ニキビで悩みたくないあなたに!スキンケアだけじゃない美肌レッスン

ニキビで悩みたくないあなたに!スキンケアだけじゃない美肌レッスン

ニキビになりやすい肌、生まれつきだと思っていませんか?じつはスキンケアだけじゃなくて、食事や生活習慣もニキビに関係があるって知っていましたか?正しくケアをしないと、ニキビが増える原因になってしまうかもしれません。

なんでニキビになるの?きちんと知りたいニキビの原因

■肌荒れの原因
毎日スキンケアしてもなかなか肌荒れが治らない時はありませんか?ニキビや肌荒れには必ず原因があるんです。しっかり原因を知って、対策をしていきましょう。

①化粧品や紫外線、花粉などのアレルギーを起こす成分による皮膚や毛穴へのダメージ
1番多いのはこのダメージ。しっかりクレンジングして、しっかり洗顔するだけで肌質が改善することもあります。また、肌質によって洗顔のしすぎで肌の脂質が失われすぎてしまい、過剰に分泌されてニキビ になってしまうこともあるんで注意が必要です。また、お化粧を落とさないで寝ちゃったり、洗顔をサボったりしていませんか?毎日の積み重ねが肌荒れの原因になってしまうことも。お肌に負担をかけてしまっているので、正しいスキンケアが肝心です。

②生活習慣の乱れやストレスによる肌のダメージ
不規則で偏った食事、飲酒や喫煙、慢性的な睡眠不足や極度の疲労などからくる肌荒れがあります。運動不足などで代謝が落ちていると、老廃物などが排出されず肌荒れがひどくなる場合もあります。また、ストレスがたまると自律神経が乱れ、ターンオーバー(肌の再生サイクル)が乱れるので肌荒れがよりひどくなってしまう原因になります。

③消化器系の不調 胃腸の働きが滞ると、代謝が悪くなり、栄養が吸収できず、排出機能も弱まる
いわば、「栄養失調」「老廃物が排出されない」の両方が同時に起きている状態。この胃腸の不良により、ニキビが治らず、肌荒れが治らない方も多いのです。

④ホルモンバランスの乱れ ストレスなどの原因でホルモンバランスが崩れると、肌の新陳代謝が悪くなる
肌のバランスが悪くなると、バリア機能が低下し、皮脂の分泌もコントロールできなくなるので、吹き出物が出やすくなります。生理周期にできる吹き出物も、ホルモンの影響でできると言われています。女性ホルモンのバランスが崩れると女性でも持っているといわれる男性ホルモンが活発に分泌されてしまうのだそう。男性ホルモンは皮脂分泌を促す働きがあるので、ニキビができやすくなってしまうのです。

⑤肌の酸化、エイジング
肌がエイジングによってターンオーバーが乱れ、きちんと肌が再生できなくなってくると、肌荒れしやすくなります。鉄分などの栄養素が足りなくなると、吹き出物が出やすくなるため、バランスのとれた食生活をすることが大切です。添加物などが多い食事ばかりだと、老廃物として体に蓄積されやすくなり肌荒れの原因になることもあるのでまた、肌が酸性に傾くことも原因の1つになります。

以上、様々な原因が挙げられますが、大切なのは自分の肌状態をよく知り、見極めることです。自分のニキビや肌荒れの原因に合った対処方法を見つけましょう。ニキビのできる場所によっても原因が違うことがあるので、それぞれ対策できるようにまとめました。ぜひチェックしてくださいね。

まずはインナーケアから。体質改善でニキビのできにくい体質に

ニキビの改善には、インナーケアをすることが大切です。表面的なケアも大切ですが、インナーケアをしっかりして体質から根本的に変えていけば、ニキビができにくい肌質に変わるかもしれません!

■胃腸から改善!ニキビに効果的なインナーケア
①カフェインの取りすぎに気をつける
カフェインは、胃腸が弱い方にとっては荒れる原因になりやすいのだとか。特に胃が空っぽの時など刺激を受けやすい時に、コーヒーを飲む方は要注意です!カフェインを全く取らないのは現実的ではないかもしれませんが、できるだけとらないこと、また食事を摂ってから飲むなど、工夫をしてみてください。コーヒーなどを飲む代わりに朝一番にお白湯を飲むのがおすすめです。身体の中の老廃物を外に出しやすくしてくれますし、循環や代謝を改善してくれます。

②加工食品を定期的に食べていると、食品添加物が蓄積され胃もたれや消化不良の原因になってしまうと言われています。老廃物がたまって循環が滞ってしまったり、腸内細菌も減ってしまう可能性があるんです。またコンビニ食やお惣菜、外食は油分や塩が続いている方は食生活の見直しからしてみましょう。できるだけ栄養バランスの良い食事を心がけ、スキンケアが活きる体質に変えていけるようにしてみましょう。
◆おすすめ食材
・整腸作用のあるもの
ヨーグルト、バナナ、プーアル茶など。
・食物繊維を多く含んでいるもの
ゴボウ、海藻類、きのこ類、豆類など。
・納豆、豆腐など酵素を多く含み、善玉菌を活性化させるもの
・デトックス野菜を取り入れる

肌質はタンパク質でできているので、植物性のタンパク質やビタミンを多く含む野菜を取り入れるようにするのがおすすめです。ビタミンCなどの抗酸化物質を毎日しっかり摂取するのがおすすめです。抗酸化の強い食品で、活性酸素の発生を最小限にすることでアンチエイジングによる肌荒れを防ぎます。

またビタミンB群やカロテンなどを多く含む野菜もおすすめ
・ニンジン
カロテンが多く含まれていることで有名なニンジン。免疫力をアップし、ニキビの原因となる菌を寄せ付けない野菜です。
・アスパラガス
アスパラガスに含まれているアスパラギン酸には、皮膚の代謝を活性化させ、ニキビを減らすことができる効果があります。潤いをあたえることができます。
・さつまいも
ビタミンB6を多く含み、皮脂の過剰な分泌を防ぎます。
また食物繊維も多く含んでいるので腸内の調子を整えてくれる効果もあります。
・キウイやイチゴなどビタミンCを多く含むフルーツを、毎日とる
キウイは1日1個食べるだけで必要なビタミンCの半分が取れます。イチゴも、5粒で1日に必要な分の半分がお手軽にとれちゃいます。毎朝必ず食べるだけで、美肌効果だけでなくインナーケアもニキビケアもバッチリです。

③白砂糖はとらない
血糖値を上げやすく、皮脂が過剰な分泌されてしまうためニキビができやすくなってしまうんです。また、白砂糖をとると体内の体内でミネラルやビタミンが吸収されてしまう状態になります。それらが不足すると血行不良を招き、代謝が乱れ、ターンオーバーも安定しない結果に。肌荒れしやすくなり、ニキビができやすくなります。

■生活習慣で変わる肌質
・代謝を上げやすくする
冷えは一番の大敵。いちばんおすすめなのがお風呂の湯船に浸かること。シャワーだけで済ませている人は要注意。体を温めることで代謝を上げやすくしてくれるのでおすすめです。また、暖かいドリンクを飲んで入ると芯から温めることができるので、より効果的です。ぜひいまの生活習慣を見直して、体の内側からキレイに、そしてニキビのないキレイな美肌を見直しませんか?
■ドリンクでお手軽にインナーケアを
チョコラBBなどの美肌成分を含んでいるものを飲むと、ビタミンB2・ビタミンB6・ビオチン・ニコチン酸アミド(ナイアシン)・ヨクイニン(ハトムギの殻を除いて乾燥したもの)などが配合されているので、内側からニキビのできにくい体質になっちゃうかも?

ニキビができちゃう前に!毎日のケアが何より大事です

■ニキビ肌にはまず洗顔?
じつはNGな洗顔がありました。ニキビにならないために、ひたすらゴシゴシ洗っていませんか?ニキビ肌だけでなく、基本的に洗顔は優しく泡で洗うのがおすすめなんです。まずはクレンジングで細かいところまでしっかりお化粧を落とします。その後、できればぬるま湯などでしっかり毛穴を開いてから泡立てた洗顔料でくるくると手のひら全体を使って洗っていきます。
ニキビができやすい部位、おでこやこめかみ、鼻などを意識して洗うのがポイントです。優しくマッサージするように、毛穴の汚れを取るように、洗いましょう。十分に汚れをうかしたら、ぬるま湯でよくすすぎます。洗い残しや泡の流し残しがあるとそれもニキビの原因になることがあるのでよくすすぎます。水気を拭き取る時は、清潔なタオル、またはティッシュペーパーなどで拭き取ります。低刺激を意識して、肌に必要以上に負担をかけないようにしましょう。

■アクネ対策の化粧水やスキンケア化粧品を使う
ニキビに効果的だと言われているのはじつは「硫黄」!?と言われています。皮脂の分泌を抑制し、整える効果があります。ただ、アクネ対策用の化粧品を顔全体につけてしまうと、乾燥しやすい場所や敏感な場所も皮脂分泌が抑制されてしまいより肌に負担をかけてしまいます。それで、ニキビができているところやいつもできてしまうところに部分づかいするのがおすすめです。毎日のケアで、ニキビのできにくい清潔な肌をキープすることができます。

■バスタイムは美肌タイム
お風呂に浸かって代謝を上げたり、汗をたっぷりかいて老廃物を出したり、デトックスの時間に。インナーケアを毎日意識してみましょう。

■ニキビケアは清潔さが鍵
洗顔後に拭くタオルは雑菌ない清潔なタオルを使いましょう。また、枕カバーなど、肌に触れるものは全て清潔なものに変えることでキレイな肌を保てます。

■それでもダメなら!解決するには 生理前や忙しい時、睡眠不足の日など、肌荒れが目立つ日があります。 そして、一度肌が荒れるとなかなか治らないものなんですよね。 では、毎日きちんとケアしているのに肌が綺麗になってくれないのはどうしてなのでしょう。 それは、ニキビの出来る場所によって原因も対策方法も違うからなんです!
だから同じ対策をしていても治りにくく、場所によってふさわしい方法でケアするのがとても大切。 これを読んで、あなたも頑固な肌荒れから卒業しましょう!ニキビのできやすい場所によってケアの方法を変えましょう。

①おでこから鼻のTゾーンにできるニキビ
皮脂の過剰分泌によるものが多い場所ですが、思春期を過ぎて大人になってからできるニキビはそれだけじゃない場合も。自分のスキンケアに自信のある方は、ニキビができると「無添加の基礎化粧品を使っているのに…」「しっかり洗顔しているのに…」なんて愚痴りたくなりますよね。でも、しっかりスキンケアをしていてもニキビができてしまうことがあるんです。

ニキビの原因は、必ずしもスキンケアの不十分さではありません。だから、ニキビができてしまったからといって自分を責める必要はないんです!
・原因
ストレスによる自律神経の乱れ/胃腸機能の低下/化粧品やシャンプー、リンスのすすぎ残し、前髪などの刺激がずっとある状態が続く、など ・解決策:
規則正しい生活と睡眠、髪型を意識的に毎日変えて、同じ場所がいつも刺激されないようにする

②口まわりからあごにできるニキビ
・原因
睡眠不足/ホルモンバランスの乱れ/メイクの洗い残し/免疫力の低下
・解決策
睡眠をたっぷり取ること、メイクをしっかり落とすこと

③ 鼻周りのニキビ 固いニキビができやすい鼻周り。触ると痛かったりしていやですよね。
・原因:コンシーラーやファンデーションが毛穴に詰まっている/睡眠不足
・解決策
肌に、特にニキビには触らない
・油っこい食事を控え野菜中心の食事をとる
・メイクは薄めに、洗顔は丁寧に行う、毛穴と角質のケアを毎日取り入れる/紫外線ケア
④ニキビ跡にもなりやすい頬のニキビ
・原因
1. 胃腸の荒れ
2.便秘や肝臓不調の可能性
3.糖質や脂質の取り過ぎ
・解決策
私たちを悩ませる大人ニキビの原因の共通点は「食生活の乱れ」「睡眠不足」「肌が汚れている」といったことが考えられることがわかりました。毎日のケアに必要なのは、しっかり基本のクレンジングと洗顔をすること、清潔な状態に保つこと、カラダの中から美肌体質をつくること、など1つ1つの積み重ねです。どうせニキビ肌だからとあきらめず、仕事や子育て、家事で忙しい大人女子ですが、きちんと睡眠を取り、ビタミンCを多く含んだ栄養価の高い食生活でニキビのない美しい素肌を目指したいですね!
関連キーワード

関連記事