冷え性や美肌に嬉しい!「ゼリー風呂」とは?正しい作り方について

冷え性や美肌に嬉しい!「ゼリー風呂」とは?正しい作り方について

最近泡風呂ならず、ゼリー風呂が少しずつ話題になっていることをご存知でしょうか?見た目や肌の触り心地も非常に面白い入浴方法ですが、実はお肌や健康にも良いと言われているんです。こちらではゼリー風呂に期待できる効果について解説させていただきます。

ゼリー風呂の作り方について〜ジェリーパフの場合〜

1.浴槽に35〜42度前後のお湯を張ります。
2.ステップ1のゼリーになる方の粉をお湯の中へ入れ、満遍なくかき混ぜます。
3.ゼリー風呂に入浴後は、ステップ2のお湯(水)に戻す粉を入れ、混ぜるとお湯(水)の状態に戻ります。
※ステップ2を入れずに流すと排水溝に詰まってしまう可能性があるので必ず3の作業を忘れないよう注意しましょう。

こちらゼリー風呂ブームの火付け役となったイギリス発祥の入浴剤、「ジェリーパフ」の使い方(作り方)です。ゼリー風呂と聞くと片付けが大変なのでは?と感じた女性も多いと思いますが、こちらのジェリーパフの場合、水に戻す便利な粉がセットになっているのでお掃除の手間を気にせず楽しめる点も非常に魅力的です。ジェリーパフ以外にも国産のゼリー風呂用入浴剤が少しずつ登場しているので、こちらについては記事後半にてご紹介させていただきます!

ゼリー風呂に期待できる効果・効能は?

ゼリー風呂にすることでお湯の温度が冷めにくくなり、あたたかいゼリーを全身に包み込むことで発汗作用を効率よく促進することができるので普段ダイエット目的で半身浴を実践している女性に大変おすすめのアイテムの一つです。イメージ的には低温のサウナのような感覚で入浴タイムを楽しむことができると思います。一般的な入浴剤よりも温浴効果が高いため15〜20分を目安に入浴すると良いでしょう。

また、熱で新陳代謝がUPするので体の老廃物や古い角質を排出し、プルプルの美肌を作ることにもつながります。注意点としてはゼリー風呂でシャンプーをしてしまうとゼリーが頭皮に詰まり、抜け毛の原因になる可能性があるので首から下のみ浸かることを意識して入浴するよう心がけましょう。

おすすめの国産ゼリー風呂用入浴剤は?

【エステゼリー】
神戸に本社があるタフリーインターナショナルから発売中のエステゼリー。香りはローズがほのかに香る「ローズシャボン」、甘酸っぱくフルーティーな「スウィートベビーピンク」、スパイシーな「クールクリアブルー」、優雅な甘さが特徴的なオリエンタルフローラルの4種類あります。また、美容成分としてはエイジングケアに嬉しいアスタキサンチン・保湿成分のシアバター・はちみつ、皮膚コンディショニング成分のプラチナナノコロイドといった質の高い成分が配合されているので自宅で気軽にエステ気分を楽しむことができます。

また、使用後はイギリス発祥の入浴剤ジェリーパフと同様、融解剤が入っているため後片付けも大変楽チンとネット上でも評判です。通販サイトでも手に入れることが可能ですが、ドン・キホーテやロフトなどでも直接手に入れることが可能です。

関連記事