紫外線・摩擦で髪の毛にダメージが!? 髪を守る簡単ヘアケア方法

紫外線・摩擦で髪の毛にダメージが!? 髪を守る簡単ヘアケア方法

傷んでしまった髪を修復するのは大変ですよね。 髪はカラーやパーマ、ヘアアイロンだけでなく、紫外線や摩擦などもダメージの一因と言われています。
それなら髪にダメージを与えてしまう前にしっかりダメージヘア対策をしておきましょう!

髪へのダメージは紫外線や摩擦なども原因

毎日使うストレートアイロンやコテはもちろん、パーマやヘアカラーも髪にダメージを与えていることは多くの方が知っているはず。
しかし、日常生活では紫外線や摩擦も髪のダメージにつながっているのです。
紫外線は肌だけでなく、髪の毛にも悪影響。肌より髪のほうが紫外線を吸収しやすいと言われており、髪の元であるタンパク質を破壊して水分も奪ってしまいます。
また、シャンプー時の摩擦にも要注意。シャンプー後の乾いていない髪はとても敏感で、乾いたタオルでゴシゴシすると摩擦がかかってしまうのです。
乾いた状態の髪にクシを思い切り通すのも負担がかかりやすいので気をつけてくださいね。

紫外線や摩擦から髪を守るヘアケア方法とは?

紫外線を吸収しやすい髪の毛には、帽子や日傘を利用するといいでしょう。帽子から出てしまう毛先は、スプレータイプの日焼け止めをつけると効果的。
シャンプーをする前に、ヘアオイルをつけて軽く粗めのクシでとかしておき、たっぷりの泡を使って頭皮をマッサージするように洗っていきます。
時間があるときはトリートメントを塗り込んで、蒸しタオルで温めて傷んだ髪の毛を労りましょう。
タオルドライ時やドライヤーをかけるときには、毛先を中心にヘアオイルを忘れずに。
寝るときにはナイト用キャップを被ったり、三つ編みにしておくと、枕との摩擦を防ぐことができますよ。

日常生活のちょっとした一手間でデリケートな髪を守ろう!

一見面倒なヘアケアですが、外出時には帽子やスプレータイプの日焼け止めを利用したり、シャンプー前にオイルで髪を守ったり、寝る前は枕との摩擦を気をつけたり…とたったこの一手間で見違えるほど髪へのダメージを防ぐことができます。
これからさらに紫外線が増える季節!
毎日のヘアケアでダメージに負けないツヤ髪を手に入れてみてくださいね。

関連記事