょう。熱から髪を守れるだけでなく、髪の毛に潤いをプラスする効果も。
外出前に少量のオリーブオイルを髪全体に塗れば、強い紫外線からも髪を保護することができるといわれています。

●オリーブオイルとハチミツで唇パック
乾燥した唇のケアにおすすめなのが、オリーブオイルとはちみつを使った方法です。
オリーブオイルがもつ保湿効果と、ハチミツがもつ殺菌・消炎効果で、荒れた唇の保湿はばっちり。どちらも食品なので、口に入ってしまっても安心なのがうれしいポイントです。

《用意するもの》
・オリーブオイル
・ハチミツ
・ラップ
・蒸しタオル
・コットン

《方法》
(1)レンジなどで蒸しタオルを作る。
(2)ラップを唇を覆う大きさにカットする。
(3)唇にオリーブオイルとハチミツをたっぷりと塗り、ラップで覆う。
(4)蒸しタオルを乗せて5~10分ほどおく。
(5)唇をコットンでそっと拭き取る。

リップや口紅を塗っている場合は、オフしてから行いましょう。
ラップでパックをする時間は、唇のコンディションを見て調整してもOK。蒸しタオルはしなくても大丈夫ですが、美容成分の浸透を促す効果が望めるため、できるだけ用意するのがおすすめです。

●オリーブオイルと砂糖でシュガースクラブ作りもおすすめ
美容に興味のある方の間で話題となっているのが、シュガースクラブです。シュガースクラブはいろいろなメーカーから発売されていますが、オリーブオイルと砂糖さえあれば、自宅でも簡単に作ることができます。シュガースクラブでガサガサ唇をケアすれば、荒れた状態をリセットすることができますよ。
まずは、砂糖とオリーブオイルを用意して、混ぜ合わせましょう。使うときは指先に取ってくるくると唇を擦るようにします。これだけで、ごわごわと皮が浮き上がった唇が、スッキリときれいに。それだけではなく、しっとりと潤いもプラスされます。シュガースクラブの後は、リップヴァームで仕上げのケアをしましょう。
さらにリップヴァームの上からラップでパックをするのもおすすめです。つるんと柔らかな唇を、たった1回のケアで取り戻すことができますよ。リップメイクのノリもよくなるので、大事な場面のまえのスペシャルケアに。

オリーブオイル洗顔で角栓対策

オリーブオイルは、顔の角栓対策にも使うことができるんです。オリーブオイルを使った洗顔をすることで、顔の角栓を取り除くことができます。

●洗顔にはエキストラバージンオリーブオイルを使う
洗顔やクレンジング専用のオリーブオイルが販売されていますが、角栓対策の洗顔には、食用として販売されているエキストラバージンオリーブオイルを使うのがおすすめです。
洗顔用のオリーブオイルは、界面活性剤が使われているものが少なくなく、肌に余計な刺激を与えてしまう可能性があるからです。一方のエキストラバージンオリーブオイルはもともと口にするものですから、天然の成分以外含まれていません。そのため、肌に対しても優しく、負荷が少なく済むわけです。敏感肌など、あまり肌が強くない人も心配せずに使いやすいという点で、角栓対策にはエキストラバージンオリーブオイルがおすすめなのです。

●エキストラバージンオリーブオイル洗顔で角栓対策する方法
それではさっそく、具体性な角栓対策の洗顔方法をご紹介していきましょう。

《用意するもの》
・エキストラバージンオリーブオイル
・ティッシュ
・タオル(蒸しタオル用)

《方法》
(1)オリーブオイルを大さじ1杯程度手に取ります。
(2)人差し指、中指、薬指の3本で、オリーブオイルを塗り、なじませていきます。角栓が目立つ部分(鼻の頭など)から塗り始め、おでこや頬、口の周りへと塗り広げるように洗顔していきます。
(3)一通り洗顔できたら、ティッシュを使いオリーブオイルを拭き取っていきます。
(4)電子レンジなどで蒸しタオルを作り、オリーブオイルを除いた後の顔の上に乗せます。そのまま10秒程度おき、顔を温めます。
(5)蒸しタオルを取り、いつもどおりに洗顔料を使って洗顔すればOK。※乾燥肌の方の場合は、最後の洗顔はしなくても問題ないでしょう。

●オリーブオイルを使った角栓対策の注意点
オリーブオイルで洗顔をするときに、注意するべきポイントがいくつかあります。
まず1つめは、洗顔中にゴシゴシと強く擦りすぎないことです。
早くきれいに角栓を取り除こうとする気持ちから、つい一生懸命ゴシゴシと擦ってしまう方は少なくないようです。しかし、強く擦る洗顔のやり方では、肌にかえってダメージを与えてしまいかねません。オリーブオイルを肌になじませていくように、やさしく撫でるように先願をするのが理想的です。
ポイントの2つめは、洗顔の後のスキンケアを念入りにすることです。
せっかく角栓が取り除けたのに、開きっぱなしの毛穴をそのままにしていたら、再び汚れで詰まってしまうでしょう。洗顔の最後のすすぎには、冷水を使って毛穴を引き締める、化粧水などを用いてしっかりとスキンケアをするなど、洗顔後の対策も怠らないようにしたいですね。
関連キーワード

関連記事