寝る3時間前に食べると太る!? 寝る前に食べたらどうすればいい?

寝る3時間前に食べると太る!? 寝る前に食べたらどうすればいい?

夜寝る前に食べてしまった!または食べなきゃいけなくなった!そういう時ってありますよね…。みなさんは、どうしていますか?食べたあと、すぐに寝ると太ってしまうって、よく耳にしますよね。こちらの対処法に迫ります。

寝る前に食べるとどうしてダメなの?

ダイエット中ではなくても、寝る前に食事はとらないほうがいい、というのはよく聞きますよね。
これは、寝る前に食事をすると太りやすいと言われているからなのです。
寝る前に摂取すると、食べたものが消化されず、余剰分として体に蓄積されてしまうのです。
日中は食事を摂った後、仕事や家事などでカロリーを消費しますが、眠ってしまうと消費することはないということです。
しかし、付き合いや仕事などで遅い時間に食事を摂らなければならないこともありますよね。
そんな時はどうすればいいのでしょうか?

寝る前に食べる時気を付ける6つのこと

仕事や付き合いなどで寝る前に食べてしまう機会もあると思います。
ではそういったときはどうすればいいのでしょうか?

1.低カロリー高タンパクなものをとる
タンパク質を摂ることで、エネルギーとして消費して脂肪になりにくくしてくれるそうです。
また、タンパク質に含まれているトリプトファンが、痩せる脳を作ってくれるセロトニンの分泌を促してくれます。
そして低カロリーなものを選ぶのが大事です。胃腸への負担を軽減する為にも消化に優しい低カロリーのものを選びましょう。

2.温かいものを
温かいものは冷たいものに比べて食べるのに時間がかかるので、その間に満腹中枢を刺激して少量でもお腹いっぱいになるのが早いです。

3.夕方に軽くいれる
夕方に軽めに間食すると夜のドカ食いが防げます。

4.よく噛む
ゆっくりよく噛むことで満腹感を得られ食べすぎを防止できます。

5.食物繊維をとる
食物繊維が多いと腸の中で脂肪とくっついて排出してくれます。

6.寝る3時間前には食べ終わる
食べ終わってから3時間は開けて就寝するようにしましょう。消化しきれないとカロリーが蓄積されてしまいます。

意識して夜遅い食事には気を付けましょう。
関連キーワード

関連記事