敏感肌の方でも大丈夫!正しい日焼け止めテクニックで美白肌に

敏感肌の方でも大丈夫!正しい日焼け止めテクニックで美白肌に

一年中紫外線対策をしたくても、敏感肌の方は日焼け止めクリームの肌への負担が気になってしまうのではないでしょうか。でも日焼け止めクリームを塗るポイントさえ覚えておけば、敏感肌の方でも肌に優しく紫外線対策ができるのです。

まずは敏感肌におすすめの日焼け止めクリームの選び方を知ろう

あらゆる日焼け止めクリームが売られていますが、敏感肌の方は特に慎重に日焼け止めクリームを選ばなくてはなりません。
しっかり紫外線対策をしたいからSPF値の高い日焼け止めクリームを手に取りがちですが、実は肌への刺激が強いものもあるのです。
敏感肌の方が注意するべき成分は、オキシベンゾン、トメキシケイヒ酸などの紫外線吸収剤、香料、エタノールなど。
これらは肌への刺激を与える可能性があるため、敏感肌の方はできるだけ避けるといいでしょう。

敏感肌は日焼け止めクリームの塗り方・落とし方も大切!

 敏感肌の方は、日焼け止めクリームを塗る前に化粧水や美容液、乳液でしっかり保湿をしておきます。
日焼け止めクリームは乾燥しやすいため、たっぷりの化粧水などで潤いを満たしてから塗るといいですね。
また、日焼け止めクリームの効果は時間が経つと薄れてしまうため、ミスト化粧水で潤いを与えてから日中もこまめに塗り直すといいでしょう。
そして帰宅したら、なるべく早く日焼け止めクリームをオフします。
ウォータープルーフタイプの日焼け止めの場合、ミルククレンジングで優しく落として、化粧水やパックなどで保湿をしてあげてくださいね。

敏感肌の方でも完璧な紫外線対策を

肌が敏感で日焼け止めクリームの負担が気になる方も、成分をしっかり見て日焼け止めクリームを選び、たっぷり保湿をしてあげれば大丈夫!
春先は花粉が顔に付着しやすいので、帰宅後手を洗うついでにクレンジングや洗顔で日焼け止めクリームをオフしてあげましょう。
一年中紫外線対策を欠かさずに、美白肌を目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事