女性らしさを楽しむシンプルなオーガニックスキンケアのすすめ

女性らしさを楽しむシンプルなオーガニックスキンケアのすすめ

美容意識の高い女性を中心に大人気のオーガニックコスメ。最近よく聞くようになったけれど、一体何がいいの? オーガニックライフスタイルのエキスパート・神田恵実さんに、心、肌、身体に効くオーガニックシンプルケアを教えてもらいました。
オーガニックライフスタイルvol.8_後編
【神田恵実さんとは】
ファッション&ヘルシーを意識する女性たちから熱い支持を集めるオーガニックコットンウエア『nanadecor(ナナデコール)』のディレクター。心と身体に嬉しいアイテム&情報を発信し続けている。

ブランドの歴史や作り手の想いにも注目!スキンケア用品の選び方

——スキンケアアイテムは、どのような基準で選んでいますか?

「いろいろと好みもあると思うのですが、私の場合は【老舗ブランド】ということはひとつの選択基準になりますね。歴史が深いものは、やはり信頼感があります。実証された生活の知恵が入っていると思います。

もうひとつは、作り手との関係性。その製品は、誰がどんな理念で作っているのか、創始者は信頼できる人なのか、どのような素材でどのような過程を経て作られているのか、そういうものづくりの姿勢は気になりますね。

あとは、自分との相性。オーガニックだからすべてがいいと言う訳ではない。植物ってパワーがある分、かぶれてしまったり、刺激を感じる場合もありますから、自分にとってパワーを感じるものであることが大事ですね」(神田さん)

化粧品は気分で使い分け!楽しみつつもシンプルケアで肌を甘やかさない

——化粧水もいくつかを使い分けているとか?

「3種類くらいのアイテムを肌の状態や気分で使い分けています。シンプルなケアが好きなので、基本ステップは化粧水とオイルのみ。使用アイテムが少ない分、化粧水をいくつか使い分けることでスキンケアのバリエーションを楽しんでいます」(神田さん)
「さっぱりとした使い心地の『ネロリア』(写真中央)は、リフレッシュしたい時やクレイマスク後の水分をしっかり入れたい時に。しっとり感たっぷりの『アルゲラン』(写真左)は、夜に使うことが多いですね。使用後の肌がもちっとします。『ナチュラルサイエンス』の『オリゴミルク』(写真右)は乳液なのですが、化粧水感覚で使っています。肌が疲れている時にうすく塗るだけで水分と油分を同時にしっかりチャージできます」(神田さん)

——化粧水のあとに美容液やクリームは使用しないんですか?
「化粧水の後は、『ママベビー』の『オーガニックオイル』のみですね。こちらはスリランカ産のセサミオイルで、15度以下の低温で絞り出した酵素が生きているオイルです。

化粧水、オイル、化粧水、オイルと何度か重ねていくと、肌にぴたっと入ったという感覚になるタイミングがあるので、そこまで重ねます。美容液レベルの栄養分がたっぷりとつまったオイルなので、ほかのアイテムは重ねません。

すばやく浸透しベタつかないので、ハンドクリーム代わりにも使用できます。全身に使えるので旅のお供にもぴったりです」(神田さん)

メイクもスキンケア感覚で

——メイクにはどのようなこだわりがありますか?
「メイクも引き算が基本。スキンケア感覚でシンプルに使えて、美しさも十分に引き出してくれるコスメがたくさんあります。例えば、ファンデーションなら、『アムリターラ』の『アメージング オーガニックファンデーション クリーミーモイスチャー SPF50+ PA++++』。開発者のこだわりが伝わってくるブランドで、製品のクオリティがどんどん高まっている。

このファンデーションはすごく伸びがよくて、カバー力もあり、コンシーラー的な使い方にも向いています。私の場合、ファンデーションは顔全体ではなく、気になる部分にのみ使用。塗る時は、スポンジではなくブラシを愛用しています。その方がムラにならず、仕上がりが美しいというのが驚きでした。

この『yuki blush』 は、メイクアップアーティストのyUkiさんが熊野で開発したブラシで、メイクの仕上がりが格段に変わる便利アイテムです」(神田さん)
「カラーアイテムはあまり使わないのですが、少し色が欲しい時は、カラーリップを使用したり。唇の自然なツヤ感アップには、『マルティナ』の『プロテクトクリーム』を使用しています。オーガニックのアイテムすべてに言えることですが、肌、髪、手などすべての部位に使えるのが魅力ですね。

もともと肌のトラブルが多くて、オーガニックに限らず、評判のいいコスメに次々手を出していました。でも、シンプルなケアをしている今の方が肌のコンディションがいいんです。肌は季節や年齢など、その時々によって変わっていくものだと思いますが、それに寄り添ってくれるのがオーガニックコスメ。自分の肌をサポートしてくれて、本来の状態を引き出してくれるものだと思います」(神田さん)

睡眠はどんな美容液やサプリにも勝る

——眠りをとても大切にされているそうですね。神田さんがディレクションする『nanadecor』では、オーガニックコットンのナイトドレスを中心に扱っていらっしゃいますが、特にナイトウェアに注目された理由は?
「睡眠はすべての基本だと思っています。寝る時には、『nanadecor』のオーガニックコットンのネグリジェとアイマスクを必ず身に付けます。このふわふわのアイマスクをつけると、それが身体へのサインになって、ストンと眠りに落ちることができる。

睡眠中には成長ホルモンが放出されますが、眠りが浅いとホルモンが出にくくなるそうです。起きている間、コンピューターやスマートフォンの画面を見続けている私たちは、眠りを深めるために意識的に心身をリセットして、眠りに導いていく必要があると思います」(神田さん)
「また、気持ちの切り替えという意味では、寝る前に『バッチフラワーレメディ』の『レスキューナイトスプレー』(写真左)を使うことも。疲れた日やたくさんの人にあった日にぴったりで、眠りの前段階として心を落ち着けてくれる気がします。

しっかりと睡眠をとることは気持ちの切り替えにもつながります。心のバランスは肌にも必ず表れるので、いろいろ肌につける以前のこととして、睡眠はとても大事ですよね。良い睡眠がとれていると、それだけで気持ちがしっかりしていられる。そういう状態だと、厳しい一言やちょっと辛い状況も明るく乗り越えていけるけど、後ろ向きになっているとひどく傷ついてしまったり。

自分を自分らしい状態でいさせてくれるのが、【オーガニック】というライフスタイルなのかなと思います」(神田さん)
【神田恵実さん プロフィール】
『nanadecor』ディレクター
ファッションエディターとして雑誌や書籍、ブランドのカタログなどを手掛け、2005年にオーガニックコットンブランド『nanadecor』をスタート。表参道のショップ『salon de nanadecor』では、ナイトドレスやベビーアイテム、美味しくヘルシーな食、ワークショップなど、オーガニックライフをトータルで提案している。

写真/よねくらりょう

関連記事