【ピンチ】寝る前に限ってお腹が空く!夜中に空腹になる原因と対処法

【ピンチ】寝る前に限ってお腹が空く!夜中に空腹になる原因と対処法

ご飯をしっかり食べたはずなのに、寝る前にお腹が空いてしまう…という経験をしたことはありませんか?この夜中の「空腹」を、どうにか減らすことは出来ないのでしょうか?どうしても我慢出来ない場合の対処法もご紹介します。

寝る前に限って!夜中に空腹になってしまう原因とは?

夜中の「空腹」は、ダイエット中でなくても、女性にとっては天敵ですよね。
一般的に、胃腸をしっかり休める為にも、「就寝三時間前」までに食事を終わらせるのが良いとされています。

寝る直前に食べてしまうと、胃腸の働きが活発になるので、睡眠の妨げとなります。
また、食べたものをエネルギーに換える時間もない為、太る原因にも。
健康面でも美容面でも、良い事なしというわけなんです。

そんな、ついつい何か食べたくなってしまう「夜中の空腹」には、原因があるようなので、当てはまるものがないかチェックしてみてください。

◎睡眠不足
睡眠不足が続くことで、食欲を増すホルモンの増加・食欲を抑えるホルモンの低下を促します。
この二つのホルモンバランスが崩れることで、実際にはお腹が空いていない場合でも、空腹感を感じてしまいます。

◎炭水化物が多い
炭水化物は、すぐにエネルギーになりやすい為、腹持ちが悪く、お腹が空きやすいです。
また、血糖値が急上昇しやすく、急降下しやすいので、「空腹感」を感じやすくなります。
炭水化物に頼らず、タンパク質や食物繊維もしっかり摂り、バランスの良い食事を心掛けましょう。

◎水分不足
体内の水分が足りていないと、空腹感と似たような感覚に陥ります。ただ喉が渇いているだけなのに、お腹が空いたように感じるというわけです。

◎早食いしてしまう
早食いは、満腹中枢が刺激されない為、満腹感を感じにくく、脳がすぐに空腹感を感じます。
よく噛んで食べることで、満腹感が持続しやすくなるので、食事後に空腹を感じにくくなります。

どうしても我慢できない!夜中に起こる空腹への対処法

寝る前に食べることは、良くないと分かっていても、どうしても空腹を我慢出来ないという場合もありますよね。
そんな時には、以下のことを参考に対処してみてください。

■水分をたくさん摂る
水分をたくさん摂ることで、空腹感をごまかせます。胃腸を冷やさない為に、「白湯」を飲んでみるのがオススメです。
身体が温まるので、入眠効果も期待出来ます。

■たくさん噛むものを食べてみる
人が満腹感を感じるには、食べる量ではなく噛む回数だと言われています。
「グミ」「スルメ」など、たくさん噛む食べ物で、満腹感を得ましょう。

■「温かい」・「消化が良い」・「水分が多い」もの
寝る前ですので、胃腸に負担が掛からないよう、「温かい」・「消化が良い」・「水分が多い」ものを食べるようにしてください。
例えば、「お粥」「春雨スープ」「温かいうどん」「湯豆腐」「ホットヨーグルト」など。

■軽く身体を動かす
軽く身体を動かすことで、血糖値が上がり、空腹感を抑えられます。

■歯を磨く
ミントの歯磨き粉には、空腹をごまかし、食欲を抑える効果が期待出来ます。

まずは、寝る前に「空腹」にならないよう、普段の習慣を見直すことが大切です。
しかし、どうしても我慢出来ない、という時には、ご紹介した対処法をぜひ参考にしてみてくださいね!
関連キーワード

関連記事