美人の秘密は整った食生活にあり!おいしく食べて輝く私になる

美人の秘密は整った食生活にあり!おいしく食べて輝く私になる

美しい身体を叶えたいと願う時、ダイエットに取り組むことを重要視する女性は多くいます。ただ、食事制限のダイエットをするだけでは本当の美は手に入りません。ポイントは食生活にあります。理想的な食生活を送るために気をつけたいことについてまとめます。

ダイエットは食生活の見直しから

「私、今ダイエット中なの」とは、女性同士の会話のやり取りの中でよく聞かれるフレーズです。ダイエットをしていると自分の好きなものを食べられない、ダイエットはいわば我慢をしている時間なのだと考えている人は意外に多いように思います。確かに、期間を決めた集中的なダイエットが必要な場合も多々あることでしょう。しかし、それを必要以上に繰り返して行うようになると、ダイエットの本来の意味を見失ってしまいそうな気がします。期間を設けたダイエットは、体重の数字を減らす上では有効かもしれませんが、その期間が終わるとリバウンドという問題が出てくる可能性があります。

本来、ダイエットというものは美しくなるために行うものであるはず。その期間だけ無理をして体重を減らせたとしても、元の生活ペースに戻した途端にリバウンドしてしまったらとてもつらいものです。そして体重が増えたことに罪悪感や嫌悪感を覚えて、またダイエット期間を設けることになり、悪循環にハマってしまいます。多くの女性がリバウンドに悩んでいるという現実を考えると、ダイエット期間はストレスを相当抱えているということでしょう。そもそも美しくなりたいのに、ストレスでモヤモヤした気持ちを抱えたり、険しい顔つきになっていては本末転倒です。ストレスのもとになるダイエットではなく、丁寧で心豊かに過ごす生活の延長にあるダイエットを目指してみてはいかがでしょう。

そのポイントは食生活にあります。極端な体重の増減を繰り返さないようにするためには、今の食生活について見直し、普段からなんとなく食べているものにこだわりを持つことから始めて見ましょう。また、溜まったストレスの反動で、量を食べ過ぎていないかということにも意識を向けてみましょう。自分の好きなものを好きな量食べていると、その一瞬はストレスの発散になるかもしれません。しかし、その後に食べ過ぎたことを後悔したり反省したりするようだと、そのことがまたストレスを生みだすことになってしまうのではないでしょうか。
豊かな食生活を送っていると、自然と心も満たされてきます。豊かな食生活とは、食事の「量」に重点を置くのではなく、「質」にこだわることなのです。身体のことを考えた上質なものを食べていると、身体と心の両方に余裕が生まれ、それが生活のリズムを整えることにもつながってくることでしょう。

普段から丁寧な食生活を送っていると、想定外に体重が増加してしまう機会も減ることになるのではないでしょうか。もしそうなると、無理に食事量を制限するダイエットを行わなくていいことになります。もちろん、日々過ごしていると時にはジャンクフードを食べたくなる時もあるでしょう。また、付き合いで友人や仲間と食事に行き、量を食べ過ぎてしまうこともあるかもしれません。
大切なのは、そんな時にも前後の食事を調整して、自分の食生活におけるペースを崩さないようにすることです。「こんな食生活を送っている自分はなんてダメなんだろう」と後ろ向きにとらえて、あきらめの気持ちを持つのではなく、「明日はこれを食べたいから今日はちょっとヘルシーな食事内容にしよう」とか、「昨日食べ過ぎたから、今日は量を調整してゆっくり胃を休ませよう」というように、自己管理することが重要です。自分の身体のことを考えた食生活を送っていると、生活全体にリズムも生まれてくることでしょう。

生活の安定は心にもいい影響を与えてくれる可能性があります。心と身体の両方が満ち足りている女性はイキイキとしていて輝いています。周りの人にも好印象を持ってもらえるかもしれませんね。これまでいろんなダイエット法を試してみたけれど、いつも一時的な結果でだけ終わってしまうという方や、これからダイエットしようと考えている方などは、ダイエットに取り組む前に、その意味について考える機会を持つようにしてみてください。美しい身体づくりは、毎日の延長線上にあるものです。まずは、毎日の食生活を整えることを心がけ、外見的な美だけにとらわれず、内面の充実もあわせて叶えられる本当の美を目指していきましょう。

要チェック!美人の食生活ポイント

食事は人間の身体を作っているものですので、何を選んでどのように食べるかは美しい身体を目指す上でとても重要です。美しさを維持している人の毎日の食事には、取り入れたい食生活のルールが隠されている場合が多くあります。具体的にどのようなことに気をつけていけばいいのかをご紹介します。まず、普段の生活で習慣化していることの見直しポイントについて見ていきましょう。どれも忙しい生活を送っていたら、無意識のうちにやってしまっていたということの多いものばかりです。この機会に自分の食生活に少しだけ意識を向けてみてください。

人間の食事は毎日3食が基本ですが、その中でも朝食を摂らないという方は多いのではないでしょうか。特に働いている女性は夜遅くに夕食を摂ることも多く、朝食を食べる時間にお腹がすいていないという場合もあります。そのため、特に朝食を摂らなくてもいいということになるのですが、その分、他の2食で食べる量が増えてしまったり、昼食の前にちょっと小腹が空いたからとお菓子をつまむ可能性も高くなってしまいます。3食の中でも特に朝食は、1日の活動の源にもなってくるものですから、なるべくきちんと摂るように心がけましょう。生活のリズムを整える上でも朝食を摂ることは重要です。

朝食の次に食べるのは昼食です。昼食は夕食のことを考えて、あまり量を多く摂らないように心がけているという方も少なくはないでしょう。ただ、食べた後の活動量を考えると、夜間に比べると日中の方がその量は多くなります。したがって、食べたいものがある時には、3食の中で1番最後に食べる夕食よりも昼食の方に回した方が、エネルギーとして消費される可能性が高くなります。

そして、1日の終わりに食べるのが夕食です。夕食はなるべく夜の8時までに摂るのが理想的とされています。なぜ夜8時なのかというと、脂肪を溜めやすいタンパク質がそのころから増え始めると言われているからなのです。さらに、昼食から夕食までの時間が必要以上に空きすぎると、空腹感が増して、夕食の前に何かつまんでしまう可能性が高まります。その意味も込めて、夕食はなるべく早めに摂るように意識しましょう。
もし、夕食を摂るのがどうしても遅い時間になってしまうという場合には、食事の内容に気をつけるようにします。脂質が多い食事を夜遅い時間に摂ってしまうと、むくみの原因になったり、身体の不調を引き起こしたりする可能性があるのです。昼食をバランスよくしっかりと食べることで、夕食における過食を防ぐことができたり、夕食までに感じる空腹の抑制につながったりもしますので、昼食と夕食はバランスよく摂るようにしましょう。

基本的な食生活の見直しができたら、今度はもう少し進んでより良い食生活を送るために大切になることを考えていきましょう。現代は、身近なところで豊富な種類の食べ物を手にできます。だからこそ、今食べているものは身体にとってどのような存在なのか意識することが大切です。身体にとっていいものを取捨選択できるようになることが美しい身体づくりに役立ちます。

例えば、加工食品や精製食品を食べるのではなく、ナチュラルフードや精製されていない食品を積極的に食べるようにしたり、食品購入の際には原材料の表示に注目するなど、心がけ次第で毎日の食生活で工夫できることはさまざまあります。その他にも、食品は各々で含まれている栄養が異なってきますから、いろいろな種類の食品を偏りなく食べるようにすることも大切です。

食生活の改善に取り組む上で大切なのは、自分のペースで継続していくことです。また、今の食生活を一気に変えることが難しくても、意識を向け、自分の食生活に関心を持っておくことはとても重要なポイントです。そのような心構えでいると、食生活が乱れた時にも早く対応することができるようになるでしょう。その上で、無理なくできることから始め、習慣として生活に定着させることができたらいいですね。

乱れた食生活の改善は食材選びから

食生活の改善に欠かせないのは、毎日の料理に使う食材の選択です。その中でも積極的に摂りたいものがたんぱく質を豊富に含んだ食材です。たんぱく質は筋肉のもとになると共に、身体の代謝促進に役立つことが期待できます。さらに、ハリのある肌に整えてくれるという効果も期待できますので、美容にとっては欠かせない食材と言っても過言ではないでしょう。

たんぱく質の中でも特にお肉や魚、乳製品などに含まれているものを動物性たんぱく質と言います。ダイエット中の女性はお肉に対して、太るものというイメージを抱いている場合もあるかもしれません。ですが、質のいいお肉はむしろ身体にとって必要なものです。鶏肉や豚肉、さらに牛すじといった良質なたんぱく質を含む肉類を、バランスよく食事に取り入れるようにしましょう。「お肉はカロリーが高そうで気になる」という場合には、鶏のささみなどを上手に活用することをおすすめします。さらに、たんぱく質はビタミンBを含んだものと一緒に摂ることで、その栄養を効率よく身体に取り入れることができます。特にビタミンB6は、たんぱく質をアミノ酸に変える働きを持っているため、積極的に摂りたいものです。

その他にも身体にいい栄養を含んでいる食材はたくさんあります。例えば、日本人が普段食べている和食に使われている食材に注目してみましょう。和食はシンプルでありながらも、栄養バランスが整っている理想的な食事です。特に「まごわやさしい」という言葉で表される、身体にいい栄養を含んだ食材も和食にはたくさん使われています。「まごわやさしい」とは、それぞれの食材の頭文字を取って作られた言葉です。順に、「ま」は豆類、「ご」はごまなどの種実類、「わ」はわかめなどの海藻類、「や」は野菜、「さ」は魚、「し」はしめじやしいたけなどのキノコ類、そして最後の「い」は芋類を指しています。これらの食材を積極的に料理に取り入れることで、栄養の整った食生活に近づくことができるでしょう。

忙しい毎日を送っていると、1回1回の料理のメニューを考えることが面倒だと思うこともあるでしょう。また、気付いたらいつの間にか、同じ食材ばかり使っていたという場合もあるかもしれません。この機会に一度、料理にどんな食材を使っているか見直してみましょう。そして、食材に含まれている栄養について意識を向けてみてください。そうすることで、毎日何気なくスーパーで買っていた食材についても考える機会ができ、食生活を整えるきっかけづくりにもなるのではないでしょうか。

今回ご紹介したもの以外にも、豊富な栄養を含んでいる食材はたくさんありますので、ぜひいろいろ試してみてください。また、毎日同じ食材ばかり使っていることに気づいたら、ちょっと違うものを加えてみることも意識してみてください。それは何も特別な食材である必要はありません。先ほどご紹介した「まごわやさしい」のように、身近にあるものの中に豊富な栄養を含んでいる食材もあるのです。それらを上手に使い分けて料理ができると、メニューのレパートリーも広がっていくかもしれません。レパートリーの増加によって、毎日の食事メニューを考える時間を短縮できるなどのメリットが得られる可能性もあります。

このように、食材選びにこだわりを持つことは、食生活を整える上で非常に大切な意味を持っています。丁寧な食生活を送りたいという方は、まず食材選びにこだわってみることをおすすめします。それを実践することで、食生活に対する意識もより一層高まり、どんなことをすればもっと充実した食生活を送れるかということについても、おのずと分かってくるのではないでしょうか。自分の身体が欲しているものに対して敏感になることで、その時々に必要なものをバランスよく摂れるようになりましょう。
関連キーワード

関連記事