太陽なんて怖くない!日焼けの対策と焼けちゃった時のアフターケア

太陽なんて怖くない!日焼けの対策と焼けちゃった時のアフターケア

日焼けの対策は肌トラブルや今後の美肌のために大切です。手軽な対策で毎日顔を合わせるお日さまと良いお付き合いが出来るようにしておきましょう。日焼けを予防して白い肌を守ったり、日焼け後のシミそばかすを作らない方法を紹介します。

日焼け対策するなら食べ物に注意

日焼け対策をする場合に、力を入れるのは日焼け止めでしょう。確かに日焼け止めは重要であり、対策としてやっておくべきですが、体の中から日焼けを防ぐ働きも使ってこそ万全の備えとなるのです。日焼けをしないように気をつけたい人も、日焼けのダメージを防ぎたい人も、体の中からケアしてくれる食べ物の働きに注目しましょう。

肌が黒くなるのは、紫外線によるダメージから肌を守るためです。紫外線を受けることで肌には活性酸素が発生して、肌を老化させます。活性酸素の毒性から肌を守るために、メラニン色素が作られて黒く焼けたようになるのです。日焼けを防ぐためには、この活性酸素を中和させることが欠かせません。活性酸素を中和させるには抗酸化作用のある食べ物が重要な役割を果たします。紫外線による活性酸素を予防するために役立つのは、カロテノイドという成分です。カロテノイドは赤い色素を作る成分であり、赤っぽい食べ物に含まれています。トマトやニンジンなどの野菜にはこのカロテノイドが豊富に含まれており、日焼け対策として取り入れたい食材です。

また、日焼けによって起こる肌の劣化の対策も食べ物や飲み物で行うことができます。紫外線を浴びることで細胞が損傷したり、メラニンが異常発生するとシワやシミのリスクが高くなりますが、その対策となるのがビタミンCやE、ポリフェノールです。ポリフェノールにも抗酸化作用があり、活性酸素によるダメージを防いでくれます。こうした成分を含んだものを摂取するには、緑茶やコーヒー、ワインなどの飲み物類が効果的です。手軽に飲めて食事よりも取りやすいかも知れません。

ただし、ビタミンCが豊富な食べ物にもリスクがあるようです。ビタミンCを多く含む食べ物と言えば、野菜や果物などが挙げられますが、こうした食べ物には「ソラレン」という成分が含まれています。「ソラレン」は光毒性という性質を持っており、摂取すると紫外線への感受性が高くなってしまうものです。光を浴びることで活性化して、紫外線の影響を受けやすくなり、日焼けのリスクを高くします。

フルーツや野菜を取ることは良いことなので、「ソラレン」が少ないものを選ぶことが大切です。この成分は、かんきつ系の果物や野菜、ハーブなど様々なものに含まれています。

オレンジやグレープフルーツ、レモンなど、野菜ではセロリやきゅうり、ハーブでパセリやパクチーなどもリスキーであると言われています。反対に、りんごやスイカ、バナナ、イチゴなどの果物や根菜、かぼちゃ、ネギ、レタス、トマトなどの野菜は比較的安心して食べられます。トマトは反対に「リコピン」というメラニン色素を抑える栄養素も含んでいます。日焼けによるダメージの対策を行う場合には、体の中からケアをしてくれる食べ物の効果を生かすことが大切です。外の守りだけでなく内側から守ることで相乗効果で日焼け対策を行います。

日焼けによる肌トラブルを引き起こすスキンケア

日焼けをしないようにと、毎朝家を出る前にスキンケアや対策を行っている人が注意したいのは、間違ったケアによる悪影響です。正しいケアや正しい食べ物を摂取しているにも関わらず、タイミングや方法を誤ることで肌にダメージを与えやすくしたり、日焼けしやすくなることもあります。日焼け対策やスキンケアを取り入れる際には、それを行うタイミングややり方も注意して行うことが大切です。

ワセリンは、リップクリームやハンドクリームなどの保湿ケア用品の中に含まれていることが多く、単体で使っていなくても知らないうちに触れている人も多いものです。また、日焼け後のケアとしてそのものを利用している人もいるでしょう。用途は広く、幅広い年齢層で使うことが可能となっていて、赤ちゃんやお年寄りにも使われています。ところが、ワセリンは、日焼け後のケアとしてならともかく、日焼けをしそうなタイミングで使うとリスクになってしまうことがあります。

ワセリンを塗った後で長時間紫外線を受け続けると、「油焼け」を起こすことがあるようです。短時間であればあまり問題はないようですが、紫外線をたくさん浴びることでワセリンに残留した不純物が劣化して油焼けを起こすこともあるのです。ワセリンは身近なスキンケア用品ですし、全てを取り除くのは難しいかも知れません。そんな場合には、ワセリンを塗った上に日焼け止めクリームを重ねるとリスクを軽減できると言われています。むしろ、ワセリンを塗ってから日焼け止めを塗ることで、日焼け止めの刺激による肌荒れを防ぐことが期待できます。

また、日焼けに良い食べ物でもリスクはあります。野菜や果物を摂取する場合には、日焼けを進めてしまう光毒性物質「ソラレン」の影響を避けることが必要です。「ソラレン」の光毒性は紫外線に当たることで発揮されるので、「ソラレン」の影響を受ける時間に紫外線を避けることで対応できます。「ソラレン」の効果が出始めるのは、摂取してから2時間ほど後となり、その後7時間程度効果が持続します。そのため、朝食や昼食などに「ソラレン」を含んだものを食べるとその後の外出などで日焼けのリスクを高めかねません。反対に、夕方以降の摂取は問題ありません。日焼けによるダメージのリスクは肌が黒くなって透明感が失われるだけではありません。

肌はダメージを受けると、エラスチンやコラーゲンなどの組織が破壊されてしまい、肌を再生させるターンオーバーの力が弱ってしまいます。それによって、新しい肌が作られなくなるだけでなく、メラニンによる色素沈着も起こりやすくなります。日焼けダメージを受けないためには、間違った方法を利用することなく、より安全な方法で日焼け対策を行いましょう。

気づきにくい日焼けから肌を守る対策

季節に限らず、日焼け止めの塗り残しや長時間の外出などによって焼けてしまうことはあるでしょう。そんな時には日焼けによってダメージを受けている肌をケアして、肌を良い状態にしてあげることが大切です。日焼け後のケアはできるだけスピーディーに行う必要があります。アフターケアをしっかりと行って、肌をよみがえらせてあげましょう。

日焼けをしてしまった場合の最初の対策は冷却です。日焼け後の肌はやけどのような状態となっており、ほてったりヒリヒリしてしまうこともあります。そうなった肌はシャワーや保冷剤、冷却シートなどで冷やすことが必要です。また、紫外線によって水分も失われているため、水分補給も行います。いつも以上に水分を取って体の乾燥を防ぎましょう。

ただし、冷やしすぎには注意が必要となります。また、熱や痛みのケアは24時間以内に行うことが大切です。
冷やした後は、肌表面に直接水分を補います。化粧水と乳液を使いますが、日焼け後の肌はデリケートになっていて刺激に弱いため、コットンなどで優しくケアします。スクラブなどの肌刺激の強いものも避けましょう。消炎作用のあるアロエを薄く切って貼ったり、アロエ配合の化粧水を使うのも効果的です。

日焼けをした時には、メラニンの分泌を抑える対策も行っておきましょう。メラニンを抑える栄養素としてはビタミンCとEが効果的です。ビタミンC豊富なかんきつ類や緑黄色野菜とビタミンE豊富な大豆やごま、ナッツなどを積極的に補給します。
日焼けして少しお疲れ気味のくすんだ肌には、ビタミンC入りの化粧水と美白クリームでケアをしておきましょう。ビタミンCの持っている抗酸化作用によって炎症や肌の酸化を予防して、メラニンの生成を抑えます。スキンケアを行う際は、肌をこすらずに押さえるように塗布するのがポイントです。擦ってしまうと美容成分が良い効果を与えるよりも、摩擦の刺激を受けてしまいます。

肌への摩擦もメラニンを生成させやすくする原因となるため、成分を入れ込みたくても優しく馴染ませることを意識しましょう。こうした美白効果の高い化粧水などは、日焼け直後のケアではなく夏の終わりなどのくすみ対策として使用します。日焼け直後には美白効果やピーリング類は使わない方が良いとされているため、タイミングに注意が必要です。

メラニンの生成を促進してしまうのは、肌への直接的な刺激だけではありません。ストレスを感じることでもメラニンは活性化してしまうため、リラックスを心がけることも大切です。

目から入る紫外線と日焼け対策

紫外線による日焼けは、肌に直接日が当たることだけで起こるのではなく意外なところからも発生します。目は肌とは違って、日焼け止めを塗ることも出来ませんが、実は目から入った紫外線で肌が日焼けしてしまうこともあるようです。目の角膜に紫外線が入ると、角膜が炎症を起こし、脳では紫外線ダメージから守るためにメラニン色素を作る指令が出されます。そのため、肌に日焼け止めを塗っていても、目を無防備にしておくと体内でメラニン色素が増えて、肌が黒くなりやすくなります。日焼けを防ぐためには肌の日焼け対策だけでは足りません。

また、目も紫外線を浴びることで日焼けしてしまい、日焼けすることでダメージを負ってしまうこともあります。目が日焼けをすると、充血や異物感、乾燥を感じ、涙が止まらなくなったり、まぶたが開けられなくなったりします。この症状は、長時間紫外線にさらされた時に起こりやすく、数時間~数日続くこともあります。さらに紫外線は目の病気を引き起こすリスクにもなりかねません。角膜炎は、角膜に紫外線ダメージを受けると起こる炎症です。結膜が異常増殖して黒目の部分を覆う病気、翼状片という病気もあります。また、長期間水晶体に蓄積されることで、老化して白内障を引き起こすリスクも出てきます。こうした病気のリスクは昨日今日の問題だけでなく、目に紫外線ダメージが蓄積された結果、数年後に発症する可能性も否めません。肌を焼かないためにも、目の健康のためにも、日ごろから出来る目の日焼け対策は重要です。

目の日焼け対策としては、サングラスをかけることがあります。紫外線ブロック、UVカットの加工のあるものを選んで、外出の際はいつも使用すると良いでしょう。ファッション感覚でも使うことが出来るので、自分の好みのデザインを選んで活用したいものです。色の濃いサングラスは紫外線をよりカットしやすいように感じられますが、色と機能は関係ありません。紫外線を防ぐ効果がなく濃い色のサングラスをかけると、光が遮られることで目の瞳孔が開き、より多くの紫外線を取り込むリスクとなります。そのため、サングラスを購入、使用する際には、紫外線をブロックする機能のあるものの中から選ぶことが大切です。また、瞳孔を広げないようにするためには薄い色のサングラスを選んだ方が良いようです。
目を日焼けから守る対策には日傘や帽子なども効果的です。サングラスと合わせて使うことで相乗効果が期待できます。

うっかり日焼けした時の対策は

季節に限らず、日焼け止めの塗り残しや長時間の外出などによって焼けてしまうことはあるでしょう。そんな時には日焼けによってダメージを受けている肌をケアして、肌を良い状態にしてあげることが大切です。日焼け後のケアはできるだけスピーディーに行う必要があります。アフターケアをしっかりと行って、肌をよみがえらせてあげましょう。

日焼けをしてしまった場合の最初の対策は冷却です。日焼け後の肌はやけどのような状態となっており、ほてったりヒリヒリしてしまうこともあります。そうなった肌はシャワーや保冷剤、冷却シートなどで冷やすことが必要です。また、紫外線によって水分も失われているため、水分補給も行います。いつも以上に水分を取って体の乾燥を防ぎましょう。ただし、冷やしすぎには注意が必要となります。また、熱や痛みのケアは24時間以内に行うことが大切です。

冷やした後は、肌表面に直接水分を補います。化粧水と乳液を使いますが、日焼け後の肌はデリケートになっていて刺激に弱いため、コットンなどで優しくケアします。スクラブなどの肌刺激の強いものも避けましょう。消炎作用のあるアロエを薄く切って貼ったり、アロエ配合の化粧水を使うのも効果的です。

日焼けをした時には、メラニンの分泌を抑える対策も行っておきましょう。メラニンを抑える栄養素としてはビタミンCとEが効果的です。ビタミンC豊富なかんきつ類や緑黄色野菜とビタミンE豊富な大豆やごま、ナッツなどを積極的に補給します。

日焼けして少しお疲れ気味のくすんだ肌には、ビタミンC入りの化粧水と美白クリームでケアをしておきましょう。ビタミンCの持っている抗酸化作用によって炎症や肌の酸化を予防して、メラニンの生成を抑えます。スキンケアを行う際は、肌をこすらずに押さえるように塗布するのがポイントです。擦ってしまうと美容成分が良い効果を与えるよりも、摩擦の刺激を受けてしまいます。肌への摩擦もメラニンを生成させやすくする原因となるため、成分を入れ込みたくても優しく馴染ませることを意識しましょう。こうした美白効果の高い化粧水などは、日焼け直後のケアではなく夏の終わりなどのくすみ対策として使用します。日焼け直後には美白効果やピーリング類は使わない方が良いとされているため、タイミングに注意が必要です。

メラニンの生成を促進してしまうのは、肌への直接的な刺激だけではありません。ストレスを感じることでもメラニンは活性化してしまうため、リラックスを心がけることも大切です。
関連キーワード

関連記事