生理前は肌荒れが…女性ホルモン周期に合わせたスキンケアで美肌に!

生理前は肌荒れが…女性ホルモン周期に合わせたスキンケアで美肌に!

生理前になると、なんだか肌荒れやニキビができてしまって気分が沈みがち。生理が終わると肌の調子がみるみる良くなる…と女性の肌の状態はコロコロ変わります。そこで女性ホルモンの周期に合わせたスキンケアをしていきましょう。

生理前は肌の調子が悪くなる!まずは女性ホルモン周期を見直そう

生理前に肌の調子が悪くなるという女性がほとんどなのではないでしょうか。
ぽつんと出来たニキビや、赤くヒリヒリしてしまう肌荒れなどのトラブルが起こると気分がブルーになってしまいますよね。
女性の肌は女性ホルモンの周期と深い関係があるのを覚えておくといいでしょう。
まずは月経期である生理中の7日間の肌はデリケートで肌が乾燥しがちになります。
卵胞期である生理後の7日間は、新陳代謝が活発になり肌の調子が抜群にいい時期。
黄体前期である卵胞期の7日間は、肌が水分不足となってキメが荒く見えてしまいます。
黄体後期である生理前7日間は、皮脂が過剰に分泌されてニキビや吹き出物ができやすくなります。

生理周期=女性ホルモン周期をうまく活用したスキンケアを   

女性ホルモンの周期を知ったところで、次はその時期に合わせたスキンケアをしていきましょう。
生理中のスキンケアは、保湿が最大のポイント。
洗顔後、化粧水や美容液をすぐにつけて、保湿重視のフェイスマスクをしたらクリームで蓋をします。
卵胞期のスキンケアは、肌の調子がいいので美白化粧品や新しい基礎化粧品に切り替えてもいいでしょう。
ピーリングで余分な角質を取り除きクリーンな状態にしておくのもおすすめです。
黄体前期は、水分と油分の両方の補給が必要。
たっぷりの化粧水と乳液でバランスよく保湿をしましょう。
黄体前期は、使い慣れた基礎化粧品で最小限のケアを。
皮脂が過剰に分泌されやすいので、クリームやオイルを控えるのがおすすめです。

生理前の肌トラブルも時期に合わせたスキンケアで解決!

女性の肌の状態はコロコロ変わるため、その時期に合わせたスキンケアが必要です。特に生理前は肌の水分補給をしっかりして、乾燥しない状態をキープし続けるのがコツ。
今まで生理前の肌トラブルが気になっていた方も、ぜひトライしてみてくださいね。

関連記事