サブウェイを食べるだけダイエット!成功のコツやカロリーについて

サブウェイを食べるだけダイエット!成功のコツやカロリーについて

アメリカ発祥のサンドウィッチの老舗店、サブウェイ!アボカドやチーズなど女性好みのトッピングが多いサンドイッチ専門店ですが、実はおいしいだけでなく、ダイエットに非常に効果があるとSNS上でも話題になっています。

サブウェイダイエットはなぜ痩せるのか?

1.【カロリーは200〜300カロリーと超・低カロリー!】
サブウェイはレギュラーサイズのメニューを注文すればどのメニューも200〜300カロリーと低カロリーです。カロリー自体は低いですが、見た目はボリュームたっぷりなので視覚を通して満足感を得ることができます。

2.【小麦胚芽入りの噛みごたえのあるパンを使用】
サブウェイはビタミン・カルシウム・鉄などのミネラル分が豊富な小麦胚芽を入れたパンを使用しています。小麦胚芽は食物繊維もたっぷりなので便秘解消や美肌効果に期待することができます。また、小麦胚芽を入れることで通常のサンドイッチ用パンよりも噛み応えもUPするので咀嚼回数も増え、満腹中枢を刺激し食欲を抑えることにもつながります。

3.【野菜たっぷりで血糖値が穏やかに】
サブウェイはどのメニューも野菜がたっぷりのサンドイッチが多いので血糖値の上昇を抑え、食事から摂取した糖を脂肪に変えることを防ぐことができます。サブウェイファンの口コミ等を見ていると、普段サラダ単品で野菜をとるのが苦手な方もサンドイッチにすることで美味しく食べられるという意見も多いようです。

サブウェイダイエットのやり方や成功のコツについて

1.【代謝UPをサポートするタンパク質も摂ること】
サブウェイでもっともヘルシーなメニューはレタス・トマトなど野菜のみ挟んだベジーライトがありますが、効率よくダイエットを実践するのであれば代謝UPをサポートするタンパク質を取り入れたサンドイッチがおすすめです。特にローストビーフサンドイッチに使用している赤身肉には脂肪燃焼を促すL-カルニチンが豊富に含まれているため、ダイエット中にはもってこいの食材です。ほかにもタンパク質を主成分とした食材(チキン・チーズ・ハムetc...)を挟んだサンドイッチが種類豊富にあるので食事バランスを考えながら日替わりで注文していくと良いでしょう。

2.【サイドメニューはポテトではなくサラダに】
ファストフードといえばポテトのイメージが強いものですが、ダイエット中は脂肪分が多い揚げ物は控えるよう心がけましょう。サブウェイのサラダは生ハム&マスカルポーネやえびアボカドなど女性好みの食材を取り入れているのでダイエット中もストレスなく糖質・カロリー制限を行うことができます。

3.【無料オーダーの野菜は増し増しで!】
レタス・トマト・オニオン・ピクルスなどの野菜はオーダーの際多めに入れてもらうことができます。野菜はカロリーも低く、沢山食べることで満足感も高まりますのでオーダーの際は”増し増し”で注文することをおすすめ致します。

【サブウェイ】各人気メニューのカロリーについて

<全てレギュラーサイズのカロリー>
・えびアボカド→324カロリー
・ローストビーフ〜プレミアム製法〜→287カロリー
・BLT→324カロリー
・チーズローストチキン→323カロリー
・ベジーデライト→219カロリー

関連記事